このブログは、拡張現実 及び 仮想現実 が使用された最新の情報と事例などを掲載しています。---This blog publishes latest information and the case where AR (Augmented Reality) and VR (Virtual Reality) are used, etc.
2016 . 05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 7th AWE USA 1-2 June 2016

    The next AWE will take place on 1-2 June, 2016 in Santa Clara, California.
    LiveWorx 2016

    LiveWorx 2016 / June 6 - 9,2016
    Profile
    NAME:
    Etsuji Kameyama (亀山悦治)

    Profile:
    拡張現実(AR)や仮想現実(VR)の技術は、BtoC・BtoBの分野での活用が始まっている。このブログではAR、NUI、各種センサーに関わる最新の事例や技術を中心に紹介。
    ARやVRのシステムやソリューションの導入を検討されている方は、こちらか、私までご連絡ください。エンターテーメント分野、印刷分野、家具や機器の配置シミュレーション、操作支援、などへの技術選定、アプリケーション開発、運用、コンサルテーションに対応します。

    -私が関係しているサイト
    - twitter (@kurakura)
    - facebook (ekameyama)
    - LinkedIn (Etsuji Kameyama)
    - ITmediaマーケティング
    - SlideShare (ekame)
    - paper.li (kurakura/ar)
    - YouTube (ekame)
    - myspace Music (KURA KURA)
    - The 25 Most Tweeting About AR
    - flickr (KURA KURA)
    - Twitter most popular
    - AR Mind Map
    - AMeeT-拡張現実の紹介(ニッシャ印刷文化振興財団)
    - デジタルサイネージとAR(デジタルサイネージ総研)
    - Capital newspaper
    - Pingoo
    - ARペイドコンテンツ(ペイドコンテンツ研究会)

    インターネット学校「スクー」の90番目の講師
    ARアプリaug!(オーグ)
    インタラクティブで高精細なARコンテンツまで幅広く対応ができる、AR(拡張現実)アプリaug!(オーグ)
    ぬりえAR daub(だーぶ)
    塗った「ぬりえ」が飛びだしかのように楽しめるスマートフォン向けの無料アプリdaub(だーぶ)
    Vuforia AR(拡張現実)の紹介
    界中で使用されている高性能なARであるPTC社のVuforia(ヴューフォリア)の活用方法と事例を紹介。
    はじめてのAR(拡張現実)アプリ導入
    ARアプリの基本的な知識から選定方法まで身に付けることができる資料。
    ARグラス NAVERまとめ
    ARグラス NAVER ARグラス NAVER
    ぬりえAR特集 最新事例の紹介
    ぬりえAR NAVER ぬりえAR NAVER
    Contact me 問合せはこちら
    AR活用相談、AR関連セミナー講師などの依頼についてご連絡ください。
    SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
    AD
    Ninja Search
    Google Search
    カスタム検索
    7th AWE USA 1-2 June 2016

    The next AWE will take place on 1-2 June, 2016 in Santa Clara, California.
    TopHatenar
    Present number of visits
    Counter
    感覚デバイス開発

    あらゆる産業において、様々な新規デバイス・システム開発や新規サービスを創り出すべく注目が集まっている。とくにセンサー素子開発やセンサ・センシングシステムなどの研究開発者の方、ロボット開発における感覚器代替分野の研究者の方、関連業界の方々へ。
    よくわかるAR〈拡張現実〉入門

    次世代のプロモーション手法として脚光を集めるほか、エンターテイメントやコミュニケーション、教育や医療のツールとして幅広い活用・発展が期待されているARの世界がよくわかる入門書が電子書籍で登場
    Amazon検索
    Amazon
    AD
    Peronio というアプリを紹介します。公開されてから半年以上経っているこのアプリは、PTCのVuforia を仕様したAR技術と、VR技術のどちらでも簡単に楽しむことができるハイブリッド型となっています。ここでは、子どもが簡単に楽しめるこのアプリを実際に試した様子をレポートします。

    このアプリは、ブラジルのOvni Studio(http://ovnistudios.com) と、Renato Klieger (http://www.renatokg.com)という会社が共同で開発しており、このアプリのオフィシャルサイトは、http://www.peronio.com です。

     
    さて、実際にiPhone6s / iOS 9.3.2 にインストーし、試した内容をレポートしてみました。

    インストール後に起動すると、下記のような起動画面にアプリ名と開発会社が表示されます。 



    アプリが起動すると、3DCGの楽しいメニューが表示されます。左上に BUY という表示がされていますが、無料で遊べるコンテンツも用意されています。



    右下のMAGIC GLASSと書かれたHMDのアイコンをタップすると、VRモードに切り替わりました。 


    ダンボール型のHMDでも問題ありませんが、先日Amazonで3千円程度で購入した、VR SHINECON で試してみることにしました。


    (テポインー)Tepoinn・ 3D VRメガネ 超3D映像効果 3.5- 5.5インチのスマートフォンに適用

    新品価格
    ¥2,800から
    (2016/5/26 22:16時点)


    前面のカバーを開けて、iPhone6sを設置します。(この製品はAndroidでもiOSでも使用できる汎用的なタイプですので、ダンボール製よりも少し高級感やフィット感や微調整を求める場合はオススメです。VR SHINECON と似たような機種もOEMで多々発売されているようですので、よく調べてから購入しよう!)


      

    前面のカバーは、磁石で簡単に貼り付いているだけですので、簡単に外れます。ここを外すと、カメラが露出するため、ARでAR-VRを楽しむことができます。
     

    アプリのサイトから、2種類のマーカーがダウンロードできるので、予め印刷しておこう。


    さて、こちらは、VR SHINECONの1つのレンズから見える状態です(2つのレンズを同時にカメラで撮影できないためこのように撮りました)。メニューが見えています。


    画面をタップすることができないためメニューを操作することができないように見えます。しかし小さなポインターが現れるので、それで操作をすることができます。顔を少し斜めに向け、起動したい箇所に1-2秒重ねると、別の画面が起動します。


    iPhone6sを取り外して画面を見てみました。VRモーはこんな感じです。飛行機の中央の窓あたりに黒い点が表示されています。これが操作ポインターにあたる部分です。


    下記は、ARマーカーを使用してARモードで表示した時の見え方です。


    再度レンズから見た場合の別のゲームです。ケーキの部分にポンターを重ねると、ケーキが積み重なっていく様子を見ることができます。


    Peronioが動画で紹介されていましたので、ぜひこちらも!

    Peronio Pop-up Book - LAUNCH from renato klieger on Vimeo.


    PERONIO is an interactive Pop-up Book like you have never seen before!
    Unlike any other interactive book around, PERONIO wows through the use of virtual reality glasses technology and presents a holographic game-play experience, combining Virtual and Augmented Reality technology into one unique experience that you will never forget!
    It provides the user a never before, seen adventure that the reader can engage in to discover this ultra imaginative Pop-up Book.
    Turn your conventional mobile phone into a “super-special-laser-vision-machine”.
    All you need to do is follow the instructions and enjoy the MAGIC!
    (Official site http://www.peronio.com)
    Google の Project Tango は、リアルタイム3D認識技術を使用し空間内の認識とラッキングが行えることで有名だ。この技術を使用したスマートフォンがLenovoから一般向けに発売される日が待ち遠しい。

    これには、空間そのものを記憶することができる "Area Learning" という機能が採用されている。屋内の3Dマッピングの実現に不可欠なArea Learnigの技術が、Google I/O 2016で発表された。

    空間の認識を行う技術要素としては、PTAM(Parallel Tracking and Mapping for Small AR Workspaces)SLAM(Simultaneous Localisation and Mapping)が有名だが、Project Tango は、2つのカメラ使用した、より高度なハードウェアを採用することで高度な技術を開発することに成功している。

    空間を認識する方式は、特徴点タイプ。方向や深度を計算することができるため空間の計算が行える。


    将来的には建物内の空間をArea Learning で3DマッピングすることでGPSでは出来なかった屋内の位置情報をデータ化することができる。


    連携することで、同時に複数名で同じ空間を共有ことができる
      

    Project Tangoの認識方法は、二次元データを認識するタイプのAR(拡張現実)技術と似ている部分が有る。

    目印となるデータがの状態が常に変わるような部屋は、安定した認識が難しい。


    似たパターンの繰り返しも苦手(認識対象の開始と終了がわかり難いため)


    特徴的な情報が得られない、単色の部屋も苦手

    その他では、強い光や昼夜で光の状態が変わる場合も同様のようだ。

    詳しくは、Youtubeで...


    Motion tracking on a mobile device has already enabled a whole new range of experiences, but what would be possible if your Project Tango device could have a memory? With Area Learning, Project Tango can not only see the space around you, but it can also remember the space around you.

    This opens up a new range of possibilities for Project Tango developers - attach virtual objects to the world that remain in place even when you restart an app, design multiplayer experiences and know the exact location of each player, pause/resume AR/VR experiences, and eliminate motion tracking drift. We go over basic concepts of area learning and best practices for Project Tango developers.
    See all the talks from Google I/O 2016 here: https://goo.gl/olw6kV

    (via https://www.youtube.com/watch?v=NTZZCtmR3OY)
    ルーマニアのブカレストにある Neuropsyhomotric Clinical Rehabilitation Center では、発達障害等の子供たちに対する神経運動のリハビリのため、2014年から新しい方式を採用している。

    子供たちにとってこのような治療はとても過酷で肉体的にも精神的にも苦痛を伴う長い治療となる。しかしこの施設では、バーチャルリアリティー(VR)の技術を使用し、子供たちが遊び感覚で治療を受けることができるようになっている。

    また、治療の経過をデータとして収集し可視化することができるため、より効果的な方法を検討し子どもたちの生活の質の向上に貢献している。

    腕の運動の成果は...


    画面上のキャラクターが動き、達成状態が分かる。


    脚の運動の成果として...


    画面上の自分の分身となるキャラクターが進んでいく。


    映し出された映像に触れると変化するため、次の動作を促す。




    詳しくはビデオで...

    Neuropsyhomotric Clinical Rehabilitation Medical Center for Children “Dr.N. Robănescu” from BTSBIOENGINEERING on Vimeo.

    We are delighted to share this short video that introduces the Neuropsyhomotric Clinical Rehabilitation Center for Children of Bucharest, Romania. The center has a Movement Analysis lab installed in 2014 and a BTS NIRVANA system for the neuromotor rehab based on multisensorial stimulation and immersive virtual reality, installed in 2015. BTS NIRVANA is increasingly used for the treatment of adults and children for its motivational and ludic approach , and the richness of audiovisual feedback.

    For further information on the center read here the news: http://goo.gl/SnKkS1

    北米、ヨーロッパ、およびアジアの山の自然の美しさを体験しながら征服することができるVRコンンテツ。探検しながら景色を楽しんだり、リーダーボード上の最高得点や登頂時間を競うことができる。Crytek社が開発したオキュラス向けの正式なアプリとして公開されている。

    実際のロッククライミングのノウハウが必要となるため、単なるゲームという枠を超えた実践のための訓練にもなるだろう。

    かなりハードな岩壁。ここを登っていくという設定だ。


    どこを掴んだかによって、点数が変わる。


    はしごを登るシーン。


    こちらは、ロープを掴んで進んでいくシーン


    もう少しで頂上だ。


    登りきると、達成感とともに美しい景色を体験することができる。


    詳しくはビデオで...


    Scale new heights in VR and feel the exhilaration of extreme free solo rock climbing. Conquer towering rock formations inspired by areas of natural beauty in North America, Europe, and Asia. Explore and enjoy the view or compete for the highest scores and fastest times on leaderboards. Developed by Crytek and achieved with CRYENGINE™. 
    VR(仮想現実)技術の活用は、あらゆる分野で始まっている。ここで紹介するSolisVRは、サムスンのGearVRを使用した、高齢者ケアのためのVRだ。実際に行くことが出来なかった場所、行ってみたい空間を仮想体験することにより、満足感を提供したり、心を豊かにすることだろう。今後はリアルタイム配信のVRが一般的になってくると、コンサートやイベント会場への参加もできるようになり、より素晴らしい体験を共有することができるようになる。

    高齢者の方にGearVRを装着してもらう。まさか、こんな体験ができるとは生まれた時には考えもしなかっただろう。


    見える世界は、例えばこんな感じ
      

    Solis創立者の1人、 Sally Darlingさん。


    詳しくはビデオで...

    Virtual Reality can be used for many purposes but to bring the world to the rooms of aged care residents that can no longer explore it, is a beautiful thing. We are proud to release Solis, and aim to change the lives of aged care residents across the world. Although not the first use of virtual reality within Aged Care, Solis is the first of its kind for many ways: a hands free application that interacts with the web to make it a dynamic, ongoing experience.
    (via https://www.youtube.com/watch?v=RKM7A5cjguY)
    ケンタッキーダービーは有名なチャーチルダウンズ競馬場のトラックで行われている、アメリカで最もよく知られた競馬イベントの一つ。VRが競馬のライブイベントで採用される初の事例になるという。

    NBC Sports and NextVR to Present 2016 Kentucky Derby Live in VR

    It’s be en a week of announcements in regards to virtual reality (VR) content creator NextVR. So far the company has revealed a partnership with Time Inc. to distribute LIFE VR, and a collaboration with Live Nation to stream concerts and events for the firm. Today NextVR has unveiled another partnership this time with NBC Sports Group, to live-stream the Kentucky Derby in VR.
    (via https://www.vrfocus.com/2016/05/nbc-sports-and-nextvr-to-present-2016-kentucky-derby-live-in-vr/)
    絵画のキャンバスといえば、紙であったり、油絵であれば専用のキャンバスが用いられる。しかし、新たなキャンバスが誕生する。ここで紹介する Tilt Brush は、仮想空間上で立体的なアート作品を創造することができる。



    Tilt Brushは、仮想現実の装置 HTC Vive (バイヴ)で実現することができる。HTC Viveは、PCに接続して動作する装置で、5mx5mのエリアを動き回ることができるハイスペックなHMDである。製品版もすでに販売されている。

     

    Tilt Brushの操作は、ビデオを観る限りではいたってシンプルだ。まず、Viveの基本的な設定を行い、アプリ Tilt Brush を起動する。すると仮想空間上にパレットが表示される。Viveのコントローラで色やデジタルペンなどを選択し、腕を動かすことにより仮想空間上に立体的な作品を創りだすことができる。Tilt Brushは、新しい仮想空間アート分野を生み出したといえる。

    Viveで線を描いている様子(実際は操作本人は自身の姿は見えません)
     

    立体パレットを操作


    洋服のデザインを行っている様子


    仮想空間上に制作した洋服のデザインが保存される(合成イメージだが、このように見えるだろう)


    詳しくはビデオで...


    Official site http://www.tiltbrush.com/
    見本市会場にて、住宅模型を使用したARが実施された。実物の住宅模型本体は認識するための特徴点が不足しているため、認識する面には認識可能な画像マーカーを設置している。このマーカーから相対的な場所にデジタルデータをオーバーレイ表示し、部屋の状態を表示する方式を採用している。

    Augmented Reality Showreel from Exhibit Interactive on Vimeo.

    Using Augmented Reality (AR) software we can show products and systems in an interactive way. We can use real physical objects or printed material to augment CAD, PDF and video content in a memorable way. Imagine what we can do with your product?

    珍しく、個人的な体験レポートです。会社では、EPSON BT-200、BT-2000や、GearVR+Galaxyなどの開発を行っているのですが、個人で持っている端末で気軽に楽しめる商品を購入してみました。

    現在、たくさんのVR装置が販売されていますが、その中でもAmazonでベストセラー1位となっていた、コストパフォーマンスに優れた VR SHINECON を選択しました。

    注文翌日に到着。約3千円という安さですが、箱は結構立派。


    (テポインー)Tepoinn・ 3D VRメガネ 超3D映像効果 3.5- 5.5インチのスマートフォンに適用

    新品価格
    ¥3,299から
    (2016/5/1 21:14時点)


    開封の儀。梱包もしっかり。


    箱から出すと、タッチペンがおまけ?で付いていました。(サイトではFreeと記載されていた)

    顔に装着する部分は、クッションが付いいて、装着感はまずまず。

    ピントを合わせるダイヤルと、距離感を調整するダイヤル付き


    カバーは簡単に開き、スマートフォン装着部分が見える


    装着はとても簡単で、スライドするバネ式。iPhone6s、iPhone5s、GalaxyS3など、ある程度の機種に対応。装着後はダイヤルでピントなどを調整。横にはイヤフォンが通せる穴も付いているため、没入感をさらに高めることができます。


    使用した際の評価
    ・装着感はGearVRまでには届かないが、しっかり装着でき安定感がある。
    ・iPhone6sは見える範囲が少し狭く、没入感が少し足りない感じがした。
    ・装着した際、鼻のあたりに少し光が入りやすいため、塞ぐとなお良い。
    ・実際に試してみたアプリは、下記等。

     Vrse
         http://vrse.com
     NYT VR (ニューヨークタイムズ)
      http://www.nytimes.com/newsgraphics/2015/nytvr/
     Octagon360
      http://www.octagonvr.com
     DIVR
      http://www.divr.jp

    すでに所持じているスマートフォンが使用できる可能性が高いので、GearVRまでは予算が無い場合は良い選択になると思います。
    ぬりえARもどんどん進化している。ぬった状態がリアルタイムにARに反映されるARぬりえ。ここで紹介する STICK MAN は、ディズニーリサーチでも2015年10月に実現性を公開していた方式に似ている。

    STICK MAN by Octagon Studio from Octagon Studio on Vimeo.

    ARt Submission for Augmented World Expo 2016 - Santa Clara.

    Music credit: Niklas Aman - Stronger

    PLEASE WATCH IN HD FORMAT =)

    Inspired by children's stories and illustrations, Octagon Studio presents you a live coloring experience. The Stick Man was created and drawn spontaneously as it came to life. Previously, we may have launched a coloring book to the market that offers augmented reality as a gimmick and uses photo capture to save the colors overlaying the marker. However, the Stick Man implements real time video capture to include the ongoing coloring process above the marker. And, the advantage of live coloring is that we can draw and even erase the colors simultaneously. The Stick Man itself is called so because of the shape of its marker.

    関連記事
    ディズニーがリアルタイムで色を反映するARぬりえを公開 - Live Texturing of Augmented Reality Characters from Colored Drawings

    次のページ
    Copyright © Augmented Reality & Virtual Reality World | 拡張現実と仮想現実の世界 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    /