このブログは、拡張現実 及び 仮想現実 が使用された最新の情報と事例などを掲載しています。---This blog publishes latest information and the case where AR (Augmented Reality) and VR (Virtual Reality) are used, etc.
2018 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • さらに広がる XR (AR/VR/MR) の現状と今後 - October 2017
    Profile
    NAME:
    Etsuji Kameyama (亀山悦治)

    Profile:
    拡張現実(AR)や仮想現実(VR)の技術は、BtoC・BtoBの分野での活用が始まっている。このブログではAR、NUI、各種センサーに関わる最新の事例や技術を中心に紹介。
    ARやVRのシステムやソリューションの導入を検討されている方は、こちらか、私までご連絡ください。エンターテーメント分野、印刷分野、家具や機器の配置シミュレーション、操作支援、などへの技術選定、アプリケーション開発、運用、コンサルテーションに対応します。

    -私が関係しているサイト
    - twitter (@kurakura)
    - facebook (ekameyama)
    - LinkedIn (Etsuji Kameyama)
    - ITmediaマーケティング
    - SlideShare (ekame)
    - paper.li (kurakura/ar)
    - YouTube (ekame)
    - myspace Music (KURA KURA)
    - The 25 Most Tweeting About AR
    - Twitter most popular
    - AR Mind Map
    - AMeeT-拡張現実の紹介(ニッシャ印刷文化振興財団)
    - デジタルサイネージとAR(デジタルサイネージ総研)
    - Capital newspaper
    - Pingoo
    - 話題沸騰のAR/VRがスマートワークを進化させる(スマートワーク総研)

    インターネット学校「スクー」の90番目の講師
    AR, VR, MR + HMD, Smart Glass が生活とビジネスを変革
    ARアプリaug!(オーグ)
    インタラクティブで高精細なARコンテンツまで幅広く対応ができる、AR(拡張現実)アプリaug!(オーグ)
    Contact me 問合せはこちら
    AR活用相談、AR関連セミナー講師などの依頼についてご連絡ください。
    SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
    ぬりえAR特集 最新事例の紹介
    ぬりえAR NAVER ぬりえAR NAVER
    ぬりえAR daub(だーぶ)
    塗った「ぬりえ」が飛びだしかのように楽しめるスマートフォン向けの無料アプリdaub(だーぶ)
    はじめてのAR(拡張現実)アプリ導入
    ARアプリの基本的な知識から選定方法まで身に付けることができる資料。
    ARグラス NAVERまとめ
    ARグラス NAVER ARグラス NAVER
    Ninja Search
    Google Search
    カスタム検索
    Present number of visits
    Counter
    感覚デバイス開発

    あらゆる産業において、様々な新規デバイス・システム開発や新規サービスを創り出すべく注目が集まっている。とくにセンサー素子開発やセンサ・センシングシステムなどの研究開発者の方、ロボット開発における感覚器代替分野の研究者の方、関連業界の方々へ。
    よくわかるAR〈拡張現実〉入門

    次世代のプロモーション手法として脚光を集めるほか、エンターテイメントやコミュニケーション、教育や医療のツールとして幅広い活用・発展が期待されているARの世界がよくわかる入門書が電子書籍で登場
    Amazon検索
    Amazon
    ■SharePointでユーザ追加時のエラー。サイトグループ一覧に名前が出てこない…の解決策が説明されていた。
    http://support.microsoft.com/kb/893696
    http://g-sun.net/blog/2006/11/post_6.html
    http://codename.win1.jp/default.aspx
    このサイトでは様々なMicorosoft製品を無料でご利用していただけるサービスを提供しています(随時新サービス追加予定)。導入前の機能検証や製品評価にご利用いただくことができます。
     
    また本格的なサービス化のご要望や機能改善、製品へのコメントなども随時受け付けておりますので、是非ともディスカッションなどご参加ください。

    アカウントの作成は こちら から。 ご利用方法は こちら から。

    ■GroupBoard Blog に導入から Webパーツ作成ままでの説明が分かり易く書かれている
    http://blogs.msdn.com/spdevjp/default.aspx

    ■GroupBoard Blog に、旧バージョンから、2007へ移行する手順が書かれている。
    http://blogs.msdn.com/groupboard_blog/default.aspx
    移行には、いろいろ含めて1~2週間かかる想定で考えた方が良さそう。
    現行サーバーで、全てバックアプをとり、新サーバで復元した上で新バージョンへ移行する作業になるようだ。

    『注意: 現在、既存のGroupBoardサイトでスケジュール・設備予約の保存アイテム数が多量の場合において、アップグレードに数日から数週間かかる事例が報告されております。また、同じく多量にスケジュールアイテムがある場合には、アップグレード作業そのものが失敗で終わるケースも報告されています。問題となるアイテム数の範囲は不明ですが、数千件といったレベルのアイテム数の場合には問題の起こる可能性が高いと考えられます。
    すでに社内などで運用中のGroupBoardサイトをアップグレードする場合には、バックアップを保持した上で十分な計画で行っていただけますよう、お願いします。また、本件についてはこちらでも現在継続して解析中です。回避方法や修正方法などわかりしだい、こちらのページでもお知らせいたします。』


    ■旧バージョン(VS2003)の開発は、相当大変だったが、VS2005になってから手続きが削減されたらしい。この内容から考えると、VS2005ベースでの開発が効率的だと思われる。
    http://blogs.msdn.com/groupboard_blog/archive/2006/07/28/681154.aspx

    ■@ITの、技術解説 SharePointアーキテクチャ入門
    ―― 次世代情報共有環境の内部を知る ――
    海津智宏+デジタルアドバンテージ

    http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/techreview/gb_share001/gb_share001_01.html


    コラム
    SharePointを知るための参考リンク
    ■Windows Server Insider
    Windows SharePoint Servicesがもたらす次世代チーム・コラボレーション(Windows Server 2003完全ガイド)
      SharePointの概要と内部技術、製品の特徴などを解説している。

    ■マイクロソフト
    Windows SharePoint Servicesホーム
      WSSの概要解説、WSSのダウンロードなど。
    SharePoint Portal Server 2003ホーム
      SPSの概要解説、120日間限定評価版ダウンロードなど。
    GroupBoardワークスペース・ホーム
      GroupBoardワークスペース概要解説、60日間限定評価版ダウンロードなど。
    SharePoint製品とテクノロジ2003ソフトウェア開発キット(SDK)
      SharePoint対応のソフトウェア、コンポーネント開発者向けドキュメント。クラス・ライブラリの構成や対応ブラウザの詳細など、SharePointテクノロジをプログラマの視点で見ることができる。

    ■GroupBoard Workspace 2007  マイクロソフトのページ
    http://office.microsoft.com/ja-jp/groupboard/default.aspx

    GroupBoard Workspace 2007  製品概要
    http://office.microsoft.com/ja-jp/groupboard/HA101975531041.aspx

    Microsoft Windows SharePoint Services 3.0
    http://office.microsoft.com/ja-jp/sharepointtechnology/FX100503841041.aspx


    ■無償利用できるWebグループウェア「GroupBoard Workspace 2007」 製品紹介ページ
    http://ascii-business.com/news/0701/070123ms.html
    「GroupBoard Workspace 2007」は、「SharePoint Services 3.0」(WSS)をベースにしたWebグループウェア。『Office SharePoint Server』から情報共有の機能のみを抽出したサブセット版ともいえるとのこと。

    Windows Server 2003のサーバ/クライアントライセンスが有れば、GroupBoardはMSのWebサイトから無償でダウンロード可能とのこと。データベースにはSQL Server 2000 SP3またはSQL Server 2005を用いるが、無償利用できる「SQL Server 2005 Express Edition」でも運用可能。

    ★小企業であればコストも抑えられるし、SPS2007ではなくて、GroupBoard Workspace 2007 で十分使えそう。前バージョンからの移行はデータも含めて出来るかどうかが知りたいところ。

    ■SharePoint MANIACS
    http://sharepoint.boo.jp/
    SharePoint 2007のことを専門的に記載しているブログ。

    例えば…コンテンツのクエリWEBパーツの微妙な挙動
    http://sharepoint.boo.jp/index.php?e=27
    テスト環境に構築したSharePoint Server 2007 を検証中ですダッシュ
    SPS2007で新たに追加された「コンテンツのクエリWEBパーツ」
    これはちょっと凄い…


    ■kunitaka's SharePoint Factory
    http://blog.sharepoint-factory.net/
    このブログサイトも、SharePoint 2007のことを専門にしている。

    SharePointで開発する統合ポータル
    http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/insiderseye/20040929sps2003/sps2003_01.html

    また、SPS 2003の「Webパーツ」と呼ばれるコンポーネントを利用することで、業務アプリケーションや企業データをポータル上に取り込むことも可能だ。ただし、SPS 2003ベースのポータル・サイトと業務アプリケーションの統合を成功させるには、統合する業務アプリケーションのAPIやデータ形式に対する深い知識が必要となる。

    このサイトでの説明を読むと、「入力系の機能は、それ専用に作成されているため、日常業務でデータを参照したい側の経営者、営業マン」には使い難い。そのためポータルで簡単に必要な情報が参照できる仕組みを用意すべき。その際にポータルが最適であるという。

    例えば、次のような操作は頻繁に実行されることはないだろう。
    従業員による、各自の福利厚生プログラムの状態の確認
    経営幹部による、各種の業績データの追跡
    営業マネージャによる、販売実績データの確認
    従業員による、主要なITシステムの稼働状態の確認
    取引先による、注文状況の確認

     このような場合は、企業Webポータルを用意することで、そこからバックエンド・アプリケーションのデータや機能へのアクセスを提供できる。企業ポータルはモジュール型のカスタマイズ可能なWebサイトで、さまざまな情報に対して、一貫性のある操作性に優れたインターフェイスを提供することができる。

    ■無償ソフトウェアで始める、お手軽ASP.NETサイト構築
    http://www.atmarkit.co.jp/ad/ms/aspnet0503/asp01.html


    ■ASP.NET スタート キット
    http://www.microsoft.com/japan/msdn/asp.net/starterkit/
    ○タイム トラッカ Starter Kit
    プロジェクトに費やされた時間を管理するための業務向け ASP.NET アプリケーションの構築方法を示します。

    ○レポート Starter Kit
    データに関する複数のビューの表示、チャートの作成、および Web アプリケーション内のあらゆるデータのレンダリングのための容易なデータ報告ソリューションを示します。

    ○コマース Starter Kit
    ショッピング カート、製品カタログ、そして注文を送信するための Web サービスすべてを含む電子商取引店舗アプリケーションを示します。

    ○ポータル Starter Kit
    ASP.NET ならびに .NET Framework を使用した動的ポータル アプリケーションの構築方法を示します。ASP.NET ポータル Starter Kit は、標準的なポータル アプリケーションが持つ機能をすべて提供します。


    ■うにょうにょblog日記から辿り、上記を見つけた
    http://www.hollytown.net/uniblog/Category/001.aspx

    ■omssysさんのブログ、ASP.netのAPを組み込む設定等、知りたい情報が説明されている。
    http://blog.livedoor.jp/omssys/archives/cat_16130.html

    ■SPS/WSS テンプレート 職員の情報共有効率化へ向けた無償ポータル キット
    http://www.microsoft.com/japan/business/industry/gov/download/sps_wss.mspx
    ・アプリケーション ランチャー Web パーツ拡張版
    ・匿名ディスカッション掲示板
    ・簡易 SSO (シングル サイン オン) Web パーツ

    ■SharePoint Point Blog:初心者でも基本から学べる
    http://blog.sunflare.info/takada_t/
    特化していることが分かる名前のサイト。すごく分かり易く説明されている。

    ■SharePoint テクノロジ:msdnの開発者向けサイト バージョンは2003
    http://www.microsoft.com/japan/msdn/sharepoint/
    Windows SharePoint Services はチームでの情報共有を支援するチーム Web サイトを作成するエンジンであり、Windows Server 2003 の標準サービスとして提供されます。Microsoft Office SharePoint Portal Server 2003 は Windows SharePoint Services を実装基盤として開発された企業ポータルサーバーアプリケーションです。

    ■Microsoft Office SharePoint Server 2007
    http://office.microsoft.com/ja-jp/sharepointserver/default.aspx

    ■SharePointアーキテクチャ入門:@ITより
    http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/techreview/gb_share001/gb_share001_01.html
    第1回 SharePointの概要--2004/04/15
     1.SharePointテクノロジとプロダクツ
     2.SharePointサイトの構成要素

    第2回 WSSのインストールとSharePointサイト・ツアー --2004/06/17
     1.必要環境とインストール前の基礎知識
     2.直前準備とインストール
     3.サイト・ツアー(その1)
     4.サイト・ツアー(その2)

    第3回(最終回) SharePointサイト構築の総仕上げ--2004/08/05
     1.「SharePointのサーバー管理」ツール
     2.メール通知機能、サイト管理者の設定
     3.MSDE→SQL ServerへのDB移行

    マイクロソフトのページから
    http://support.microsoft.com/kb/332088/ja
    cscript コマンドを使用する。
    [ccript]ではないので、注意!!


    IIS6.0では、IIS5.0にある「machine.configのmemoryLimit」の設定値に
    効果がないため、それに変わるメモリリサイクルの設定を行う。
     ・machine.config の <processModel>要素 をIIS6.0で設定する場合
      http://msdn2.microsoft.com/ja-jp/library/sy0a8w83(VS.80).aspx

     ・アプリケーションプールのリサイクルの設定
      http://msdn2.microsoft.com/ja-jp/library/sy0a8w83(VS.80).aspx

     ・IIS 6.0の機能の詳細
      http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/dnsvrguide/iis02/iis2.html


    「なおき」さんのブログ
    http://moo-asp.net/wiki/NWiki.aspx?page=IIS%2FMEMO
    IIS6.0を導入する上での注意点。
    IIS6.0でサポートするWebアプリケーション
    Webアプリケーションの運用について
    ワーカープロセス分離モード
    ワーカー プロセスをリサイクルする

    VS2003のソースをVB2005 Exp に変換したら、古い書き方であると警告が発生。
    下記のように変更した。
    sqlcmd.Parameters.Add  → sqlcmd.Parameters.AddWithValue

    ------------------------------------------------------------------------------------------------
    ストアド呼出し前後の記述(変更後)
    ------------------------------------------------------------------------------------------------
                sqlpr.Direction = ParameterDirection.ReturnValue
                sqlcmd.Parameters.Add(sqlpr)
                sqlcmd.CommandType = System.Data.CommandType.StoredProcedure
                sqlcmd.CommandTimeout = 0

                sqlcmd.Parameters.AddWithValue("@個人コード", par個人コード)
                sqlcmd.Parameters.AddWithValue("@年", par年)
                sqlcmd.Parameters.AddWithValue("@月", par月)

                SqlConnection_Open(cc.SqlConnection)
                sqlcmd.ExecuteNonQuery()

                ResultVal = CType(sqlpr.Value, Integer)

    ■IsDate関数
    .NET Framework 1.1では遅かったが、.NET Framework 2.0 の DateTime 型では TryParse メソッドが
    採用されたため、…
    http://www.ailight.jp/blog/papanvb/archive/2005/05/13/6944.aspx

    IsNumeric、IsDateに代わるものは
    http://dobon.net/vb/dotnet/vb2cs/isnumeric.html

    Visual Studio 2005 Express Edition を CD イメージからインストールするための方法
    http://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/express/maninstall/
    ソフトウェア 言語 サイズ CRC
    Visual Web Developer 2005 Express Edition 日本語版 586,284 KB 0xDF626AA6
    Visual Basic 2005 Express Edition 日本語版 578,722 KB 0x6EE067F9
    Visual C# 2005 Express Edition 日本語版 575,234 KB 0xCE838830
    Visual C++ 2005 Express Edition 日本語版 611,540 KB 0xB3AD1A2F

    Visual Basic 2005 Express Edition
    http://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/express/vbasic/
    char/varchar などを CONVERT/CAST するときにサイズを指定しないと 30になる。
    何故30なのかは分らないが、この仕様を把握しておかなければ、予期しない結果となる。
     
    http://blogs.sqlpassj.org/yoshihirokawabata/archive/2004/06/07/2611.aspx
    例:
    DATALENGTH(CONVERT(CHAR, 'ABC')) = 30
    DATALENGTH(CONVERT(CHAR, REPLICATE('X', 100))) = 30
    GC.GetTotalMemory(false) … 使用されているメモリ量
    例) Dim gc_TotalMemory As String = String.Format("{0:0.#}",
    GC.GetTotalMemory(False) / (1024 * 1024) & "M")

    ASP.net(C#)で開発をしています。
    ActiveReports.netを使用して帳票出力プログラムを作成しています。
    帳票出力で問題が発生しています。
    実現したい事は、PDF形式で帳票を出力、または表示する事です。

    http://www.atmarkit.co.jp/bbs/phpBB/viewtopic.php?topic=28907&forum=7

    rpt.Run();

    p.Export(rpt.Document, m_stream);
    m_stream.Position = 0;
    Response.ContentType = "application/pdf";
    Response.AddHeader("content-disposition","attachment; filename=result.pdf");
    Response.BinaryWrite(m_stream.ToArray());
    Response.End();

    メモリが1GB、仮想メモリが1.5GB(たいていはメモリ×1.5でしょうか)
    の場合、仮想メモリがどんどん増え、ついにはフリーズします。

    http://www.atmarkit.co.jp/bbs/phpBB/viewtopic.php?topic=30243&forum=7

    前のページ HOME 次のページ
    Copyright © Augmented Reality & Virtual Reality World | 拡張現実と仮想現実の世界 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    /