このブログは、拡張現実 及び 仮想現実 が使用された最新の情報と事例などを掲載しています。---This blog publishes latest information and the case where AR (Augmented Reality) and VR (Virtual Reality) are used, etc.
2018 . 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • さらに広がる XR (AR/VR/MR) の現状と今後 - October 2017
    Profile
    NAME:
    Etsuji Kameyama (亀山悦治)

    Profile:
    拡張現実(AR)や仮想現実(VR)の技術は、BtoC・BtoBの分野での活用が始まっている。このブログではAR、NUI、各種センサーに関わる最新の事例や技術を中心に紹介。
    ARやVRのシステムやソリューションの導入を検討されている方は、こちらか、私までご連絡ください。エンターテーメント分野、印刷分野、家具や機器の配置シミュレーション、操作支援、などへの技術選定、アプリケーション開発、運用、コンサルテーションに対応します。

    -私が関係しているサイト
    - twitter (@kurakura)
    - facebook (ekameyama)
    - LinkedIn (Etsuji Kameyama)
    - ITmediaマーケティング
    - SlideShare (ekame)
    - paper.li (kurakura/ar)
    - YouTube (ekame)
    - myspace Music (KURA KURA)
    - The 25 Most Tweeting About AR
    - Twitter most popular
    - AR Mind Map
    - AMeeT-拡張現実の紹介(ニッシャ印刷文化振興財団)
    - デジタルサイネージとAR(デジタルサイネージ総研)
    - Capital newspaper
    - Pingoo
    - 話題沸騰のAR/VRがスマートワークを進化させる(スマートワーク総研)

    インターネット学校「スクー」の90番目の講師
    AR, VR, MR + HMD, Smart Glass が生活とビジネスを変革
    ARアプリaug!(オーグ)
    インタラクティブで高精細なARコンテンツまで幅広く対応ができる、AR(拡張現実)アプリaug!(オーグ)
    Contact me 問合せはこちら
    AR活用相談、AR関連セミナー講師などの依頼についてご連絡ください。
    SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
    ぬりえAR特集 最新事例の紹介
    ぬりえAR NAVER ぬりえAR NAVER
    ぬりえAR daub(だーぶ)
    塗った「ぬりえ」が飛びだしかのように楽しめるスマートフォン向けの無料アプリdaub(だーぶ)
    はじめてのAR(拡張現実)アプリ導入
    ARアプリの基本的な知識から選定方法まで身に付けることができる資料。
    ARグラス NAVERまとめ
    ARグラス NAVER ARグラス NAVER
    Ninja Search
    Google Search
    カスタム検索
    Present number of visits
    Counter
    感覚デバイス開発

    あらゆる産業において、様々な新規デバイス・システム開発や新規サービスを創り出すべく注目が集まっている。とくにセンサー素子開発やセンサ・センシングシステムなどの研究開発者の方、ロボット開発における感覚器代替分野の研究者の方、関連業界の方々へ。
    よくわかるAR〈拡張現実〉入門

    次世代のプロモーション手法として脚光を集めるほか、エンターテイメントやコミュニケーション、教育や医療のツールとして幅広い活用・発展が期待されているARの世界がよくわかる入門書が電子書籍で登場
    Amazon検索
    Amazon
     JimmyAzさんのブログに記載:slony-I考察 、Slony-I 1.2.1インストール備忘録
    http://jimmyaz.blog7.fc2.com/
    uni/cluster for MySQL Enterpriseは、MySQL用の高い可用性と拡張性が特徴の優れたミドルウェアです。
    堅牢性が高いので、世界有数のオープンソースデータベースであるMySQLを使用し、ミッションクリティカルなアプリケーションを構築できます。
    https://www.s-style.co.jp/mysql_products/uni_cluster/index.html

    PDF資料
    https://www.s-style.co.jp/_pdf/unicluster.pdf
    ■2004年2月にサービスを開始、わずか3年3カ月で1000万人以上のユーザを獲得したmixi。日本を代表するソーシャルネットワーキングサービス(SNS)のシステムがMySQLの事例記事としてMySQL ABのサイトで紹介されている。
    http://japan.zdnet.com/oss/story/0,3800075264,20351520,00.htm

    ■MySQLのサイトでmixiの事例が説明されている(英語で)
    http://www.mysql.com/why-mysql/scaleout/mixi.html
    スケールの図
    http://www.mysql.com/common/images/scaleout/scaleout_diagram.png
    【MySQLウォッチ】第28回 MySQL 5.1期待のクラスタリング機能
    http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20060715/243478/?ST=lin-server&P=1
    MySQL 5.1 からMySQL Clusterがストレージ対応になる…
    ■DBマガジン 2007年6月号を購入したところ、「MySQL と MyDNS(MyDNSによるラウンドロビンの問題解決)」がLAMPの記事で書かれていた。しかし、自分で試す時間がとれない。

    ブログ[Practice of Programmin]に、実際に試してみたという方の記事が有った
    http://d.hatena.ne.jp/ktat/20070512/1178968354

    ■TritonnはMySQLに全文検索エンジンのSennaを組み込むためのパッチ(MySQLバインディングパッチ)を開発する、Sennaのサブプロジェクトのサイト。
    http://qwik.jp/tritonn/
    http://qwik.jp/tritonn/about.html
    MySQLへアクセスするアプリケーションから見ると、MySQLの上位層がSennaを隠蔽しており、アプリケーション側で特にSennaを意識する必要は無いとのこと。Tritonnパッチを適用してMySQL+Sennaとしたとしても、これまでとほぼ同じ感覚でMySQLを利用することができるらしい。

    ※この話、DB Magagine 6 でも説明されていた。

    ■徹底比較!! PostgreSQL vs MySQLパート2 (THinkITより)
    http://www.thinkit.co.jp/free/article/0703/13/1/
     PostgreSQLは8.1系、MySQLは5.0系

    第1回 同じようで違うデータ型 
    第2回 拡張部分によって違いがでてくるSQL文 
    第3回 実は差があるキャラクターセットの違い 

    ■LVS を使うと Linux と箱でMySQLのロードバランサが作れるという記事
    http://d.hatena.ne.jp/naoya/20060901/1157109663


    ■Hatena(dsas.blog.klab.org の注目エントリー)
    http://b.hatena.ne.jp/entrylist?url=http%3A%2F%2Fdsas.blog.klab.org%2F

    ※パソコン1台ではじめるロードバランサ体験(WEB+DB PRESS Vol.37にも記事を書いてる方)
    http://dsas.blog.klab.org/archives/50934015.html
    VMWareを使って,だれでも直ぐにロードバランサの実験を始められるパッケージになっています.何台もマシンを集めたり,Linux をインストールする必要は一切ありません.無償配布されているVMWare Playerがあれば,いつでもどこでも実験ができます.

    ■無償データベース「SQL Server 2005 Express Edition」を管理する方法
    http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20060803/245061/
    SQL Server Expressにはセルフ・チューニング機能があり,データベース・サーバーを連続動作させるために毎日実行しなければならないタスクの数を削減できる。それでも,日次のメンテナンス・タスクのほかに,データベースを管理するためには,データベースやテーブル,ビューの作成といったタスクが必要である。

    SQL Server Expressには,「sqlcmd」コマンド・ライン・ユーティリティと「SQL Server Management Studio Express(SSMSE)」という2つの管理ツールが用意されている。sqlcmdとSSMSEは,データベース・テーブルを作成したり,データベース・ユーザーを表示したり追加したりするときに主に使うツールである。

    SSMSEは,使いやすいGUIを備えているので,初心者にはお勧めのツールだ。GUIを使って,SQL Server Expressの管理タスクを実行できる。上級ユーザーなら,SSMSEに付属する統合クエリ・エディタを使って,コマンドベースの管理を実行できる。SSMSEは,「SQL Server 2005 Express with Advanced Services」に付属しているほか,MicrosoftのWebサイトからダウンロードできる
    http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=C243A5AE-4BD1-4E3D-94B8-5A0F62BF7796

    ◆SQL Server2005 自習書
    http://www.microsoft.com/japan/technet/prodtechnol/sql/2005/exercises.mspx

    ■☆E☆相棒
    http://advocacy.blog.shinobi.jp/
    ネットビジネス、Webマーケティング、特にCGMビジネス分野で、ますます重要な役割を担う企業、ベンチャーや個人のために少しでも貢献したい。
    ■IT Pro Select より…
    水野 貴明さんの 技術者視点のユーザビリティ考
    「第12回 Ajaxを利用したサイトで違和感を覚えることがある」
    http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20070123/259322/?ST=swd-design&P=1


    ■ちなみに最近違和感が有ったのは、ODN Webメールの新しい機能。
    データが表示しきれていない時に、スクロールさせるとその度グレーのマスクがかかり、「更新します」というメッセージが表示され暫く止まってしまう。行を選択した場合も同様。
    直感的に動かす気持ちに機能がついていかないので、これは凄くもったいない。
    データ転送のタイミングが描画のタイミングに問題が有るような気がするが…。
    まあ暫くは、今までどおり軽くて使いやすいHtmlベースのライト版を暫く使い続けることにする。



    大量データのバッチ処理で、速度が著しく遅くなる現象が相変わらず発生する時がある。処理は継続しているが、とにかく遅い。ブロッキングが頻繁に発生したり、tempのオブジェクト数が増えたりする。マシンが壊れたのではないかと疑うほど。SQLが問題なのか、他のことが問題なのか切り分けが難しい。

    MS SQL Server 対 Intel Hyper Thread機能
    http://www.netpub.tsuzuki.yokohama.jp/trend/2005-20.html

    インテルのハイパースレッディング技術でサーバ性能の低下が発生か?
    http://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000056022,20091397,00.htm

    Hyper Threadingでパフォーマンス低下
    http://groovetube.org/?itemid=406

    ■ハイパースレッディングを無効にする方法(PC毎に異なる場合がある)
    EPSONの幾つかの機種:biosで変更可能
    http://support.epsondirect.co.jp/edcfaq/edsnsys_expub.nsf/ContentsID/TN100009472
    Dell™ OptiPlex™ SX280:ジャンパ設定
    http://support2.jp.dell.com/docs/systems/opsx280/ja/ug/advfeat.htm

    →自分で試した結果
     自分が使用しているDellの製品は、On になっていたので、Off に変更して試してみた。
    暫くはCPU使用率が100%近くまで行き、暫くしたら極端に下がるという繰返しの後、殆ど処理が行われなく  なってしまった。その上、同一PCでは他のAPの動作が使えないくらい遅くなってしまった。
    よって、On に戻すことにした。

    インストールプロセス中、なぜかSQL Server Native Clientのインストールに失敗する。
    「sqlncli.msiを手動で実行」とエラーが記録されているので、エクスプローラで、sqlncli.msiを検索する…
    http://bakabone.seesaa.net/archives/200604.html
    なるほど、裏技なんですね。


    上記サイトを参考にすることで、不安ながらもどうにかSQL Server 2000がインストールされているPCにSQL Server 2005 Express Edition のインストールが完了。
    VB2005 Expressから SQL Server2000 で作成した ローカルファイルとしてのXXXXX.MDFファイルへ接続が出来た。
    しかし、一旦VB2005 Expressから接続すると、同じファイルはSQL Server2000では使用出来なくなっていた。他のプログラムでは、SQL Server2000からの接続が必要なので共有で使用することは無理そう。そうなると、無難にVB2005 Expressより上のバージョンを使用するべきか…。

    SQL Server 2005 Express Edition

    SQL Server 2005 Express Edition Manager (XM) という新しい GUI ツールは、別途、Web サイトから無償でダウンロードして入手できます。
    XM では、SQL Server 2005 Express Edition への接続以外に、他の SQL Server 2005 エディション、SQL Server 2000、および MSDE 2000 への接続もサポートしています。
    http://www.microsoft.com/japan/msdn/sqlserver/express/sseoverview.aspx

    SQL Server Developer Center
    http://msdn.microsoft.com/SQL/

    Microsoft SQL Server 2005 Express Manager June CTP
    http://download.microsoft.com/download/b/5/c/b5cffdea-f9b6-42ff-af26-47369d4d7486/ReadmeSQLExpMgr.htm

    前のページ HOME 次のページ
    Copyright © Augmented Reality & Virtual Reality World | 拡張現実と仮想現実の世界 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    /