忍者ブログ
In this blog, using augmented reality applications, services and technologies are introduced (拡張現実のアプリケーション、サービス、事例を紹介)
2014 . 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • InsideAR 2014 - Munich

    InsideAR Munich, October 29 & 30, 2014 by metaio
    AD
    AR Conference

    14th of November, 2014 / The 1st Innovative Conference on Augmented Reality Technology “AR Conference”
    SAE 2014 AR/VR Technologies Symposium

    SAE 2014 Augmented and Virtual Reality (AR/VR) Technologies Symposium November 18-19, 2014 Dearborn/Detroit, Michigan, USA
    The Augmented Reality Show 2015

    Tuesday, 10 March 2015 at 08:30 - Wednesday, 11 March 2015 at 17:30 (GMT) London, United Kingdom
    AWE 2015

    AWE 2014, June 8-10, 2015 - Santa Clara in California (Now Register for AWE 2015!)
    AD
    Profile
    NAME:
    Etsuji Kameyama (亀山悦治)

    Profile:
    生活そのものや表現をより豊にするAR技術は世界中で活用されています。このブログではARに関する事例や技術を中心に紹介します。(私は、ナレッジワークス株式会社でARの企画・開発・ディレクションを担当しています)

    The AR technology that does life and the expression more richly has been used all over the world. It introduces mainly the case and the technology concerning AR in this blog. (I am taking charge of the project, development, and the direction of AR in Knowledge Works Inc. )

    -亀山が関係しているARサイト...AR site where relation of Kameyama
    - twitter (@kurakura)
    - facebook (ekameyama)
    - LinkedIn (Etsuji Kameyama)
    - ITmediaマーケティング
    - SlideShare (ekame)
    - paper.li (kurakura/ar)
    - YouTube (ekame)
    - myspace Music (KURA KURA)
    - The 25 Most Tweeting About AR
    - flickr (KURA KURA)
    - Twitter most popular
    - AR Mind Map
    - AMeeT-拡張現実の紹介
    - デジタルサイネージとAR
    - Capital newspaper
    - Pingoo
    - Youtube AR channel
    Ninja Search
    Google Search
    カスタム検索
    Contact me 問合せはこちら
    AR活用相談、AR関連セミナー講師などの依頼についてご連絡ください。
    SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
    AD
    TopHatenar
    Amazon検索
    Present number of visits
    Counter
    プレスリリース・広告掲載について
    [Japanese] AR関連サービスのプレスリリース(無料)、広告(有料)掲載を希望される企業/グループ/個人の方は、ekame@msn.com 宛にご連絡下さい。 [English] If you wish to AR on press releases related services, ekame@msn.com please contact email to.
    砂というアナログな素材とKinect+プロジェクター=プロジェクションマッピングにより、地上戦のためのシミュレーションを行う装置が開発されている。遊びだけではなく、このような場面でも拡張現実の技術の導入が始まっている。





    The Augmented REality Sandtable (ARES) proof-of-concept is a traditional sandtable, filled with play sand, augmented with a commerical-off-the-shelf projector, LCD monitor, laptop, and Microsoft Kinect. The Kinect senses user gestures, changes to the sand “terrain,” and potentially, verbal commands as forms of user interaction. ARES projects moving military units, terrain features, and other data onto the sand.

    Payoff: 
    Improved battlespace visualization.
    Decreased time to author 3D terrains and scenarios.
    Increased student engagement / retention levels.
    Joint / Coalition Wargaming and Mission Planning through networked ARES tables.

    (via http://youtu.be/8tPY-qbrfgo)
    PR
    立体物をそのまま認識できるAR技術がそろそろ本格的に利用できるようになりそうだ。ここでは、戦車の外観をiPadのカメラでかざすだけで、車輪のネジを外す方法などが分かるメンテナンス用のARのデモが紹介されている。



    Bronze Software Labs Augmented Reality natural feature tracking, demonstrationed on a 1965 Leopard Battle Tank

    (via http://youtu.be/c9v8PAuj6Io)
    自動車模型の内部構造をインタラクティブな操作で見られたり、疑似的に模型を走行させる様子を見ることができる、「オートメカニカ2014」 で展示されたデモストレーションビデオ。白色の模型本体を立体認識し、さらにトラッキングすることは技術的に難しい。この展示会では、それを実現しているのだろうか。それとも模型の下に置かれた模様を認識している?

     


    (via http://www.re-flekt.com/en/brand-communication-distribution/176-automechanika-augmented-reality-en)



    Read more about it: http://goo.gl/ufuKkn

    The video shows different content from Bosch for the Automechanika fair. It is a great example how to use Augmented Reality for workshops, in marketing and sales, as well as for training purposes.

    (via http://youtu.be/A60iijmReCs)
    現在、サンフランシスコでクアルコムのイベント Uplinq2014が開催中だが、そこでも発表されるであろう、ウェアラブルの事例が公開されていた。最高レベルの画像認識ARトラッキング技術をもつVuforia が HMD(ヘッドマウントディスプレイ)端末に対応する。これにより、 ハンズフリーの立体認識によるARマニュアルなどが実現可能となる。この秋からβが公開されるようだ。







    The Qualcomm® Vuforia™ mobile vision platform will empower developers to build augmented reality (AR) applications for a new generation of digital eyewear with the announcement of the Vuforia SDK for Digital Eyewear. This new SDK will allow interactive digital content to be visually aligned with the underlying world as viewed through a new generation of stereoscopic, see-through digital eyewear, such as the Samsung Gear VR Innovator Edition, the Epson Moverio BT-200, and the newly announced ODG R-7. The SDK will be available this Fall as a beta for a select group of developers. Learn more and apply for our beta program at http://vuforia.com/beta

    Learn more about the award-winning mobile vision platform from Qualcomm at https://www.vuforia.com/
    To get started developing with Vuforia visit https://developer.vuforia.com/
    Connect with us on Twitter at https://twitter.com/vuforia.


    その他Vuforia fall 2014 - 立体認識のARデモストレーション等

    (via https://www.youtube.com/watch?v=vfCQWjI9sYc&linkId=9668332
    )
    手に付かない、水を使用しない、でも本物の砂場以上に楽しむことができる。「えーでる すなば」。プロジェクションマッピングやセンサーの技術により、砂の高低により山や海を表現する映像が自然にマッピングされるようになっている。最近は公園で砂遊びというシチュエーションは少なくなっているが、砂に触れて造形する楽しみは世代を超えて共通だ。







    絵がでる不思議な砂遊び!!
    お子様が大好きな砂遊びが、映像技術との連動で進化!
    公式HP http://edel-sand.sega.jp/


    似たような事例は2012-2014年に海外でも存在している点にも注目したい。
    マイクロソフトのKinectの3Dカメラ、プロジェクタ、シミュレーションと可視化ソフトウェアを使用して、火山の噴火や川の流れを拡張現実環境上で構築する未来的なサンドボックスを開発した。 Vrui VR開発ツールキットとKinectの3Dビデオ処理フレームワーク、GNU General Public Licenseで実現された。
    (via http://development.blog.shinobi.jp/Entry/8017/)


    (via http://twistedsifter.com/2014/04/futuristic-sandbox-lets-you-build-volcanoes-and-rivers/)
    (via http://weburbanist.com/2014/04/17/augmented-sandbox-realtime-3d-topographic-landscaping/)


     

    Project home page: http://idav.ucdavis.edu/~okreylos/ResDev/SARndbox

    The sandbox is based on the original idea shown in this video:http://www.youtube.com/watch?v=8p7YVqyudiE

    (via http://development.blog.shinobi.jp/Entry/6623/)
    何かとARで採用されやすい初音ミク。今回は缶コーヒーなどを発売するジョージアと初音ミクがコラボ。「デジ×リアキャンペーン」が9月15日から始まった。

    「GEORGIAエメラルドマウンテンブレンド 至福の微糖」についているネックPOPをスマートフォン用AR(拡張現実)アプリ「HATSUNE MIKU AhR」で読み取ると、ミクの特別なAR(拡張現実)ライブが見られるというもの。 さらにネックPOP裏面のシリアル番号を同アプリに入力することで限定のモデルやモーション、背景などのアイテムがもらえるようだ。また、シリアル番号を3つためると、抽選で1000人にミクの限定ピクチャーレコードが当たる。キャンペーン期間は11月30日まで。

     
    特設サイトは、こちら


    こちらは、7月15日から初音ミクとコラボしたロート製薬の目薬「ロート デジアイ」。専用ARアプリを使ってミクのARライブを楽しめる。スマホのカメラを目薬のパッケージにかざすと、画面に初音ミクが現れてライブを披露してくれるというもの。売り切れ店が続出という噂。手に入り難い貴重品となりつつあるが、ここからPDFをダウンロードすると自分で組み立てることもできる。




    特設サイトは、こちら
    2014年9月に開催されたISMAR 2014で公開されたオブジェクト認識技術のデモストレーション。立体物の認識はすでに幾つかの企業が実現しているが、光と影の表現がとても精細だ。

     

    Video presentation for our work presented at ISMAR 2014 in Munich

    TITLE
    Recognition and Reconstruction of Transparent Objects for Augmented Reality

    LINK
    Paper: http://www.cs.bris.ac.uk/Publications...

    ABSTRACT
    Dealing with real transparent objects for AR is challenging due to their lack of texture and visual features as well as the drastic changes in appearance as the background, illumination and camera pose change. The few existing methods for glass object detection usually require a carefully controlled environment, specialized illumination hardware or ignore information from different viewpoints.

    (via https://www.youtube.com/watch?v=xStNC1VBR1Y&feature=youtube_gdata)
    拡張現実といえば、家具配置シミュレーションというイメージを持っている人も多いことだろう。ここでは、もう一歩先に進んだ業務で利用できる配置シミュレーションのデモビデオだ。



    Juice AR is a service created and delivered by Juice, providing our clients with a revolutionary and competitive edge, this unique sales tool brings sales and interaction together to ensure your clients will be impressed. This video is a preview of the service that we can provide.

    (via https://www.youtube.com/watch?v=hglMnwBCmpA&feature=youtube_gdata)
    Longfellow Elementary School の廊下には、各生徒が描いた自画像が掲示されている。iPadのカメラをその絵にかざすと、それぞれの絵に対して自己紹介が映像で飛出してくるというARを実施している。新しい技術を自然に使用することを学べるこはとても良いと思う。ここでは、教育分野で多く利用されている、HPのARアプリ Aurasma が採用されている。



    See how Longfellow Elementary School students leveraged technology to bring their self portraits to life and share their excitement for the upcoming school year.

    (via https://www.youtube.com/watch?v=DTLffqB922k&feature=youtube_gdata)
    ARは特別なことで利用されるだけではなく、気軽に導入が可能となっている。沖縄県立博物館・美術館 エントランスに貼られたポスターにiPadのカメラをかざすとそのポスター画像を認識してARのARTが楽しめるようになっている。採用されたARは、ドイツのmetaioが提供するjunaioというARアプリ。



    OKINAWA PREFECTURAL ART MUSEUM
    ARTISTIC PROGRAM
    Augmented Reality
    ART × 拡張現実

    Date : 2014.9.12(Fri) - 11.9(Sun) (The term of Ansei Uchima exhibition)
    Place : Okinawa Prefectural Art Museum Entrance Hall 
    Organizer : Okinawa Prefectural Museum & Art Museum
    Cooperative Planning : Lexues Inc.

    会期:平成26年9月12日(金)~11月9日(日) ※内間安瑆展会期中
    会場:沖縄県立博物館・美術館 エントランス 内間安瑆展屋内ターポリン前
    主催:沖縄県立博物館・美術館
    共同企画:株式会社レキサス

    ※The AR is provided at the entrance hall only. AR(拡張現実)体験の提供はエントランスのみとなります。

    (via https://www.youtube.com/watch?v=JcA3xA3JLtY&feature=youtube_gdata)
    SAPは、大型の倉庫でのAR活用をかなり前から検証してきた。いよいよ、そのシステムの販売が開始されるようだ。ヘッドマウントディスプレイの装置は、検証段階ではVuzix製などを用いていたが、Googla Glass やその他のメーカーの製品も視野に入れているようだ。ARの画像認識技術や音声による操作・検索、サーバへのデータ問い合わせや情報更新により、正確で効率の良い業務が行える。



    Image your service and asset management force working handsfree while you give them the content and contextual tools they need to complete their jobs quickly, safely, and on the first visit. SAP is working with smart eyewear company Vuzix to incorporate technologies like augmented reality, computer vision, and simultanious localization and mapping into wearable computers for your enterprise. 
    Visit www.sap.com/mobile to learn more.

    (article http://www.computerworld.com/article/2603680/sap-to-release-ar-apps-on-android-wear-for-smart-glasses-in-the-workplace.html)

    (article http://www.marketwatch.com/story/newsbyte-sap-to-showcase-new-augmented-reality-apps-at-super-mobility-week-powered-by-ctia-2014-09-08)


    仮想メイクアップは過去にも、サイネージやアプリで沢山公開されてきたが、実用面で満足できりものは少なかった。しかし今回パナソニックが公開したこの事例では、自然なイメージで1970年代のプリンセスに変身してしまうことができるようだ。部位を変えることもできるようになっている。そろそろ実用化が始まりそう。



    It was going to be either me or my male colleague. That's a lie: It was absolutely going to be me. It was my last day at IFA, Europe's biggest technology show, and Brad Molen and I were sitting inside a sparsely decorated smart home that Panasonic had built in the middle of the demo area. Panasonic needed a volunteer to sit in front of its prototypical smart mirror, which applies digital "makeup" so you can sample new looks. I exchanged a look with Brad, imagining his bearded cheeks with blush on them. Then I sat down and agreed to let a machine tell me everything that was wrong with my face.

    (via http://www.engadget.com/2014/09/06/panasonic-smart-mirror-hands-on/)
    新聞紙面とAR(拡張現実)の親和性は高く、日本の多くの新聞社でも採用されているが、ドイツなど世界各国でも同様の流れがある。ここでは、ドイツで有名な番組「世界の明日」で紹介された新聞連動のARを紹介する。



    Leeor Engländer (DIE WELT) erklärt uns DIE WELT von morgen

    (via http://youtu.be/obBxR5k-yVE)
    ARのアプリ開発はソリューション開発では一歩先を進んでいるDAQRI社から、実用性を感じされるHUD(ヘッド・アップ・ディスプレイ)が発表された。HMDやHUDは、見た目のスタイリッシュなデザインが先行しており実用性を感じさせるものが少なかったが、これは業務支援などで使えそうな印象だ。

     

     





    Why did we build DAQRI Smart Helmet? DAQRI’s executive team discusses the impetus, hardware features, software tools, and use cases of the DAQRI Smart Helmet. To learn more, please visit hardware.daqri.com/smarthelmet Get the brochure: daqri.com/SmartHelmet-Brochure

    (via https://www.youtube.com/watch?v=qIU456jtkmw&feature=youtube_gdata)
    シドニーの街に出現したサイネージは、行きかう人々の足を立ち止まらせた。背景の景色と同化させることで、まるで向こう側に実際に嵐がせまっているように見える体験を提供した。最近この手法のプロモーションが世界各地で採用されている。


    To promote the release of Into the Storm, we decided to bring the storm to Sydney’s streets.

    We turned an unsuspecting piece of street furniture into the eye of an unexpected storm. Using augmented reality technology the panel was transformed into a window through which pedestrians could watch a storm unfold, filled with thunder striking local buildings, and cars crashing down to earth.

    Into The Storm (2014) In Cinemas Now
    Follow Roadshow Films online: 
    Film news and releases to you first: http://facebook.com/roadshowfilms
    Weekly competitions and trending film buzz: http://twitter.com/roadshowfilms
    Exclusive Behind The Scenes Images: http://instagram.com/roadshowfilms

    The film sees a group of high school students document the events and aftermath of a devastating tornado. Directed by Steven Quale, starring Richard Armitage, Sarah Wayne Callies and Jeremy Sumpter.

    (via https://www.youtube.com/watch?v=NnuUzYcUNvE&feature=youtube_gdata)

    話題のOculus Rift 2 と 性能が向上した Leap Motionを組合せて実現された仮想空間を手や指の動作でコントロールして楽しむ様子が見られるデモが公開された。インタラクティブな操作を行う ために Leap Motion と組合せている。PCを除くハードウェアは総額でも10万円以下。アイデア次第で素晴らしいコンテンツが制作できる。



    In this video I tape my Leap Motion to my Oculus Rift DK2 and try out some examples that were released then the V2 SDK was available! So much fun with augmented reality and interacting within a 3D environment! Warning: may contain balls!

    If you like the video, please give it a thumbs up, subscribe and share it with your friends on Twitter and Facebook!
    Thanks for watching, see you next time!

    Stuff shown in the video ▼
    Leap Motion: http://www.leapmotion.com
    Robots VR: http://developer.leapmotion.com/galle...
    VR Intro: http://developer.leapmotion.com/galle...
    City Visualizer VR: http://developer.leapmotion.com/galle...
    Plasma Ball VR: http://developer.leapmotion.com/galle...
    Image API Sample: http://developer.leapmotion.com/galle...
    Ragdoll Thrower: http://developer.leapmotion.com/galle...
    Oculus Rift Website: http://www.oculusvr.com/

    (via https://www.youtube.com/watch?v=uNa9C8cfkiM&feature=youtube_gdata)




    (via http://nge.jp/2014/09/05/post-5051/robird01)

    農作物や空港などへの鳥の被害を防ぐための救世主がオランダで登場。肉食の鳥そっくりのリモートコントロールロボットで追い払うというもの。このRobirdが現れると、その周辺の鳥たちは、自然界と同様に反応し、その領域から離れて農作物の被害を守ることができるとのこと。

    Robird Peregrine Falcon from Clear Flight Solutions on Vimeo.


    ドイツの遊園地のジェットコースターでは、実際にジェットコースターに乗った状態で話題のVR装置オキュラス・リフトで異次元の世界を体験できるというものだ。景色はすべてバーチャルで構成されジェットコースターの動作にともなうさまざまな世界を体験することができる。





    In February 2014, I approached the german roller coaster manufacturer Mack Rides with the idea of extending a real roller coaster by wearing an Oculus Rift headset during the ride. I was wondering if it would be possible to replace the real environment by a synchronized virtual ride. And, as I'm working as a professor at the University of Applied Sciences Kaiserslautern in the department of Virtual Design, I thought this could make for a great topic for this year's virtual reality project. At Mack Rides, they also saw the potential and entered this ground-breaking cooperation project with me and my students, providing us two roller coasters for research and testing (Blue Fire and Pegasus in Europa-Park). Then, on April 7th, we actually became VR coaster pioneers – being the very first people to experience an Oculus Rift VR-ride on a real roller coaster, synchronized to the real track. On that day, we all felt that we were laying the foundation of something very big.

    (via http://vr-coaster.com/)



    http://www.vrcoaster.com
    Due to popular demand, we're showing some onride footage of the first VR Coaster demos for the "Blue Fire" roller coaster.
    To create these early demonstration rides, assets from Blood Roofs and the upcoming 3D sequel to Spooky Hoofs have been used.

    (via https://www.youtube.com/watch?v=ZZoDcljx07w&feature=youtube_gdata
    )
    最近日本では話題が少なかったテレパシーワンだが、着実に製品化を進めているようだ。意外としっかりした造りのように見える。眼鏡をしてたら、装着した時の安心感がありそうだ。





    (via https://www.youtube.com/watch?v=c5JD4NIK0mQ&feature=youtube_gdata)

    Leap Motionは、Windows PCやMAC用にUSB3.0で接続し、安価にも関わらず高度な技術を提供し、未来的なジェスチャコントロールを実現した。これはこれで面白いのだが、さらに話題のOculus Rift V2 に接続することにより、バーチャール空間に自分の手や指の動きを影響させることが出来る。そのデモストレーションビデオを紹介。




    Oculus Rift と Leap Motion を連動させると、こんな風に仮想世界を手で操作できるようになる  


    Oculus Rift へ Leap Motion を取り付ける方法


    article http://www.gizmodo.jp/2014/08/vr_3.html
    次のページ
    Copyright © Augmented Reality World | 拡張現実の世界 | development memo for ourselves All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]北海道 北海道