忍者ブログ
This blog publishes latest information and the case where AR (Augmented Reality) and VR (Virtual Reality) are used, etc. (このブログは、拡張現実 及び 仮想現実 が使用された最新の情報と事例などを掲載しています。
2016 . 02
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 7th AWE USA 1-2 June 2016

    The next AWE will take place on 1-2 June, 2016 in Santa Clara, California.
    Vuforia AR(拡張現実)の紹介
    界中で使用されている高性能なARであるPTC社のVuforia(ヴューフォリア)の活用方法と事例を紹介。
    LiveWorx 2016

    LiveWorx 2016 / June 6 - 9,2016
    AR Conference 2016

    10 MAPTA 2016
    10 марта в Москве состоится специализированное мероприятие в сфере дополненной ивиртуальной реальности – AR Conference 2016.
    ぬりえAR daub(だーぶ)
    塗った「ぬりえ」が飛びだしかのように楽しめるスマートフォン向けの無料アプリdaub(だーぶ)
    2016 Virtual and Augmented Reality Summit

    FEBRUARY 10-11, 2016 HOLLYWOOD, CALIFORNIA
    ARアプリaug!(オーグ)
    インタラクティブで高精細なARコンテンツまで幅広く対応ができる、AR(拡張現実)アプリaug!(オーグ)
    AR, VR, MR の現状と最新事例
    Profile
    NAME:
    Etsuji Kameyama (亀山悦治)

    Profile:
    拡張現実(AR)や仮想現実(VR)の技術は、BtoC・BtoBの分野での活用が始まっている。このブログではAR、NUI、各種センサーに関わる最新の事例や技術を中心に紹介。
    ARやVRのシステムやソリューションの導入を検討されている方は、こちらか、私までご連絡ください。エンターテーメント分野、印刷分野、家具や機器の配置シミュレーション、操作支援、などへの技術選定、アプリケーション開発、運用、コンサルテーションに対応します。

    -私が関係しているサイト
    - twitter (@kurakura)
    - facebook (ekameyama)
    - LinkedIn (Etsuji Kameyama)
    - ITmediaマーケティング
    - SlideShare (ekame)
    - paper.li (kurakura/ar)
    - YouTube (ekame)
    - myspace Music (KURA KURA)
    - The 25 Most Tweeting About AR
    - flickr (KURA KURA)
    - Twitter most popular
    - AR Mind Map
    - AMeeT-拡張現実の紹介(ニッシャ印刷文化振興財団)
    - デジタルサイネージとAR(デジタルサイネージ総研)
    - Capital newspaper
    - Pingoo
    - ARペイドコンテンツ(ペイドコンテンツ研究会)

    スクーの90番目の先生
    ARグラス NAVERまとめ
    ARグラス NAVER ARグラス NAVER
    Game Developers Conference (GDC)2016

    VRDC will take place over the first two days of GDC 2016, which is March 14 - 15 2016, and offer gamers the opportunity to explore and discuss their virtual and augmented reality projects.
    はじめてのAR(拡張現実)アプリ導入
    ARアプリの基本的な知識から選定方法まで身に付けることができる資料。
    Contact me 問合せはこちら
    AR活用相談、AR関連セミナー講師などの依頼についてご連絡ください。
    SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
    AD
    ぬりえAR特集 最新事例の紹介
    ぬりえAR NAVER ぬりえAR NAVER
    Ninja Search
    Google Search
    カスタム検索
    TopHatenar
    Present number of visits
    Counter
    感覚デバイス開発

    あらゆる産業において、様々な新規デバイス・システム開発や新規サービスを創り出すべく注目が集まっている。とくにセンサー素子開発やセンサ・センシングシステムなどの研究開発者の方、ロボット開発における感覚器代替分野の研究者の方、関連業界の方々へ。
    よくわかるAR〈拡張現実〉入門

    次世代のプロモーション手法として脚光を集めるほか、エンターテイメントやコミュニケーション、教育や医療のツールとして幅広い活用・発展が期待されているARの世界がよくわかる入門書が電子書籍で登場
    Amazon検索
    AD
    AR技術の基礎・発展・実践
    アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」に登場する特殊拳銃「ドミネーター」の実物大玩具を3月に発売することをCerevoが発表した。自動変形機構を備え、LED発光やタッチセンサ制御、「犯罪係数」を測定する機能も再現しているというからマニアには堪えられないだろう。もちろん発砲は不可能だ。



    ドミネーターを人の顔に向けると、その相手の犯罪係数を測定して結果を音声で読み上げ(本当に計測するわけではない)、ドミネーターの先端に搭載したカメラの映像を専用スマートフォンアプリでストリーミング再生して測定した犯罪係数と合わせて表示することもできるという。


    (CNETより引用:http://japan.cnet.com/news/service/35077473/)
    PR
    ウェアラブルデバイスを装着して用意された特別なシートに座ると、まるで現実のような体験を仮想空間状で感じることができるトヨタのデモ。



    詳しくはビデオで...

    TOYOTA TV Ad + Virtual Reality from RimskyMusic on Vimeo.

    TV AD. Sound design by RimskyMusic.
    Client: Toyota
    Agency: Del Campo Saatchy&Saatchy
    Production Company: Agosto
    VR Installation: Antiloop

    手に装着して指を動かすと、物理的ばロボットの手やデジタル空間の手を操作することができるというもの。仮想空間上での自然な指の動きや遠隔でロボットを操作することが出来ることになる。

    仮想空間の手を動かす


    現実空間のロボットハンドを動かす



    詳しくはビデオで...

    Meet the Robotic Glove That Lets You Feel Virtual Objects from Futurism on Vimeo.

    This device incorporates haptic feedback, so you can feel various objects in the virtual world, and any hand gesture you make is instantly sent to your VR device.

    観る人の視点やタイミングにより、そのドアの先の世界がさまざまな状態に変化する。不思議な世界への入り口を体験することができる。



    詳しくはビデオで...

    DOORS, between reality and virtuality from THÉORIZ on Vimeo.

    "If the doors of perception were cleansed, everything would appear to man as it is, infinite." - William Blake

    Doors is an ongoing research work from our R&D department.

    Between reality and virtuality, we are playing with the feeling of perception and infinite space. In this setup we had a real time anamorphic custom software computing the perspective of the nearest person. Through a 4 channel immersive and 3D spatialized sound, people could experience and discover virtual audioreactive landscapes by simply moving in space.

    www.theoriz.com

    いよいよ発売が開始間近のマイクロソフト社のフォロレンズ。利用方法としては複数のメンバーが見る空間を共有するミックスド・リアリティに近いものを感じる。

    コンセプトビデオの一部を紹介 --- フォログラムのように見えるという。


    詳しくはビデオで...

    i-Showroom concept from Ramakrishna on Vimeo.

    ishowroom, virtual & augmented reality & holo lens for car sales,

    トルコ イスタンブール で開催された、デジタルイベント「Codemodeon Showreel 2015」。ユニークな展示がたくさんあるが、その中でもユニークなのは脳波でカップルの相性を可視化するゲーム。

    頭に脳波を検知する装置を装着


    サイネージの前に立つと、二人の愛が深いかどうかが判定される?
      

    こちらではサイコキネシスを実現?


    詳しくはビデオで...

    Codemodeon Showreel 2015 from Codemodeon on Vimeo.

    Official Site http://www.codemodeon.com/

    プロジェクションマッピンッグの定番といえば建物だが、ここで紹介するビデオは展示してある自動車本体へのマッピングだ。自動運転にも取り組むテスラモーターズがパナソニックの技術により実現した。





    詳しくはビデオで...

    TESLA car video projection mapping from Ross Ashton on Vimeo.

    Video projection mapping created for the PANASONIC exhibition stand.

    Vuforia(ヴューフォリア)が Qualcomm(クアルコム) から PTC(ピーティーシー) に移ってから初のイベント ThingEvent が開催された。今後どうなってしまうのか...と一時期心配されていたVuforiaだが、ThingEvent (日本時間2016年1月28日 PM11:00 にインターネット上でリアルタイム配信) を観て、その心配が吹き飛んだことだろう。しかし、短期間でここまで進化していたとは...

    このイベントでは、IoTとARの関連性を強調していた



    Vuforia の体験を紹介 --- 従来の取り組み



    クアルコム時代ではすでに有名企業での利用実績が多い...プロモーションや販売支援アプリなど


    玩具


    エンターテーメント利用


    商品のブランディング


    配置シミュレーションによる販売支援


    エンタープライズタイプのデモの実演

    そして次は、エンタープライズ利用のデモ紹介。KTM、sysmex、Schneider Electric、CATの4社


    バイクのKTMから .... PTC の MIKE CAMPBELL が紹介



    KTMのエンジニア自らが説明


    タブレットで専用アプリを起動するとカメラ画面になる。
    そして、バイクのある箇所に貼られたマークを見つけて認識。
    (Vuforia用のARマーカーの種類が増えるようだ)


    認識されると、メンテナンスの手順をトラッキングしながら3DCGアニメーションで説明


    その手順を見あとに、手順通りスムースにメンテナンス


    次は、PTCの JILL NEWBERG が sysmex の器具のメンテナンス方法を説明



    アプリ起動後に画面から製品を選び、ARマーカー認識後、取り外し方法の3DCGアニメーションが開始される


    トラッキングしながら3Dであるため頭にもすんなり入り、手順が分かり易い


    同じ3DCGアニメーションをODG製のHMDで観ることができるため、ハンズフリーも可能


    次はCATの紹介 --- 可視化イメージがユニーク



    専用のアプリを起動して車体の横にiPadをかざすと認識され...


    部品の取り外し方法や注意点が画面上に表示される


    タイヤや交換部品などの状態を可視化(こちらはコンセプトビデオ?)
    IoTなどで集取されたデータを使用してARで観ることができる


    クアルコム時代でVuforiaの看板男だった JAY WRIGHT の登場



    大きく分けると3種類のデバイスに対応する Vuroira (こちらは従来通り)


    従来から対応している Android と iOS はもちろん今まで通り対応


    そして、なんと Windows10に対応!  これは素晴らしい!


    Suaface Pro4 、Suface Book など... 


    開発ツールは全プラットフォームはUnityでで、WindowsユーザならVisual Studioも使用可能
    2016年の春にリリースされるらしい!


    ここでは、THINGS ! という単語を強調


    あらゆるモノの情報が集められ、その情報に基づいてARというインターフェースを使用して可視化することで、今まで見えなかった(見え難かった)情報を直感的に理解することができる


    バーコードって、いろいろなデザインがあるのは知っての通り


    この春に新しく登場する、VuMarkは、カスタムルックアンドフィールのための設計の自由度を可能にしながら、任意のオブジェクトにユニークなAR体験を提供することができるユニバーサルソリューションとなるから利用されるシーンが増えることだろう


    こんなデザインも実現可能だ


    そのARマーカーは、このように設置するイメージ


    そして、相対的にデジタルオブジェクトがオーバーレイ表示される


    取り外し方法を3DCGアニメーションで観ることができる
      

    ThingXという新しいソリューションも登場


    これは、Thing Browser 、Thing Server、Thng Builder で構成される新しいソリューションのようだ


    LIVE WORX 16 というイベントが 2016年6月6〜9日にボストンで開催される

    行ってみたい!


    さいごに...

    私が所属するナレッジワークス株式会社は、クアルコムのときから Vuforia の preferred developer となっており、日本国内ではVuforia の技術を使用したARアプリ開発の数ではトップクラスの実績がある。このリリースにより、いままで出来なかった新たな取り組みができるようになる。「こんなことできないかな?」という方はぜひご連絡を!
    さすがに室内では飛行機を飛ばすことはできない。シャトルワース・コレクションでは、iPadを使用したARアプリで、歴史的な飛行機が飛ぶ様子や詳しい説明をARで行えるようになっている。

    Shuttleworth AR Installation from Harmony Studios from Harmony Studios on Vimeo.

    Unique Augmented Reality app for the Shuttleworth Collection in the UK and designed to engage with younger audiences. The app format is suitable for museums, attractions and other related venues.

    ラスベガスで開催されたCES2016で、ネクサスインタラクティブ・アーツは、クアルコム向けに拡張現実(AR)技術を使用した「見えない博物館」を提供した。 白色の各展示台には認識可能なユニークな画像マーカが貼られ、その上に白いオブジェクトを配置。一見オブジェクト認識のように見えるが、実際には画像認識AR技術が使用されている。

    Invisible Museum from Nexus on Vimeo.

    Nexus Interactive Arts has created the Invisible Museum for Qualcomm at CES in Las Vegas, featuring a series of exhibits that come to life using Augmented Reality (AR) technologies.

    The Invisible Museum installation uses AR to reveal a digitally augmented 3D world that is symbolic of Qualcomm technology, which is often invisible to the naked eye.

    When visitors enter the bespoke designed museum, 6 striking white exhibits are displayed on plinths against a completely white background; the Invisible Museum.

    Each plinth comes to life when a visitor simply points a mobile device at the piece of art work, immersing visitors in a series of whimsical and colourful animated 3D worlds – a complete contrast to the white space of the real world installation.

    To explore the technologies in more depth the digital augmentation includes hotspots, which reveal further information on the work Qualcomm does.

    The exhibition runs through-out CES and then will be touring across the US and Europe.

    注文してみたら思ったよりお皿が小さかった、逆に大きかったということは誰でも経験があるだろう。メニューには小さい写真や、説明文字と金額しか書いていないからだ。このような場合にARメニューがあると便利かもしれない。お皿の大きさ、料理の量や大きさを目安として見られるから安心だ。

    Realidad Aumentada - Neosentec (demo app restaurantes) from Neosentec on Vimeo.

    Esta es una demostración de una aplicación desarrollada por Neosentec para incluir Realidad Aumentada en forma de cartas virtuales en restaurantes o en catálogos de comida a domicilio. Un ejemplo claro de cómo la realidad aumentada puede mejorar una experiencia.
    www.neosentec.com
    info@neosentec.com

    これから住む部屋には何も家具が置かれていない。その空間には自分が好きな形や色の家具を置きたい。そこで登場するのが、この部屋空間家具配置シミュレーション。部屋の形状を3Dスキャナーで撮影することで3D空間をデータ化することができる。これはHMDを装着して仮想現実技術で実現するか、空間に対するプロジェクションマッピングとAR技術を組み合わせることでも実現できそうだ。

    Peixin Fu_Design for future retail store(Augmented reality) from FUPEIXIN on Vimeo.

    オアシスアカデミーでは、3DCGやAR技術を使用した授業を展開している。3Dスキャン、プログラミング、ARコンテンツの制作など内容は盛りだくさんとなっている。生まれた時からスマートフォンやタブレット、ゲーム機が身近に有る子供達にとって、当たり前のように使いこなせるべき技術となる。日本もこのような新しいことが学べる授業をもっと取り入れていくべきタイミングではないだろうか?

    Every Child Is An Artist: Digital Arts from Mercurial Dance on Vimeo.

    Every Child Is An Artist is a new project created by Mercurial Dance, which aims to develop the skills, ability and imagination of all the children at Oasis Academy Hobmoor.

    Each term we explore different media with the children and different ways to express the themes as we work towards creating a new exhibition, performance or event which we will share with their family, friends and the wider community. The project is delivered by Mercurial’s team of artists, who make and present work professionally; we are experienced in communicating our arts practice in educational settings and this is what enables us to really stretch the children’s imagination and ability.

    The autumn terms theme is Digital, and we are we are creating an Augmented Reality (AR) 3D game, animations, coding and creating drawing robots using LittleBits and Makey Makey technology. We are exploring future and fantasy cities, as we reflect on what it is to grow up in Yardley. AR allows us to add layers of video, images, 3D models and more to the world around us and view it through an ipad app. In our exhibition at the end of this term, friends and family will be able to explore the virtual cities the children create, new inventions and animations by finding and scanning an AR markers across the school.

    With a three year ambition to Every Child Is An Artist, the autumn term is just the beginning. In the spring term the focus is on visual arts and in the summer term, performing arts. As the children progress through the years they will engage and explore what it is to think and work like an artist, to develop their resilience, creative thinking and problem solving. We are using Arts Awards, Discover and Explore to champion and guide the children achievements through the project.

    Mercurial Dance developed Every Child Is An Artist with Oasis Academy Hobmoor and the significance and impact of our creative journey with the pupils can be followed on the school blog www.oasishobmoorblogs.co.uk.

    ここで紹介するアプリは、Windowstylist(ウィンドウスタイリスト)。自宅やオフィスのブラインド、「どの商品のデザインが自分の部屋に合うかな?」「色はどれが合うかな?」、そう頭の中だけで想像してもなかなかイメージがわかない。このアプリを使用すると、それを解決することができる。指定のARマーカーを窓の部分に貼り、このアプリを実行して見ると、あたかもその場所にブラインドが有るかのように見える。

    もちろんだが、予め該当製品はアプリに登録されている必要があるので、何でも表示されるわけではなないのでその点は注意が必要だ。

    このようなアプリを導入したい企業の方々は、既に公開されている汎用アプリを利用するか、アプリ開発会社に相談するとよいだろう。私の会社でも多くのARアプリの開発実績があるのでぜひご連絡を!

    Windowstylist from Unilux BV on Vimeo.

    Windowstylist.
    An Augmented Reality app which gives you the possibility to customize your own windowdecoration real-time!
    The app requires a marker in order to work, which can be downloaded at www.windowstylist.nl



    マンハイム大学(pamb.ipa.fraunhofer.de) と研究機関が、インタラクティブ・ホログラム技術の利用イメージをビデオ化。肉眼でフォログラムが見られ、更にて操作して他の人と共有することができるようになることが果たしてあるのだろうか?それに近い方法として、既に実現可能なAR対応HMD、次はARコンタクトレンズでの実現となるであろう。

    Holografische Software in der Wissenschaft from finnlima on Vimeo.

    Bachelorarbeit im Bereich Motion Graphics
    An der Hochschule Mannheim in Kooperation mit der Projektgruppe für Automatisierung in der Medizin und Biotechnologie des Fraunhofer IPA (http://pamb.ipa.fraunhofer.de)

    Interaktive Hologramme sind der Alltag von Morgen.
    Dieses Bachelorvideo zeigt beispielhaft, wie holografische Software im Biolabor aussehen und verwendet werden könnte.
    Dabei bietet die Software viel Raum zum Forschen und erlaubt es dem Benutzer kreativ, wissenschaftlich und multimedial zu arbeiten.

    Von Eva Cegrinec (http://finnlima.com)

    次のページ
    Copyright © Augmented Reality & Virtual Reality World | 拡張現実と仮想現実の世界 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]