このブログは、拡張現実 及び 仮想現実 が使用された最新の情報と事例などを掲載しています。---This blog publishes latest information and the case where AR (Augmented Reality) and VR (Virtual Reality) are used, etc.
2017 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • さらに広がる XR (AR/VR/MR) の現状と今後 - October 2017
    Profile
    NAME:
    Etsuji Kameyama (亀山悦治)

    Profile:
    拡張現実(AR)や仮想現実(VR)の技術は、BtoC・BtoBの分野での活用が始まっている。このブログではAR、NUI、各種センサーに関わる最新の事例や技術を中心に紹介。
    ARやVRのシステムやソリューションの導入を検討されている方は、こちらか、私までご連絡ください。エンターテーメント分野、印刷分野、家具や機器の配置シミュレーション、操作支援、などへの技術選定、アプリケーション開発、運用、コンサルテーションに対応します。

    -私が関係しているサイト
    - twitter (@kurakura)
    - facebook (ekameyama)
    - LinkedIn (Etsuji Kameyama)
    - ITmediaマーケティング
    - SlideShare (ekame)
    - paper.li (kurakura/ar)
    - YouTube (ekame)
    - myspace Music (KURA KURA)
    - The 25 Most Tweeting About AR
    - Twitter most popular
    - AR Mind Map
    - AMeeT-拡張現実の紹介(ニッシャ印刷文化振興財団)
    - デジタルサイネージとAR(デジタルサイネージ総研)
    - Capital newspaper
    - Pingoo
    - 話題沸騰のAR/VRがスマートワークを進化させる(スマートワーク総研)

    インターネット学校「スクー」の90番目の講師
    AR, VR, MR + HMD, Smart Glass が生活とビジネスを変革
    ARアプリaug!(オーグ)
    インタラクティブで高精細なARコンテンツまで幅広く対応ができる、AR(拡張現実)アプリaug!(オーグ)
    Contact me 問合せはこちら
    AR活用相談、AR関連セミナー講師などの依頼についてご連絡ください。
    SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
    ぬりえAR特集 最新事例の紹介
    ぬりえAR NAVER ぬりえAR NAVER
    ぬりえAR daub(だーぶ)
    塗った「ぬりえ」が飛びだしかのように楽しめるスマートフォン向けの無料アプリdaub(だーぶ)
    はじめてのAR(拡張現実)アプリ導入
    ARアプリの基本的な知識から選定方法まで身に付けることができる資料。
    ARグラス NAVERまとめ
    ARグラス NAVER ARグラス NAVER
    Ninja Search
    Google Search
    カスタム検索
    Present number of visits
    Counter
    感覚デバイス開発

    あらゆる産業において、様々な新規デバイス・システム開発や新規サービスを創り出すべく注目が集まっている。とくにセンサー素子開発やセンサ・センシングシステムなどの研究開発者の方、ロボット開発における感覚器代替分野の研究者の方、関連業界の方々へ。
    よくわかるAR〈拡張現実〉入門

    次世代のプロモーション手法として脚光を集めるほか、エンターテイメントやコミュニケーション、教育や医療のツールとして幅広い活用・発展が期待されているARの世界がよくわかる入門書が電子書籍で登場
    Amazon検索
    Amazon
    Twitterはこれまで、依然として買収したSummizeの技術を利用してきていた。買収時点におけるSummizeの技術水準は非常に高いものであったが、当時のTwitterは小規模なサービスだった。以来、Twitter自身の規模は比較にならないほど巨大化している。「旧来のMySQLベースのシステムで現状を賄うのが次第に難しくなってきたのです」としている。これがシステム変更の要因だ。

    では新たに採用したシステムはどのようなものだろうか。「Twitterではオープンソースのプロダクトを活用しており、今回もJavaで記述された検索エンジンライブラリのLuceneを利用することにしました」とのこと。但しリアルタイム検索を実現するために書き換えた部分も多いようだ。どのような点で書き換えが必要になったのだろうか。

    via & more TechCrunch
    http://jp.techcrunch.com/archives/20101006new-twitter-search/
    検索の目的として、8割強のインターネット利用者が買い物の意思決定に利用していると回答。しかし、その6割が「検索したキーワードでほしい情報が見つからない」と不満を持っている。

    男女合わせて3人に1人が「テキスト検索以外にクチコミの検索を行っている」と回答しており、買い物に少しでも参考になるような情報を求めていることがわかる

     via MarkeZIne
    http://markezine.jp/article/detail/10809

    ECナビ子会社で、検索関連事業を展開するadingoは、ECナビグループ全体の検索関連技術の強化を図るため、エンジニアが主体となり、検索関連分野の研究開発を専門に行う100%子会社「株式会社adingo search labs」を設立。 

    via MarkeZine
    http://markezine.jp/article/detail/10816



    「ShopStyle」は、ECサイトを持つトップブランドやショップなどと提携して、それらのサイトが扱う100万点以上の商品を紹介。ユーザーは複数サイトの商品情報をまとめて検索・比較できるほか、ワンクリックでEC サイトにアクセスして商品を購入することができる。
     

    via Markezine
    http://markezine.jp/article/detail/10807



    ShopStyleで特徴的なのがMYスタイルブックというコーディネート作成機能だろう。ユーザーはサイト内でクリッピングした商品を自由にコーディネートして公開することができる。その数は全世界で30万点にもおよび、フォローしているユーザー同士で共有することも可能だ。ソーシャルにコーディネートを共有するサービスとして日本にはiQONがスタートしているが、両者ともソーシャルの力で大量のコーディネートをつくりだし、ファッション系商品を魅力的にみせることに成功している。

    via TechCrunch Japan
    http://jp.techcrunch.com/archives/jp-20100701-shopstyle-launch-in-japan/


    曲をアーチスト名で探そうとすると。検索結果ページの上部に特別の回答ボックスが出る(それは非公式にBing Boxと呼ばれている)。そしてそこに、アーチストの画像や、人気曲のリスト、今後のイベント、そのアーチストのトゥウィート、公式サイトへのリンク、などが表示される。このように、Bingの中でエンタテイメントを体験できる工夫ができるかぎり目一杯盛り込まれているから、たぶん滞留時間は増えるだろう。検索は、探しているリソースやコンテンツへ行くのが目的だが、音楽やビデオなどのデータは、このように検索エンジンそのものの中にも置ける。目的のものが検索サイトの上にある(こともある)という考え方は、検索の新しい姿かもしれない。

    via TechCrunch
    http://jp.techcrunch.com/archives/20100622bing-entertainment-music-streams/
    何気なく検索をしている利用者。しかし優れた検索は多くの解析結果から導き出されている。

    -----

    Peter氏は、図書館情報学および情報検索の専門家としてのバックグラウンドを持つとともに、現在は情報構造の設計についてのコンサルティングを行う会社であるSemantic Studiosの代表を務めている。セッションでは、ユーザーに“よりよい体験を提供する”Webサイトはどのようなサイトなのか、という視点でのプレゼンテーションを行った。 冒頭、Peter氏はプレゼンテーションの冒頭で情報構造とは、次のことを指していると述べた。 構造的に情報の環境をデザインすること イントラネット、Webサイトナビゲーションシステム、検索、ラベル付けなどの管理と最適な設計をすること  この2点を分かりやすく言えば「人々が必要な情報を見つけやすくするようにWebサイトを整理して構築することだ」(Peter氏)となる。

    「トップページから複数の経路で同じ情報にアクセスできるようにすると同時に、到達するためのクリック数を少なくすることだ」だ。しかし一方でそれだけで十分ではないと、警鐘を鳴らした。  一方、ユーザー体験(ユーザーエクスペリエンス)を構成する要素をハニカム構造(蜂の巣状の図)によって提唱している。その構成要素は、下記7つだと言っている。

    -Useful(役に立つ
    -Usable(使いやすい)
    -Desireble(魅力的であること)
    -Credible(信頼できること)
    -Accessible(誰にとっても利用しやすいこと)
    -Valuable(価値があること)
    -findable(情報が発見されやすいこと)

    続きはMarkezineで...
    http://markezine.jp/article/detail/9644

    電通は、キーワードを入力せずに、操作パネルのボタンを押すだけで、ウェブサイトを受動的に閲覧できるザッピングエンジンを2月10日にテスト公開するようだ。

    『電通とプリファードインフラストラクチャーが共同で開発したもので、ネットで注目の話題や人気のウェブサイトを自動収集し、ユーザーによるレコメンド情報によってサイトのリストを構築する』 


    続きは、markezineのサイトで...
    http://markezine.jp/article/detail/9543
    4a645967.png

    【業務効率の向上と企業競争力を強化する企業内検索ソリューションSCOPE-Zeta】

     『ドキュメント』・『パーソン』・『探す』・『活かす』 社内の各署に蓄積された文書ファイルなどの形式知情報である「ドキュメント情報」、暗黙知である「ノウハウ情報」、社内の専門家などの「ノウフー(エキスパート)情報」など3つの情報を検索することで、情報の見える化を実現し、共有化と活用を可能にします。 検索画面イメージ 「ドキュメント情報」・「ノウハウ情報」・「ノウフー(エキスパート)情報」の3つの情報の検索を1つの画面で実行。情報の結びつけと活用が容易です。
    ScopeZeta

    探す/見つける

    • 特徴1 業務別ビューによる、フリーワード全文検索の多彩な切り口
    • 特徴2 テキストマイニングによるビジネス・エンティティの自動抽出、動的分類
    • 特徴3 文書検索キーワードに連動したQ&A表示、エキスパート表示

    情報活用/エキスパート

    • 特徴1 Q&A方式で、文書になっていない社員の経験やノウハウなどの暗黙知を共有
    • 特徴2 エキスパート登録によるKnow Who検索
    • 特徴3 エキスパートへの質問、エキスパートのお勧め文書やお勧めQ&A参照

    運用管理機能

    • 特徴1 ソフトウェア型で簡単導入
    • 特徴2 IT専門家が不在の部門でも使用できるWeb画面での操作
    • 特徴3 既存環境ファイルサーバの権限を利用できるため、新たな権限設定が不要

    ご案内パンフレットは(PDF)ダウンロードのページより。 

    Scope-Zetaの製品紹介サイト
    http://hp.knowledge-works.co.jp/modules/contents/content0033.html

    Knowledge Works
    ナレッジワークスのコーポレートサイト
    http://hp.knowledge-works.co.jp/

    リアルタイム検索が行えるようになったが、それは今迄の検索からどのように変わるのか? 米MicrosoftのHo Jhon Lee氏の講演の記事から抜粋

    ◆ソーシャルメディアの特徴  
    -即時的であり、感情的であり、簡潔  
    -自律的に情報が形成される (例えば、Twitterの場合はハッシュタグ、@user、RT、favorite、followsなどで情報が形成されていく)  
    -衆人環視の中で、情報を発信、取得

    特徴をまとめた上でLee氏は「バラバラではノイズにしか過ぎないものが集まることによって『シグナル』となる」と指摘している。

    ◆タイム検索とソーシャル検索の特徴 利用シーン、ランキング、関連性が通常の検索と異なるリアルタイム検索はしばしば“発見”を目的としたエンジンであるリアルタイム検索やソーシャル検索と通常の検索の結果は多くの場合で異なる...

    詳しくはMarkeZineのサイトで...
    http://markezine.jp/article/detail/9190
    無償で利用できるECサイト構築ツール「EC-CUBE」のプラグインとして、SCOPEの新しいソリューションが安価/手軽に導入できる。
    ここで紹介する「SCOPE for EC-CUBE」では、多くの大手サイトでも利用されているFAST社の高性能検索エンジンがコアで使用されている。

     

    『株式会社ロックオン(大阪市北区 代表取締役社長:岩田 進、以下ロックオン)と、ナレッジワークス株式会社(東京都港区、代表取締役:所司 里佳、以下、ナレッジワークス)は業務提携を行い、ロックオンのオープンソースのEC パッケージ「EC-CUBE」に、ナレッジワークスが提供する検索サービス「SCOPE」の主要機能を標準搭載し、提供を開始。

    ■リリースの詳細
    ロックオンは、これまで多くのECサイトで導入実績があるナレッジワークスの検索サービス「SCOPE」を、「EC-CUBE」向けにカスタマイズした「SCOPE for EC-CUBE」として提供開始。これにより、「EC-CUBE」において、ECサイトのコンバージョン向上を目的とした次世代ナビゲーション機能「こだわり検索(ダイナミック・ランク・ナビ)」等がご利用可能となる。
     
    ■「SCOPE for EC-CUBE」の特徴
    商品への思いと商品の特性をお客様にご案内する、コンシェルジュ付き商品棚となることを目指して、コンバージョン向上に効果的なナビゲーション機能を搭載しました。』
     
    ※2009/11/11-13の3日間 東京ビッグサイトで開かれる「デジタルマーケティングフェア2009」では、ナレッジワークスが出展している。SCOPE関連のサービスが展示されているので、足を運んでみよう!
    http://www.jma.or.jp/Digi-ma/outline/index.html

    ロックオン
    http://www.lockon.co.jp/

    ナレッジワークス

    OneRiotとYahooが、Yahooサイトにおけるリアルタイム検索機能の実装について提携することになったとのニュースを10月末に掲載した。そしてこの度、OneRiotのCEOであるKimbal Muskより、本提携に基づく検索機能が明日(米国時間11/4)より運用開始される旨の発表があった。Muskからのメールによると、Yahooサイトにて特定の語句を検索すると、検索結果としてOneRiotによって提供される内容も表示されるようになるとのことだ。』

    http://jp.techcrunch.com/archives/20091103oneriot-confirms-theyre-building-yahoos-real-time-search-engine/

    http://www.oneriot.com/

    『NTTデータとネットワールドは10月27日、米Splunkの検索ソリューション「Splunk」の販売に関して提携したと発表した。Splunkは、NTTデータが1月7日から国内で販売を開始しているツールで、システムが出力するログやエラーメッセージなどのデータを取り込み、さまざまな検索や分析ができるというものだ。Splunk独自の技術により、柔軟な検索条件でデータを検索したり、複数システムのデータを横断的に管理することが可能という。 NTTデータでは、SplunkとVMware製品やMicrosoft製品を用いて、物理環境と仮想環境が混在するようなシステム環境においても、環境の違いを意識せず横断的にシステム障害を迅速かつ的確に検知できるソリューションの検討に着手している。今回のネットワールドとの提携によって、Splunkの販売を拡大させたい考えだ。』

    http://japan.zdnet.com/news/itm/story/0,2000056188,20402399,00.htm?ref=rss

    グーグルが今度はサジェストを検索結果ページに適用。

    『グーグルは10月26日、ウェブ検索の検索結果ページに検索キーワード補助機能「Googleサジェスト」を追加したと発表した。Googleサジェストは、検索ボックスに入力中の文字から類推した検索キーワード候補を自動的に表示し、キーワードの入力を補助する機能。グーグルではこれまで、同機能をGoogle Toolbarやウェブ検索ページに提供してきたが、今回、検索結果ページでも利用できるようにした。』

    http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20402404,00.htm?ref=rss

    マピオンは9月30日、モバイル向け地図情報検索サイト「マピオンモバイル」で、全国16万件の病院を検索できる「こだわり病院検索」を提供開始した。マピオンモバイルに会員登録することにより利用できる。

     

     こだわり病院検索は、病院評判クチコミサイト「QLife」から提供を受けた全国16万件の病院および約7200件の動物病院のデータと周辺地図を、診療科目や最寄り駅、住所、フリーワードなどから検索することができるサービス。

     GPS機能を利用して現在地から近い病院を検索することもできるほか、病院までのルート検索や電車での乗換経路検索機能も提供する。

    http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20400814,00.htm?ref=rss

    説明されていることが事実で、さらに高い精度が得られるならなら強力なサービスだ。

    『行動ターゲティング広告では、ユーザーの過去の行動履歴をもとに最適な広告を配信する。しかしKauliの言うコンセプトマッチ広告では、ユーザーが広告を配信するサイトを訪れた時点でどういった意図や目的を持っているかを分析し、最適な広告を配信するのだという。「特許出願しているため具体的な説明はできないが、リファラーやクッキーなど、想像できるものはすべて使っている」(Kauli代表取締役の蛯原健氏)...』

    http://v.japan.cnet.com/news/article/story/0,2000067548,20399668,00.htm

    『フォリフは9月9日、求人情報のバーティカル検索サービス「JobTarget」を公開した。
    JobTargetでは、15の求人情報サイトをはじめ、ハローワークや企業サイトの求人ページをクローリングしており、約50万件の求人情報を検索できる。検索には、キーワードと勤務地をフリーテキストで入力する。検索結果画面の左側には給与や職種といった絞り込み条件が表示されており、詳細な条件での検索が可能だ。

    検索する際のキーワードには、業種や職種のほか、スキルや会社名などを利用できる。たとえば、特定のプログラミング言語の名称入力して、その言語を使用する求人を見つけるといった使い方や、「店長候補」「初心者歓迎」といった文言での検索もできる。検索結果は、検索のログや行動履歴を元にターゲティングを行うことで精度を高めている。また、クロール元サイトの情報は約1日で検索に反映される仕様で、クロール元サイトで募集が締め切られた求人については速やかに検索結果から外れるのだという。そのほか、最新の検索結果をメールで送信するサービスも提供する。』

    http://v.japan.cnet.com/news/article/story/0,2000067548,20399655,00.htm


    キーワードをたくさん並べるよりも、1枚の絵のほうがよく分かることがある。(米国時間9/14)のTechCrunch50では、Microsoftの上級副社長Yusuf MehdiがBingのビジュアル検索機能を発表した。それは結果を、画像の対話的なギャラリー(画像の集まり)として返すのだ。

    http://www.hebiflux.com/blog/2009/09/15/bing-visual-search-en-silverlight/

    大手インターネット検索エンジン、痛手を被るのか....

    『イスラエルの上場企業、Netex Corporationの若きCEO、Aviv Refuahは、自身が設立した会社で開発したインターネット検索オプションの米国特許を取得することに成功した。Google、Microsoft、Yahooら大手インターネット検索会社が、今後この技術を使うためには、ロイヤルティーを払わざるを得なくなる可能性が高い。Rufuahは12年前、わずか17歳で会社を立ち上げた人物で、この特許やその報酬の可能性を過大評価しないよう慎重な態度を見せているが、それでも昨日(米国時間9/7)、同社の株価は急騰した。』


    http://jp.techcrunch.com/archives/20090908israeli-company-lands-us-patent-that-could-make-internet-search-giants-pay/


    ここ数ヵ月の間に、多くのリアルタイム検索エンジン(ScooplerTopsyCollectaCrowdEye)が登場したが、その殆どが失速状態という。

    『OneRiotが注目され始めたのは、去る5月にTwitter検索のリンクを追加した時だった。しかし、検索件数が本格的に伸びたのは、同サービスがAPIを公開し、リアルタイム検索を他のサイトがウェブアプリやサイトの一機能として使えるようにしてからだ。OneRiotのAPIパートナーには、Microsoft(IEにバンドルされる場合もある)、ブラウザーアドオンのYoonoとShareaholic、デスクトップアプリのNambuやEventBoxをはじめ、40社が名を連ねる。』

    http://jp.techcrunch.com/archives/20090905as-other-real-time-search-engines-fizzle-oneriot-gets-some-early-traction/

     「QLifeお薬検索」では、情報を毎週更新し、よく使われる141社、約9000の医薬品に関する作用や副作用情報を写真付きで網羅。情報のベースは、くすりの適正使用協議会が開発した「くすりのしおり」のデータを利用している。

    http://markezine.jp/article/detail/8244
    HOME 次のページ
    Copyright © Augmented Reality & Virtual Reality World | 拡張現実と仮想現実の世界 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    /