このブログは、拡張現実 及び 仮想現実 が使用された最新の情報と事例などを掲載しています。---This blog publishes latest information and the case where AR (Augmented Reality) and VR (Virtual Reality) are used, etc.
2017 . 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • AWE Asia 2017 July 19-21

    AWE is returning to Asia for its third year in Beijing, China on July 19-21 to host the largest AR and VR conference in Asia.The event is co-produced with ARA (the Augmented Reality China Associatio
    IBC2017

    CONFERENCE // 14-18 SEPTEMBER - EXHIBITION // 15-19 SEPTEMBER IBC is the the world's leading media, entertainment and technology show. Six leading international bodies are the partners behind IBC, representing both exhibitors and visitors.
    EWTS 2017

    THIS IS WHERE ENTERPRISES GO TO INNOVATE WITH WEARABLES / October 18-19, 2017 at The Revere Hotel Boston
    AR / VR and HMD / Smart Glass - Latest News October 2016
    Profile
    NAME:
    Etsuji Kameyama (亀山悦治)

    Profile:
    拡張現実(AR)や仮想現実(VR)の技術は、BtoC・BtoBの分野での活用が始まっている。このブログではAR、NUI、各種センサーに関わる最新の事例や技術を中心に紹介。
    ARやVRのシステムやソリューションの導入を検討されている方は、こちらか、私までご連絡ください。エンターテーメント分野、印刷分野、家具や機器の配置シミュレーション、操作支援、などへの技術選定、アプリケーション開発、運用、コンサルテーションに対応します。

    -私が関係しているサイト
    - twitter (@kurakura)
    - facebook (ekameyama)
    - LinkedIn (Etsuji Kameyama)
    - ITmediaマーケティング
    - SlideShare (ekame)
    - paper.li (kurakura/ar)
    - YouTube (ekame)
    - myspace Music (KURA KURA)
    - The 25 Most Tweeting About AR
    - Twitter most popular
    - AR Mind Map
    - AMeeT-拡張現実の紹介(ニッシャ印刷文化振興財団)
    - デジタルサイネージとAR(デジタルサイネージ総研)
    - Capital newspaper
    - Pingoo
    - 話題沸騰のAR/VRがスマートワークを進化させる(スマートワーク総研)

    インターネット学校「スクー」の90番目の講師
    AR, VR, MR + HMD, Smart Glass が生活とビジネスを変革
    ARアプリaug!(オーグ)
    インタラクティブで高精細なARコンテンツまで幅広く対応ができる、AR(拡張現実)アプリaug!(オーグ)
    Contact me 問合せはこちら
    AR活用相談、AR関連セミナー講師などの依頼についてご連絡ください。
    SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
    ぬりえAR特集 最新事例の紹介
    ぬりえAR NAVER ぬりえAR NAVER
    ぬりえAR daub(だーぶ)
    塗った「ぬりえ」が飛びだしかのように楽しめるスマートフォン向けの無料アプリdaub(だーぶ)
    はじめてのAR(拡張現実)アプリ導入
    ARアプリの基本的な知識から選定方法まで身に付けることができる資料。
    ARグラス NAVERまとめ
    ARグラス NAVER ARグラス NAVER
    AD
    Ninja Search
    Google Search
    カスタム検索
    Present number of visits
    Counter
    感覚デバイス開発

    あらゆる産業において、様々な新規デバイス・システム開発や新規サービスを創り出すべく注目が集まっている。とくにセンサー素子開発やセンサ・センシングシステムなどの研究開発者の方、ロボット開発における感覚器代替分野の研究者の方、関連業界の方々へ。
    よくわかるAR〈拡張現実〉入門

    次世代のプロモーション手法として脚光を集めるほか、エンターテイメントやコミュニケーション、教育や医療のツールとして幅広い活用・発展が期待されているARの世界がよくわかる入門書が電子書籍で登場
    Amazon検索
    Amazon
    最近、ファッション誌のVogueやGQで、拡張現実によるプロモーションを行っているコンデナスト社。iPadによる販売にも注力している等、新しい展開を戦略的に進めているようだ。今後のコンデナスト社の動きに注目したい。

    米国の雑誌産業は、景気低迷による深刻な広告不振に加えプリントメディアとしての構造的な問題も抱えているため、一昨年あたりから休刊や人減らしが日常化し、長期低落が終わりそうになかった。名門雑誌社のコンデナスト(Condé Nast )社も例外ではない。昨年秋には、グルメ誌の定番とも言われた「Gourmet」を含め、4誌の一斉休刊を断行せざるをえなかった。同社の有力誌の「Vogue」や「Vanity Fair」ですら、昨年(2009年)の広告売上げは2008年より27%前後も落ち込み、たとえばVogue1誌だけでも約1億ドルも前年に比べ広告売上げが減ってしまった(最後部の表を参照)。

    そこでコンデナストが救世主到来とばかりに期待を寄せたのは、iPadのようなモバイル端末である。特に注目したのは、iPadアプリのようなモバイルアプリでは、雑誌コンテンツをパッケージした形で提供できることである。雑誌をニューススタンドで1部売り(有料販売)することが、オンラインで実現できるようになるからだ。

    via MediaPub
    http://zen.seesaa.net/article/158428161.html
    iPhoneとiPadを組み合わせた、楽しそうなアプリ。皆で注いでみよう!


    ジャワティのペットボトルが表示されたiPhoneを使って、iPadに表示されたグラスにジャワティを注ぐことができる。これは、複数のモバイル端末を1つのアプリケーションで連携する「iMixad」という表現手法によって実現している。
    (via MarkeZine) http://markezine.jp/article/detail/10797

    まだ日本語版での出版はされていないようですが、海外では話題になっているマーケティング書のようです。
    The On-Demand Brand: 10 Rules for Digital Marketing Success in an Anytime, Everywhere World
    1111.JPG
    Call it the digital generation. The iPhone-toting, Facebookhopping, Twitter-tapping, I-want-what-I-want, how-I-wantit generation. By whatever name, marketers are discovering that connecting with today's elusive, ad-resistant consumer means saying goodbye to 'new media', and hello 'now media'. Featuring exclusive insights and inspiration from today's top marketers as well as lessons from some of the world's most successful digital marketing initiatives, this eye-opening book reveals how readers can deliver the kind of blockbuster experiences that 21st century consumers demand. Spanning social networking, augmented reality, advergames, virtual worlds, digital outdoor mobile marketing, and more, this book presents an inside look at digital strategies being deployed by brands like Coca-Cola, Burger King, BMW, Axe Deodorant, NBC Universal, Doritos, and many others. Revealing ten essential secrets for capitalizing on the right mix of digital channels and experiences for any brand, this book reveals how to demand attention! before the audience hits the snooze button.

    via amazon.com

    いよいよ紙媒体からデジタル媒体へのパラダイムシフトか?

    『先週のニュースだが、米大手会計事務所プライスウォーターハウスクーパーズ(PricewaterhouseCoopers)の推計によると、米国の一般雑誌の2009年の広告売上は前年に比べると21%落ち込んだ。同社はまた、雑誌広告の売上が2010年に前年比7%減、2011年に3.5%減、2012年には1.1%減となり、2013年には持ち直すものの伸び率はわずか1%未満になるだろうと予測している。

    つまり、下げ止まりはするがその後の成長は見込めず、デジタルへの移行が進んでいくと同社は見ている。 調査会社マグナ(Magna)の予測はもっと悲観的だ。同社によると一般誌の広告売上は、2010年に前年比6.2%、2011年に2.2%、2012年に2.1%、2013年に1.9%、2014年に1.5%、2015年に3.8%の割合で減少し続け、総計で2006年からの10年間で42%の縮小となる。 』

    続きは...
    A BUG IN YOUR EAR アメリカの広告・メディア事情
    http://buginear.blog10.fc2.com/blog-entry-164.html


    ニコポン
    はアドサーバー、アドネットワークを提供しているアトランティスが提供するプレミアムチケットサービス。共同購入によって大幅なディスカウントを実現する。提供されるチケットは開催期間中(通常は1日程度)1件限定で、開催している時に買わなければ手にすることができない。

    時間と数量による限定でユーザーの購買意欲を促進させることからフラッシュマーケティングなどとも呼ばれるこの手法は、リアルタイムかつソーシャルなウェブをトラフィックに活用することで、Grouponを皮切りに爆発的に世界へ広まっている。日本でもTwitterの好調ぶりにのって短期間にいくつものプレーヤーが乱立する状況となっている。



    via TechCrunch
    http://jp.techcrunch.com/archives/jp-20100621-nikopon-aim-smartphone-user-join-groupon-race-with-real-time-advertisement/

     日商エレクトロニクスのグループ会社でビジュアライゼーションの専門会社であるエヌジーシー(NGC)は、電通九州および電通テック福岡支社経由にて、顔認識をコンテンツと連動させる双方向デジタルサイネージシステムを3月の福岡PARCO(福岡パルコ)グランドオープンに合わせて納入した。  

    デジタルサイネージへの顔認識適用による視聴者測定の事例が多くある中で、今回の導入では、コンテンツの制御に顔認識を用いた点において画期的なソリューションだという。また、無償で入手可能なオープンソースを基に開発を行うことで、高度なソリューションを廉価に実現したとしている。  

    同システムは「パルコタッチビジョン」と名付けられ、福岡パルコの各フロアのエスカレーター脇休憩スペースに設置されている。また、タッチパネルによるフロアガイド、イベント情報、会員カードの案内などを行うだけではなく、フェリカ組み込み携帯電話によるタッチパネルやフェリカカードによる双方向コミュニケーションを導入。
    来店者によるデジタルサイネージの利用を促進するコミュニケーションツールとして使用している。今回は、より高い訴求性を実現するため、NGCと映像企画制作会社であるマーズが共同で開発した「顔認識カメラとの連動サイネージ」システムを導入したとしている。

    via ZDnet Japan
    http://japan.zdnet.com/sp/case/story/0,2000056379,20414639,00.htm?ref=rss
    店舗誘導型の仕組みをシンプルに行ったサービスだ。店舗に誘導するためには、やっぱり店舗に端末を設置して来店客に何かメリットを与える方法がが分りやすい。

    「クルカ」では、携帯サイト上で会員登録を行った顧客が商品やサービスを購買・利用する際に、店舗ごとに設置した機器を通じて顧客ごとのページ(マイページ)に誘導するURLを提供する。マイページにアクセスして購入・利用金額を登録すると、金額に応じてポイントを付与するなど、購買履歴に応じた特典を提供することができる。

    via Markezine
    http://markezine.jp/article/detail/10310
    “試着できないからネットで洋服は売れない”を一蹴 不況知らずのファッション通販サイト「ZOZOTOWN」ができるまで

    右肩上がりのEC市場の中で際立って好調なのがファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイだ。4月27日に発表された決算資料によると、売上高は前年同期比60.4%増、営業利益も前年同期比47%増という、好業績を叩きだしている。この大躍進の秘訣はどこにあるのか? 同社の前原氏にZOZOTOWNの成長要因について聞いた。

    「また、ZOZOTOWNはショップやブランド(メーカー)ごとに展開がなされるようになっており、リアル店舗と同じ雰囲気でショッピングを楽しめるように設計されている。このサイト設計について前原氏は「当社のバイヤーが買い付けした商品を展開するオリジナルのセレクトショップでは扱うブランドのイメージを意識したショップづくりをしたり、全体としてはショップの並びを意識するなどしています」と教えてくれた。」

    via Markezine
    http://markezine.jp/article/detail/9805
    出版社のタイム(Time Inc.)が大手メディアバイイング会社のスターコム(Starcom MediaVest Group)と手を組み、掲載広告の成果保証を始めると、『アドバタイジング・エイジ(Advertising Age)』誌が伝えている。

    広告を想起する人、あるいは広告を見てアクションを起こす人の数を保証し、有料広告で目標値に達することができなかった場合、達成できるまで無料広告を掲載し続けるというものだ。この保証制度は、スターコムのクライアントの中から選ばれた企業を対象に提供される。どの企業が対象になるかは明らかにされていない(同社のクライアントには、ゼネラル・モーター、コカコーラ、ウォルマートといった大所が名を連ねている)。

    対象となる広告の効果測定は、アフィニティ社(Affinity)のVISTAというサービスMRI社(Media Research & Intelligence)のAdMeasureというサービスを使って行われる。まず、今年上半期の対象雑誌の広告露出状況を計測し、それをもとに設定した目標値で下半期の成果保証を行うとのこと。

    via A BUG IN YOUR EAR
    http://buginear.blog10.fc2.com/blog-entry-162.html
    CNET Japan / BRIDGE 2010 のパネルディスカッションより...
     
    『求められる「インタラクティブ」 ここで徳力氏が江端氏に、同氏が手掛けるコカ・コーラパークの運営に求める人材を尋ねたところから、「インタラクティブ」という考え方の重要性に話題が移った。  江端氏は理想の人材について「戦略的に新しいものを立ち上げるということを理解できる人。肩書きとしては『インタラクティブマーケティングマネージャー』が必要」とコメント。 ...

    高広氏はこれに重ねて、「クリエイティブについても2種類の考え方がある」と語る。その考え方のひとつはPCのディスプレイを額縁としてとらえて、その中で何かをするというもので、もうひとつは画面から外側に訴えかけるために何かをするというもの。「後者のように(ユーザーが)“前のめり”になる部分をどう作るか考えないと、対話やインタラクティブは作れない」と続けた。 』

    via CNET Japan
    http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000056020,20411837,00.htm
    こんなアクセス解析ソフトなら、使えるだろうな。機能が多過ぎると、焦点が絞りきれなくて使いこなせないからね。

    『「今月はサイトの成果目標を達成しそうか?」「成果に貢献している要素は何? どうやったら成果をさらに増やせるの?」など、アクセス解析担当者は上司、サイト集客担当からさまざまな質問を受けるかと思います。この本質的かつ重要な質問に答えるための第一歩は、アクセス解析ツールでデータを取得することが必要になります。しかし、データやグラフが多すぎで、“どのデータを見ればよいのか”がわからず、最も大切な“データからの気づき”を導きだすことに苦労することがありませんか。  そこで登場したのが、「成果」に焦点をあてた、新機軸のアクセス解析ツール「Web Analyst(ウェブアナリスト)」です。この記事ではWebAnalystが持つ5つの魅力にスポットを当て、成果に特化した本ツールの特長、メリットを解説していきます。』

    続きはMarkZineのサイトで...
    http://markezine.jp/article/detail/9551
     

    Foursquareがメジャー企業と次々に契約を結んでいる。日々、新たな提携先が発表されているようにも見える。たとえばConde NastやMarc Jacobsなどとの提携が発表されている。それ以外にも半ダースもの業務提携が報告されている。ここ数週間でBravo、HBO、Warner Brothers、Zagatなどの名前が挙がっていた。ところでfoursquareはこうした契約によって収入を得ているのだろうか...

    続きはTechCrunchで...
    http://jp.techcrunch.com/archives/20100212foursquare-revenue/
    新聞業界、頑張れ! 過去の記事のアーカイブなどを引っ張りだして、大量の情報を活用した新しいコンテンツを作り出したらどうだろう。

    『NYタイムズ・サイト(NYTimes.com)の月間ユニークユーザー数が減っている。 Nielsen Onlineが毎月公表する月次のニュースサイト・ランキングで,2009年12月のNYTimes.comの月間ユニークユーザー数が前年同月比マイナス18.4%の1485万人に減り,ランクが7位に落っこちた。通常,5位あたりで新聞サイトのトップを走っていたNYTimes.comが,...』
     
    http://zen.seesaa.net/article/139160365.html

    日本ではGREEが目立っているが、まだまだこれから参入する価値は有りそうだ。

    『Engage! Expoなどの仮想世界・仮想アイテム系イベントの運営や市場調査を行っているEngage Digital Media社が、2009年内にアメリカの仮想アイテム市場に投資された案件のリストを発表した。それによれば、金額が分かっているものだけでも約14億円が投資されたという。』

    続きはSECOND TIMESで...
    http://www.secondtimes.net/news/world/20100122_engage.html

    68f6ef93.png
    ネットでも印刷することは確かに多い。それを広告ビジネスと連動されるというユニークな技術(サービス?)だ。ビジネスとして成り立つかどうかは別としてもこの発想はなかなか面白いと思った。

    『米国の新聞サイトや雑誌サイトは,オンライン記事のプリントアウトを新たな収益源にしていきたいようだ。オンラインメディアでは一般に,プリントメディアのようにあまり厳しくスペース(行数)制約が課せられていない。このため,複数ページにわたる長文の記事をよく見かける。そこでそのオンライン記事をプリントアウトした紙でじっくりと読む人も少なくないようだ。  それならプリントアウトした紙を広告メディアとして仕立てようとする動きが出てきても不思議でない。』

    WashintonPostの記事例...印刷用のページには新たに広告枠が設けられている。


    Format Dynamics社の CleanPrintのデモで取り上げられていたdenverpost.comの例
    ニュース記事をそのままプリントアウトすると4ページも必要となるが,印刷用ページは
    2ページにレイアウトされて印刷される上、広告枠をが大きくとって印刷する。


    続きはメディア・パブのサイトで
    http://zen.seesaa.net/article/137886120.html

    FormatDynamicsのサイト
    http://www.formatdynamics.com/index.html
    米ラスベガスで開かれている世界最大の家電見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)」に関する記事から...

    ---Social Circle---  
    下の画像をクリックして見たいカテゴリを選択!  分かり易いユーザインターフェスだ。
    b0ea1cdb.png





    -Youtube記載の説明-

    This week has been all about the Consumer Electronic Show & since technology marries so well with social media, my Picks of the Week are going to be all about CES. Taking a look at the latest and greatest gadgets gives us an idea of where the industry is heading, and gives us many more verticals to incorporate our love of social media into. 

    Social Circle:
    http://bit.ly/66As91

    See whats generating buzz at #CES with social circle. This cool site shows tweets, photos, articles, and more- all relating to CES. Theres a dropdown tab on the site (upper left hand side) that has 4 different categories: Outlook, People, Images, and Timeline. Its a great way to keep track of what people are seeing & saying about the Consumer Electronic Show. 

    The Best of CES:
    http://bit.ly/80YVoQ
    http://bit.ly/4Bl4qH 
    Gizmodo is continuing to update this article on The Best of CES. The article highlights some of the best gadgets featured at the Pre-Pre-Pre Show (Monday), Day Zero (Tuesday), Day One (Wednesday), Day Two (Thursday), Day Three (Friday), and so on. With so many gadgets at CES, its nice to have highlights of some of the coolest all in one place. Also check out a photo album of the 10 best gadgets chosen by CNET. 

    Social Media is Big at CES:
    http://bit.ly/8pkxEV
    Facebook & Twitter may not have an official presence at CES, but according to CNBC, social media has a large presence on the floor at CES 2010. Many of the TVs, game consoles, and mobile phones that are being displayed are illustrating how social media works with their devices. 

    Trends at CES:
    http://bit.ly/4HKh1W 
    http://bit.ly/8OCQl0 
    The show wont be over until Sunday, but there are already some trends emerging from CES 2010. ReadWriteWebs article highlights trends in three categories: Televisions, Automobiles, and Augmented Reality. DigitalTrends.com has also highlighted their Five Top Tech and Gadget Trends at CES 2010: 3D, LED & Connected Television, Tablet PCs and Netbooks, Portable Projectors, eReaders/eBook Players, and Streaming Media Extenders. 

    Some of my favorite Gadgets:
    http://bit.ly/7ugVlG 
    http://bit.ly/5pDYJo 
    http://bit.ly/8CeQeG 
    - Slates- Im looking forward to these tablets, ideal for travelers, because they can be used as a reading device, computer, or T.V.
    -See through Screens- Transparent screens have garnered a lot of attention at this years CES- with computers, phones, and media players all sporting the see through look. 
    -Internet In Cars- A new trend at CES is the ability to access the web from your car dashboard. My Ford touch is incorporating Twitter (and internet radio) into their dashboard. You can have tweets read aloud, as well as send tweets all via voice control.
    --
    In response to the needs of an advertising and public relations industry in heavy flux, Feedback is born as a shop entirely dedicated to new & social media.

    http://www.feedbackagency.com/

    Fan us here: http://www.facebook.com/feedbackfb
    Read us here: http://feedbackagency.com/blog/
    Follow us here: http://twitter.com/feedbackagency
     
    『必ずしも検索母数が多いキーワードが購入や会員登録やお問い合わせなどのコンバージョンに直結するとは限らないという、興味深い結果となった。...ブログクチコミデータを参考にすることで、今までの検索データからは決して見えてこないデータと結論を得ることができた。通常であれば他に比べて検索数が多いキーワードを優先的に選定してしまいがちであるが、その中でも更にコンバージョンに繋がりやすいキーワードを絞り込むことができたのだ。 』
    という、なかなか興味深い話だ。単純な検索キーワードだけではなく、Twitter等から得られる集合知の必要性が分かってくる。



    詳しくはMarkeZineのサイトで...
    http://markezine.jp/article/detail/9148
    まだまだ、携帯を使用したマーケティングは効果が高いようです。携帯位置情報を使ったゲームで来店はもちろん購買にまでつなげる仕組みはやってみる価値が有りそう。


    『ロプラは1月8日、携帯電話位置情報ゲーム「コロニーな生活☆PLUS」(コロプラ)と連動した来店・販売促進サービス「コロカ」について、提携店舗に月間1万人以上のユーザーが来店していると発表した。
    コロニーな生活・PLUSは、携帯電話の位置情報送信機能を利用したシミュレーションゲーム。ユーザーの移動距離分のゲーム内通貨「プラ」を獲得し、そのプラを使って「コロニー」と呼ばれる自分の街を育てていく内容だ。』

    http://pc.colopl.jp/pages/wl/welcome.html
     

    『ソーシャルメディアの拡大によって、インターネット経験の中心がページから人へと変わった。その結果、マーシャル・マクルーハン(Marshall McLuhan)の理論とは逆に、メディアはもはや単なるメッセージではなくなった。従来、言葉や映像、そしてそれらの文脈と意味は恒久的なものと考えられ、それがメディア理論の基盤を成していた。しかしますますリアルタイム性を強める環境においては、コンテンツは人間のアイデンティティに道を譲る。そしてこれまでの文脈分析は動的なソーシャルインタラクションに脇へ押しやられる。 メディアはメッセージであり…..メッセージはメンバー(人)である。』

    続きはTech Crunch
    http://jp.techcrunch.com/archives/20091212social-media-message/
    この記事、ざっと読んでみたら、やっぱり面白い会社だと思った。




    『カヤックさんにお話を聞いてみて一番に感じたことは「つくる人を増やす。」という経営理念が皆さんに浸透しているなということでした。その上でコミュニケーションの重要性を意識した、組織のあり方や仕事の進め方がユニークなコンテンツ開発に繋がっているように思います。デジタルサイネージの場合は基本的にロケーションがあって、そこに流すコンテンツは場所に依存することが多くなります。Webのように思い立ったらすぐにサービスを立ち上げるというカジュアルなスタンスは多くはありません。先日、美人時計のコンテンツがデジタルサイネージに利用された事例のように、WEBのコンテンツとデジタルサイネージはより関係性を深くしていくことになるでしょう。そうした際にカヤックさんのようにリアルと連携する眼差しをもったWEB系の事業者が活躍していくのではないでしょうか。』

    詳しくは、デジタルサイネージ総研のサイトで...
    http://digitalsignage.co.jp/blog/post/2413/trackback


    HOME 次のページ
    Copyright © Augmented Reality & Virtual Reality World | 拡張現実と仮想現実の世界 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    /