このブログは、拡張現実 及び 仮想現実 が使用された最新の情報と事例などを掲載しています。---This blog publishes latest information and the case where AR (Augmented Reality) and VR (Virtual Reality) are used, etc.
2017 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • さらに広がる XR (AR/VR/MR) の現状と今後 - October 2017
    Profile
    NAME:
    Etsuji Kameyama (亀山悦治)

    Profile:
    拡張現実(AR)や仮想現実(VR)の技術は、BtoC・BtoBの分野での活用が始まっている。このブログではAR、NUI、各種センサーに関わる最新の事例や技術を中心に紹介。
    ARやVRのシステムやソリューションの導入を検討されている方は、こちらか、私までご連絡ください。エンターテーメント分野、印刷分野、家具や機器の配置シミュレーション、操作支援、などへの技術選定、アプリケーション開発、運用、コンサルテーションに対応します。

    -私が関係しているサイト
    - twitter (@kurakura)
    - facebook (ekameyama)
    - LinkedIn (Etsuji Kameyama)
    - ITmediaマーケティング
    - SlideShare (ekame)
    - paper.li (kurakura/ar)
    - YouTube (ekame)
    - myspace Music (KURA KURA)
    - The 25 Most Tweeting About AR
    - Twitter most popular
    - AR Mind Map
    - AMeeT-拡張現実の紹介(ニッシャ印刷文化振興財団)
    - デジタルサイネージとAR(デジタルサイネージ総研)
    - Capital newspaper
    - Pingoo
    - 話題沸騰のAR/VRがスマートワークを進化させる(スマートワーク総研)

    インターネット学校「スクー」の90番目の講師
    AR, VR, MR + HMD, Smart Glass が生活とビジネスを変革
    ARアプリaug!(オーグ)
    インタラクティブで高精細なARコンテンツまで幅広く対応ができる、AR(拡張現実)アプリaug!(オーグ)
    Contact me 問合せはこちら
    AR活用相談、AR関連セミナー講師などの依頼についてご連絡ください。
    SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
    ぬりえAR特集 最新事例の紹介
    ぬりえAR NAVER ぬりえAR NAVER
    ぬりえAR daub(だーぶ)
    塗った「ぬりえ」が飛びだしかのように楽しめるスマートフォン向けの無料アプリdaub(だーぶ)
    はじめてのAR(拡張現実)アプリ導入
    ARアプリの基本的な知識から選定方法まで身に付けることができる資料。
    ARグラス NAVERまとめ
    ARグラス NAVER ARグラス NAVER
    Ninja Search
    Google Search
    カスタム検索
    Present number of visits
    Counter
    感覚デバイス開発

    あらゆる産業において、様々な新規デバイス・システム開発や新規サービスを創り出すべく注目が集まっている。とくにセンサー素子開発やセンサ・センシングシステムなどの研究開発者の方、ロボット開発における感覚器代替分野の研究者の方、関連業界の方々へ。
    よくわかるAR〈拡張現実〉入門

    次世代のプロモーション手法として脚光を集めるほか、エンターテイメントやコミュニケーション、教育や医療のツールとして幅広い活用・発展が期待されているARの世界がよくわかる入門書が電子書籍で登場
    Amazon検索
    Amazon
    少し昔(2010年3月)の記事から.... NoSQL「Cassandra」って?

    スケーラブルなデータベースを実現する手段として「Sharding MySQL plus memcached」がよく知られる方法だとは、1つ前の記事「MySQL+Memcachedの時代は過ぎ、これからはNoSQLなのか、についての議論」つまり、(性能を向上させるための)マシンの追加方法、単一障害点の有無、データ追加が多くてもスケールするか、管理コスト、プロジェクトの将来性などが主な比較項目のようです。

    特にTwitterはデータベースへの書き込み負荷が非常に多いと考えられるので、データ追加のスケーラビリティは大きなポイントのはずです。

    more...  
    http://www.publickey1.jp/blog/10/twitterdiggnosqlcassandra.html
    via publickey ( by Junichi Niino )

    http://selfkleptomaniac.org/archives/630
    「手元の環境でまず引っかかったのが3の「接続がすべて切断されるまで待機」のところ。というのも、pgpool-IIにpgpoolを経由して接続するという変な環境だったのだが、child_life_timeを0に設定していたために接続がいつまで経っても切れずにここで失敗してしまったのだ。」
    ⇒30回ループで無理やり解決するとは...凄い

    http://pgpool.projects.postgresql.org/pgpool-ja.html
    『オンラインリカバリを実施するためには、ノードが切り離されていると pgpool が検知している必要があります。また、リカバリするノードの PostgreSQL がすでに動作中であれば、あら かじめ PostgreSQL をシャットダウンさせておいてください。 』

    http://www.sraoss.jp/pipermail/pgpool-general-jp/2008-December/000517.html
    >> オンラインリカバリをpgpoolAdmin経由で使用しようとしていますが、エラー終了して >> しまいます。 >> > アプリケーションで接続プーリングを行なっていると,pgpoolから見ていつま > でたっても接続が終了しないので,オンラインリカバリは失敗します.
    > > 接続を終了していないクライアントのアイドル時間によるタイムアウトを設定
    > > したい場合は,client_idle_limitを使用してください.その際は,
    > > client_idle_limit < recovery_timeout
    http://www.sraoss.jp/pipermail/pgpool-general-jp/2008-November.txt 
    BackendErrorは「何かエラーが発生したよ」というメッセージなので、一体何が
    起こっているのかまでは解りません。
    
    1stステージ用のスクリプトなどに、リダイレクト文を挿入してどの時点までスクリプトが
    実行されているかチェックするというのも一つの手だと思います。
    2点確認なのですが、以下はどうなっているでしょうか?
    
    1.backend_data_directoryX」は各DBノード毎に問題なく設定されているか。
    2.各DBノード間で、パスフレーズ無しでSSH接続できるように設定されているか。
    
    上記の2点が問題無く、最初に実行されるべき1stスクリプトが実行されないとなると、
    下記を疑うべきかもしれません。
    
    1.各DBノードの$PGDATA内にリカバリスクリプトが全て揃っているのか。
    2.各リカバリスクリプトのオーナーとグループ、及びパーミッションは
      pgpool.confに指定されているrecovery_userが実行できる権限になっているか
    
    http://www.atmarkit.co.jp/fdb/rensai/ora_backup08/ora_backup08_1.html
    Recovery Manager(以後、RMAN)によるバックアップ方法について説明していきます。RMANの概要については第4回「Recovery Managerを使ったバックアップ方法」でも説明しましたが、ここではもう少し内容を掘り下げて説明していきます。また、以降のバックアップ結果については、これまでと同様にLinux環境のOracle 10g Relese2で実行したものになります。
    http://japan.zdnet.com/news/db/story/0,2000056180,20378919,00.htm
    ミラクル・リナックスは、Oracle Databaseのバックアップを、従来の方法よりも低価格かつ手軽に行える「MIRACLE StandbyDB X」を製品化し、2008年9月9日より提供開始すると発表した。
    同社によれば「MIRACLE StandbyDB X」では、従来のOracle Databaseバックアップで問題とされていた「ハードウェアを二重化してもRAIDコントローラの障害が回避できない」「テープバックアップを実施してもデータの許容遡及(そきゅう)時点が前に戻りすぎる」といった点を解決するため、プライマリDBの複製をスタンバイDBとして作成することで、数分間のサービス停止を行い、数分前のデータに遡及することで被害を最小限にとどめられるという。

     「MIRACLE StandbyDB X」の提供対象は、LinuxOracle 8i以上を利用するユーザー。価格は、基本ライセンスが60万円、構築費用が85万円、年間サポートが15万円(RACオプションなどは別費用)。

    http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/0703/02/news04.html
    Oracle RACは、オラクルが開発したデータベースクラスタシステム。構成するサーバのすべてが本番系として稼動するため、高い可用性を実現する。また、企業のコンピュータリソースを最大活用できるため、高い投資対効果が得られるという。
    「SE RAC導入パッケージ」は、「Oracle Database Standard Edition」のライセンス、「Oracle Real Application Clusters for Standard Edition(SE RAC)」、推奨ハードウェア構成一式、オペレーティングシステム、導入サービスをパッケージにしたもの。中小規模システムでも導入しやすく、価格は400万円台からと、従来より低価格になっている。

    オラクルサイト
    http://www.oracle.co.jp/campaign/mb_tech/products/serac01.html
    http://sourceforge.jp/magazine/06/12/06/0129201
    ストレージ・エリア・ネットワーク(SAN)対応ディスクアレイ「iStorage Sシリーズ」のレプリケーション機能を使用した、無停止バックアップシステム構築簡易化ソフトのOracle対応版「WebSAM Storage ReplicationNavigator Suite for Oracle」
    http://japan.zdnet.com/news/db/story/0,2000056180,20148087,00.htm
    バックアップ対象のデータをデータベースから取り出す前に暗号化するため、情報漏えいを防止できる。
    http://www.symantec.com/ja/jp/business/products/agents_options.jsp?pcid=pcat_storage&pvid=2_1
    Veritas NetBackup for Oracle は、Oracle データベースすべての部分のバックアップとリカバリを簡素化することで、実質的に Oracle データのアベイラビリティを確保します。 Oracle データのアベイラビリティは常時確保されなければならないので、Veritas NetBackup for Oracle は、大きなコスト要因となる Oracle データベースの機能停止に、エンドユーザーが直面しないようにします。

    PDF詳細資料
    http://www.symantec.com/content/ja/jp/enterprise/fact_sheets/nbu65_ds_solutionguide.pdf

    PDF価格掲載資料(多少古いバージョン)
    http://www.express.nec.co.jp/linux/product/pdf/Linux_NetBackup.pdf
    http://otn.oracle.co.jp/forum/message.jspa?messageID=2015404

    ■下記の問題点についてやりとりされており、参考になりました

    1.2GB以上のメモリを使用する為にOS、Oracleともに64bitにするべきか?
    (DBサーバはDBのみの利用を考えています。)
    ※32bit、64bitの判断基準を一般論、主観、経験よりアドバイスを下さい。

    2.本当に共有ディスク(SAN)を採用すべきか?(コストかなりがかかるので)
    ※DAS、SANの判断基準を一般論、主観、経験よりアドバイスを下さい。

    3.ライセンス形態をユーザー or CPUのどちらにするべきか?
    (CPUライセンスにした場合、コールドスタンバイサーバ側が
    もったいないですし、かといってRACにするまでもない…)
    http://japan.zdnet.com/news/db/story/0,2000056180,20349100,00.htm
    http://www.bmc.com/ja_JP/products2/L4-sqlbt.html

    • データベース認識型の高度なバックアップとリカバリを実現し、ガイド付きの使いやすいリカバリ機能を提供します。
    • 完全なアーカイブ・ログ管理により、アーカイブ・ログの自動的なバックアップと適用を実現します。
    • 通常のバックアップ作業とリカバリ作業を自動化します。
    • リカバリの複雑さを意識することなく、物理バックアップから論理的な(表の)抽出を行えます。
    • 並列バックアップ・ストリームの活用により、パフォーマンスを改善します。
    • バックアップ時にデータを圧縮することにより、ネットワーク資源を節約します。
    • * バックアップとリカバリのドライ実行機能により、作業を実行する準備ができているかどうかを確認できます。
    ■BMC Recovery Manager for Oracleのアーキテクチャー
    http://www.exe-sol.com/products_brm.html

    ■価格について目安が書かれている
    http://www.bmc.com/BMC/News/CDA/hou_PressRelease_detail_intl/0,3824,4807124_0_79923618,00.html

    ■Recovery Managerを使ったバックアップ方法 <@IT>
    http://www.atmarkit.co.jp/fdb/rensai/ora_backup04/ora_backup04_1.html

    ■Oracleに設定している現在の最大同時接続数は下記のSQLで取得できます。

    SELECT name, value FROM v$parameter WHERE name = 'processes'

    http://a-programmer.blog.so-net.ne.jp/2006-12-01-7


    ■最大同時接続数は、V$LICENSE ビュー の SESSIONS_HIGHWATER 列 にて
    確認することができます。
    この列にて確認できるのは、インスタンス起動時から現時点までの
    期間における最大同時接続数です。
    前回起動時以前のデータについても確認する場合は、データベース
    shutdown時にalertログに記録されている"License high water mark"
    の値がその起動~停止の期間に発生した最大同時接続数となります。

    SELECT sessions_highwater FROM v$license;

    http://www.venus.dti.ne.jp/~yoshi-o/RDB/Oracle-Beans_dictionary.html#最大同時接続数
    ↑このサイト、なかなか便利かも
     

    http://ameblo.jp/sliderman/day-20070318.html
    Active-Activeがベストかというと、そうとは言えないと感じる内容ですね。
    技術力と費用が当然必要ということ。
    http://japan.zdnet.com/news/db/story/0,2000056180,20349100,00.htm
    BMC Recovery Managerは、リカバリのプロセスを自動化するガイド付きリカバリ機能や、バックアップおよびリカバリのプロセスを事前検証するリハーサル機能、バックアップ時に二重にコピーを取るクローン機能などを備えた製品。

    http://www.oracle.co.jp/2shin/ora75/27.html
    Performance Insightは、Oracleのパフォーマンスの悪化原因を的確に指摘する100%国産のパッケージツール

    ORACLEを 再インストールしたら、oracleと接続しなくなってしまいました
    http://www.amy.hi-ho.ne.jp/jbaba/messages/1749.html

    「SQORA32.DLL を再インストールしたら解決しました」とのこと。

    私の場合、OSのUpdaterを実行したら解決しました。
    Microsoft の Oracle ODBCドライバーのが最新に更新されていなかったことが原因のようでした。
    オラクル10gの無償版が提供されていた。CPU、メモリ、容量に制限があるが、けっこう使えるのでは。最低メモリ256MBで動くらしい。推奨は512MB。
    http://builder.japan.zdnet.com/sp/oracle-db-2008/story/0,3800086786,20375936,00.htm
    http://ossipedia.ipa.go.jp/capacity/EV0612150226/
    pgpool 3.1.1は、インストール、設定が容易で、コネクションプールやレプリケーション、ロードバランスといった機能も有効である。また、障害に対してはフェイルオーバや縮退運転によってサービスを継続することが可能である。ただし、障害から復旧する際にはサービスの停止が必要である。 PostgreSQLからの移行については一部のSQLを除いて修正せずに移行することができる。
    HOME 次のページ
    Copyright © Augmented Reality & Virtual Reality World | 拡張現実と仮想現実の世界 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    /