このブログは、拡張現実 及び 仮想現実 が使用された最新の情報と事例などを掲載しています。---This blog publishes latest information and the case where AR (Augmented Reality) and VR (Virtual Reality) are used, etc.
2017 . 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • IBC2017

    CONFERENCE // 14-18 SEPTEMBER - EXHIBITION // 15-19 SEPTEMBER IBC is the the world's leading media, entertainment and technology show. Six leading international bodies are the partners behind IBC, representing both exhibitors and visitors.
    EWTS 2017

    THIS IS WHERE ENTERPRISES GO TO INNOVATE WITH WEARABLES / October 18-19, 2017 at The Revere Hotel Boston
    AR / VR and HMD / Smart Glass - Latest News October 2016
    Profile
    NAME:
    Etsuji Kameyama (亀山悦治)

    Profile:
    拡張現実(AR)や仮想現実(VR)の技術は、BtoC・BtoBの分野での活用が始まっている。このブログではAR、NUI、各種センサーに関わる最新の事例や技術を中心に紹介。
    ARやVRのシステムやソリューションの導入を検討されている方は、こちらか、私までご連絡ください。エンターテーメント分野、印刷分野、家具や機器の配置シミュレーション、操作支援、などへの技術選定、アプリケーション開発、運用、コンサルテーションに対応します。

    -私が関係しているサイト
    - twitter (@kurakura)
    - facebook (ekameyama)
    - LinkedIn (Etsuji Kameyama)
    - ITmediaマーケティング
    - SlideShare (ekame)
    - paper.li (kurakura/ar)
    - YouTube (ekame)
    - myspace Music (KURA KURA)
    - The 25 Most Tweeting About AR
    - Twitter most popular
    - AR Mind Map
    - AMeeT-拡張現実の紹介(ニッシャ印刷文化振興財団)
    - デジタルサイネージとAR(デジタルサイネージ総研)
    - Capital newspaper
    - Pingoo
    - 話題沸騰のAR/VRがスマートワークを進化させる(スマートワーク総研)

    インターネット学校「スクー」の90番目の講師
    AR, VR, MR + HMD, Smart Glass が生活とビジネスを変革
    ARアプリaug!(オーグ)
    インタラクティブで高精細なARコンテンツまで幅広く対応ができる、AR(拡張現実)アプリaug!(オーグ)
    Contact me 問合せはこちら
    AR活用相談、AR関連セミナー講師などの依頼についてご連絡ください。
    SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
    ぬりえAR特集 最新事例の紹介
    ぬりえAR NAVER ぬりえAR NAVER
    ぬりえAR daub(だーぶ)
    塗った「ぬりえ」が飛びだしかのように楽しめるスマートフォン向けの無料アプリdaub(だーぶ)
    はじめてのAR(拡張現実)アプリ導入
    ARアプリの基本的な知識から選定方法まで身に付けることができる資料。
    ARグラス NAVERまとめ
    ARグラス NAVER ARグラス NAVER
    Ninja Search
    Google Search
    カスタム検索
    Present number of visits
    Counter
    感覚デバイス開発

    あらゆる産業において、様々な新規デバイス・システム開発や新規サービスを創り出すべく注目が集まっている。とくにセンサー素子開発やセンサ・センシングシステムなどの研究開発者の方、ロボット開発における感覚器代替分野の研究者の方、関連業界の方々へ。
    よくわかるAR〈拡張現実〉入門

    次世代のプロモーション手法として脚光を集めるほか、エンターテイメントやコミュニケーション、教育や医療のツールとして幅広い活用・発展が期待されているARの世界がよくわかる入門書が電子書籍で登場
    Amazon検索
    Amazon
    『一発目はSequel。作者のJeremy Evansさんが来日しての発表。
    Ruby用のORMのひとつでActiveRecordよりもSQL寄りな作りで、「person.filter(:name => ‘abc’).order(:age)」のようにメソッドチェーンでクエリーを組み立てて使う。
    Master/Slave機能やコネクションプーリング機能が標準装備。設計もコードもシンプルなため、メモリの占有量が最小でActiveRecordの1/6で済むという。(本当?)』
    http://ja.verbmode.net/2009/07/19/rubykaigi2009_2ndday

    RubyCocoa for iPhoneの話とそのデモとスライド
    http://d.hatena.ne.jp/takuma104/20090718/1247932707
    http://www.ustream.tv/channel/rubykaigi2

    →最近Rubyのことは余り気にしていなっかったが、このサイトでの説明はためになった。Rubyもどんどん進化している。
    http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/0902/16/news03.html
    Webアプリケーション
    フレームワーク「Ruby on Rails」の統合開発環境(IDE)である「3rdRail」の新版「3rdRail 2.0」が2009年1月20日、エンバカデロ・テクノロジーズから販売開始された。
    3rdRail 2.0は、従来の機能をより高精度に練り上げ、R Optimizerやビジュアルテストランナーなどの「作成するアプリケーションの品質を向上させるための機能強化」が多く施されている。

    ⇒前バージョンでは付いていなかった様々なツールの追加、品質を向上するための仕組みが用意されている。総合的にアップしたことが良くわかるバージョンとなっている。
    http://www.moongift.jp/2009/02/mongrel-esi/#more-13451
    『Railsに限った話ではないが、Webアプリケーションのパフォーマンスにおいてキャッシュを用いることは多々ある...
    Railsであればrender :partialの指定としてESIを利用できる。ESIのデータはTCPを使ってやり取りされるものなので、ESI側は拡張しやすく、スケールメリットが出やすい。バックエンドにはメモリの他、memcachedを利用することもできる。まだ成熟していないが、大規模なキャッシュシステムを構築する際に試してみたいソフトウェアだ』

    mongrel-esi -Google Code
     
    http://code.google.com/p/mongrel-esi/

    http://v.japan.cnet.com/
    フォアフロントは2月5日、開発言語にRuby On Railsを採用した自社開発のCMS(コンテンツ管理システム)「FF-CMS」を2月16日に販売開始すると発表した。

    http://www.ffront.jp/user/business/cms
    http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20384516,00.htm?tag=nl
    まつもと氏は、この10数年あまりでインターネットの進化、接続環境のブロードバンド化と低廉化により、時間的距離とともに国境の壁さえも低くなってきている現状を踏まえ、「オープン化が進み、誰もが容易に情報へアクセスできるようになった。情報隠ぺいは意味がなくなり、距離や時間に守られてきた小さな世界、いわば箱庭は失われようとしている。オープンソースソフトの台頭で、一部の巨大ベンダーを除けばパッケージソフトで利益を得ることが困難になっており、エンジニアには安住の地がなくなってきている」と指摘した。
    http://www.thinkit.co.jp/article/156/4/
    iKnow!は、効率的に暗記ができる、スケジュール管理および記憶定着度管理機能を備えたパーソナル学習アプリケーションを搭載した、無料のSNS型語学学習サイトです。サービス開始からわずか1年でユーザー数が34万人を超え、現在も国内最大の語学学習 SNSとして日々成長を続けています。
    http://butsuyokudaimajin.blogspot.com/2008/10/ruby-imagemagick-rmagick-ruby.html
    数千件の大量の画像ファイルをRMagick(ImageMagick)を使って画像処理するとRubyが終了してしまう。
    RMagickにはメモリリークのバグがあるそうです。
    手動でガーベージコレクションを走らせればメモリ不足にはならないようです。 

    http://chiki2-cq.seesaa.net/article/94783473.html
    日を重ねて調べてみると、調査開始にはほとんど使ってなかったswapが半分以上圧迫されているので、やはりアプリのどこかに問題があるらしい。ノーチェックなのはライブラリか?
    Rubyで画像を扱う際に利用する定番「ImageMagick + RMagick」を利用してみたてるわけですが、どうやらこいつが怪しい。

    http://blog.livedoor.jp/endo0322/archives/50958952.html
    公式サイトの更新履歴によるとRMagick-1.14.1はメモリーリークのバグがあるようなので
    出来れば1.15.7を入れたいが…

    ...とのことです!!
    http://unkar.jp/read/pc11.2ch.net/tech/1191381506

    たまーに1ヶ月に1回くらい
    [FATAL] failed to allocate memory で死んでることがある

    たまにアクセスして死んでたら手動で再起動するか
    監視プロセス走らせて自動で再起動かけるか...
    ----------------------------------------------------------------
    imagemagickとか使うとメモリが開放されないっぽい....
    うちは一定時間起動してるmongrelインスタンスをランダムに再起動してる。
    別にcronjobで一日一回再起動でもいいと思うけど.... 
    等 

    http://rakuto.blogspot.com/2007/02/rails-mobileonrails.html
    http://rakuto.blogspot.com/search/label/Ruby

    主な機能は次の通り。
    • キャリア間の絵文字の変換メソッド
    • キャリア内での絵文字表記の変換
    • ユーザエージェントに応じて絵文字を変換
    • 携帯サイト開発のための便利なメソッド
    • フォームからの入力を内部エンコーディング(可読文字列)に変換する
    • セッションIDをURLに付加
    • 携帯からのリクエストの際は携帯用のViewを読み込む
    • リクエストとレスポンスをSJIS<->UTF-8に相互変換
    • 対応キャリアは、DoCoMo, au, SoftBank, WILLCOM
    http://www.makizou.com/archives/1281

    http://japan.cnet.com/mobile/story/0,3800078151,20364143,00.htm
    mod_ktai 1.0は、サイトごとに変換処理プログラムを新たに開発する必要がないため、「開発期間が従来の最大3分の1まで減った」(ゆめみ)という。また、変換処理速度も「最大100倍以上」(ゆめみ)という自信作だ。

    mod_ktaiは複数のモジュールで構成されており、必要な機能を選んで組み込むことも可能。27日時点で「機種判別」「絵文字変換」「画像変換」「会員認証」等のモジュールを用意している。

     具体的な活用メリットとしてゆめみでは、静的に作られたHTMLに対してプログラム処理を加える必要なく絵文字変換ができたり、すでにPC向けに作られたアプリケーションやウェブサイトを携帯電話向けにする際に、開発が簡単になったりする点を挙げている。


     ・mod_chxj
     http://sourceforge.jp/projects/modchxj

     ・mod_ktai
     http://labs.yumemi.co.jp/labs/mod/man_3.html
     →画像変換モジュールは近日公開
    http://webservice.nifty.com/rails_plugin/
    ActiveRecordBrowser
     テーブルの管理機能を提供する

    FilePublisher
     FilePublisherは静的コンテンツをアプリケーション経由で公開する

    acts_as_struct
     データベースのスキーマの変更なしにモデルにフィールドを追加する

    本プラグインをご利用いただく際には、「MITライセンス」に同意いただいたものとみなします。また、MITライセンスに従って、改変、再配布することが可能です。


    記事
    http://v.japan.cnet.com/news/article/story/0,2000067548,20380172,00.htm

    http://blog.s21g.com/articles/291

    Railsアプリケーションなどで、lighttpdを使って開発していると、 tmp/sockets以下にソケットファイルが生成されます。

    これがあると、 以前紹介したRak でエラーが発生して上手く検索することが出来なくなる問題があったので、対処方法を紹介します。

    http://ecl.info.kindai.ac.jp/~sakaimoto/blog/?date=200805
    一度全ての設定をコメントアウトし、暴走が発生する部分を特定するトレース作業を行った。すると、Lighttpdのsocket設定箇所のコメントアウトを外したとき、暴走が始まった。

    # "socket" => "/var/rails/video_uploader/tmp/socket.fcgi"

    パミッションとか...

    http://www.web-career.com/seminar/summer-fes/
    7月~9月にかけて、Ruby・Railsでの商用開発を促進するための実戦的ノウハウ提供のセミナーが続々開催されるらしい。

    ~RubyistがWeb業界を闊歩する!~
    「Ruby・Railsを商用で既に使われている方の実践的な取り入れ方や、
    Ruby・Railsの本の著者、そして、その界隈では有名な方々をこれで
    もかというぐらいに集め、『Ruby on Rails Summer Festival 2008』を開催致します!!
    ぜひこの機会に、商用開発でRuby on Railsを使うためのノウハウを
    獲得したい開発者の方々、振るってご参加ください!!」


    こちらは、主催のWebCareerの求人サイト
    http://www.web-career.com/job_result.html?job_id%5B%5D=103&job_id%5B%5D=486&job_id%5B%5D=313&job_id%5B%5D=107&job_id%5B%5D=119
    Ruby開発会社
    http://www.ecareer.ne.jp/ecareer.ShigotoInfoServlet?CORPCD=00035070001&JOBSEQ=16

    エンタープライズ領域へRubyはその活用の場を広げている。Rubyをエンタープライズ領域で利用することにはどのようなメリットがあり、どのような課題があるのか。第1回となる本稿では、エンタープライズ領域においてRubyをとりまく環境について解説する。
    http://enterprisezine.jp/article/detail/629
    http://codezine.jp/a/article/aid/2712.aspx

    jMakiは非常に強力なコンポーネントなので、そのまま使用してもエンドユーザーの満足度を向上させることができます。しかし、人はより高みを要求するものなので、「jMakiのここに手を加えてこういう動きを実現して欲しい」といった要望も出てくるかと思います。
    http://www.tech-notes.dyndns.org/excel_lib/
    Excelの各クラスをラップするRubyのクラスを用意し、独自のメソッドを追加することで、Excelクラスを拡張した ような効果を得ることができる。そうすれば、さらに気持ちよくExcelの制御スクリプトを書けるようになる。

    それがサイトで紹介されているRubydeExcelというライブラリ。

    HOME 次のページ
    Copyright © Augmented Reality & Virtual Reality World | 拡張現実と仮想現実の世界 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    /