忍者ブログ
In this blog, using augmented reality applications, services and technologies are introduced (拡張現実のアプリケーション、サービス、事例を紹介)
2015 . 04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • Mobile Summit 2015

    The 2nd European Augmented Reality Marketing Conference and AR Business Exchange kicks off on April 29th 2015 Croke Park Conference Centre,Dublin,IRELAND ....and you're invited to take part.
    US Microsoft Build 2015

    Build 2015は4月29日~5月1日の3日間、米カリフォルニア州サンフランシスコのモスコーニセンターで開催される。チケットは2095ドル(約25万円)だが既に売り切れ。
    InsideAR San Francisco 2015

    InsideAR is the premier Augmented Reality Event for industry leaders, tech companies and brands. Open:MAY 20-21, 2015
    Global AR Summit 2015
    Under the success of previous two Global AR Summit, Demand-LED is organizing 3rd annual Global AR Summit 2015 which will be held on May 29, 2015. Leaders and specialists from major companies on the industry chain will be together with us and discuss about market trends, technologies, solutions and applications.
    AWE 2015

    AWE 2015, June 8-10, 2015 - Santa Clara in California
    Profile
    NAME:
    Etsuji Kameyama (亀山悦治)

    Profile:
    拡張現実(AR)や仮想現実(VR)の技術は、BtoC・BtoBの分野での活用が始まっている。このブログではAR、NUI、各種センサーに関わる最新の事例や技術を中心に紹介。
    ARやVRのシステムやソリューションの導入を検討されている方は、こちらか、私までご連絡ください。エンターテーメント分野、印刷分野、家具や機器の配置シミュレーション、操作支援、などへの技術選定、アプリケーション開発、運用、コンサルテーションに対応します。

    -私が関係しているサイト
    - twitter (@kurakura)
    - facebook (ekameyama)
    - LinkedIn (Etsuji Kameyama)
    - ITmediaマーケティング
    - SlideShare (ekame)
    - paper.li (kurakura/ar)
    - YouTube (ekame)
    - myspace Music (KURA KURA)
    - The 25 Most Tweeting About AR
    - flickr (KURA KURA)
    - Twitter most popular
    - AR Mind Map
    - AMeeT-拡張現実の紹介
    - デジタルサイネージとAR
    - Capital newspaper
    - Pingoo
    - ARペイドコンテンツ
    Contact me 問合せはこちら
    AR活用相談、AR関連セミナー講師などの依頼についてご連絡ください。
    SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
    ぬり絵AR NAVERまとめ
    ぬりえAR NAVER ぬりえAR NAVER
    ARグラス NAVERまとめ
    ARグラス NAVER ARグラス NAVER
    Digital Revolution Barbican

    The World's No.1 Forum For Digital Executives Looking to Refine Mobile Strategy / October 05 - 07, 2015
    Ninja Search
    Google Search
    カスタム検索
    AD
    TopHatenar
    Present number of visits
    Counter
    Amazon検索
    感覚デバイス開発

    あらゆる産業において、様々な新規デバイス・システム開発や新規サービスを創り出すべく注目が集まっている。とくにセンサー素子開発やセンサ・センシングシステムなどの研究開発者の方、ロボット開発における感覚器代替分野の研究者の方、関連業界の方々へ。
    よくわかるAR〈拡張現実〉入門

    ☆次世代のプロモーション手法として脚光を集めるほか、エンターテイメントやコミュニケーション、教育や医療のツールとして幅広い活用・発展が期待されているARの世界がよくわかる入門書が電子書籍で登場☆
    ロサンジェルスのアートギャラリー Smart Objects (スマート・オブジェクツ) では、拡張現実技術を使用したとても素敵な前衛的なアートが展示された。壁には記号のような数字が描かれているだけ。そこに専用アプリを起動してカメラを向けると...

    このようなタイプのアート、ぜひ自分でも創作したい!画像認識タイプだけではなく、音や光を織り交ぜることで、壁ではなく空間を活かした不思議な空間アートを創り上げることができる。



    Thursday & Saturday 2-8p
    By appointment: 213-840-9681
    1828 W Sunset Blvd 90026
    info@smartobjects.la

    Smart Objects presents Armory Captures, an exhibition of 3D scans taken from the Modern wing of the 2015 Armory Show.
    4.4.15 – 4.17.15  ~  Opening 7-10p 4.4.15
    (via http://smartobjects.la/)

    LOS ANGELES — At galleries and museums, art is increasingly competing for attention with the needy screens of visitors’ cell phones, but at the Echo Park storefront gallery Smart Objects, staring at your cell phone is the only way to appreciate the art. Their current show “Armory Captures” is an experiment in using free technology to broaden and democratize the art-viewing experience.

    (via http://hyperallergic.com/198851/gallery-uses-augmented-reality-to-exhibit-modern-art/)
    PR
    Recon Jet と言えば、有名なHMDの1つだ。実際に装着して、自転車に乗った使用感をレポートしている。



    De Jet van Recon is een bril met augmented reality en sensoren bedoeld voor sporters. David reed ermee door de stad. Bekijk ook onze andere uitpakparty's: http://bright.nl/uitpakparty En abonneer je op het Bright-kanaal: http://youtube.com/user/brighttv

    (via Bright)
    拡張現実の技術は、TVでの活用に多くの実績がある。ここで紹介するような、広いステージに立ってしまうとスピーカーの姿が小さく見えてしまうため大型画面に写すことが多いだろう。そのカメラをARアプリとつなげることで、ステージには無い巨大な建造物や機器を出現させることができる。とてもインパクトがある効果的なプレゼンになることは間違いなだろう。



    (via wirglobal)
    工場の展示ルームでも、AR&VRは効果的な使用方法がある。実物大で見せる巨大な建物、カタログや実物へカメラを向けることで写真や文字だけでは伝えきれないことを伝えることができる。



    To celebrate the 50th anniversary of Liquefied Natural Gaz, GDF Suez has decided to engage its employees in a memorable augmented reality experience.

    (via Youtube Augment)
    「インダストリー4.0」という言葉は、日本ではまだまだ一部の大手企業が実験的に取り組んでいるだけのように見えるが、ドイツでは当たり前の取組みになりつつあるようだ。このビデオから、Hanover Fair 2015 で開催された見本市でもかなり盛況だったように見える。まずは、HMD(ヘッドマウントディスプレイ)の利用にこだわらず、手が届くところから始めるべきだろう。そう、最初は整理されていないアナログデータとデジタルデータの整理と、重要な手順や技術をビデオやスライド撮影から。そして高度な検索技術が次に必須になる。



    company: Bosch Rexroth AG

    (via ECHOFABRIK Filmproduktikon GmbH)
    画像認識タイプの拡張現実(Augmented Reality)は、まだまだスマートフォン側の性能が追い付いていないと思われているが、実は複数の画像を同時に認識して、それぞれ独立でアニメーションを実行したり、相互に関係性を持たせることもできる。単純に3DCGアニメーションを表示するARから、状態によって変化するタイプへの進化が今年度の新しいカタチになる。実物大ARと組み合わせたら最強だ!



    Shoot 'em before they got your table!

    (via XLazz)
    かざすだけで、ブルーの光が静脈の流れを検索してくれるという画期的な技術。すでに利用が開始されているようだ。



    Evaluation of a patient that tried to treat her spider veins (telangiectasis) with radio frequency (electric ablation). The result was telangiectatic matting. In this video, augmented reality is being used to find feeder veins under resilient spider veins.

    (via Kasuo Miyake )
    オーストラリアのフェラーリが、3DトラッキングのAR技術を使用し効果的なプロモーションを行っている。タブレットにインストールされた専用のフェラーリ用のアプリを起動し、AR認識の状態でフェラーリ本体にかざすことで車体のフォルムを認識してトラッキングが開始される。
    トラッキングされた状態のまま、色替え、ホイル交換、速度に対する風の流れのシミュレーション、内部構造の可視化などが実現されている。今年はVRはもちろん、ARも進化した新しい技術がいよいよ使えそうだ。

    タイヤ部分の構造を分解して見ることができる。実物ではこうはいかない。
     

    フォルムを認識後に本体は、デジタルデータ(3Dデータ)に置き換わっている。表示されたカラーパレットから色を選択すると、色が変わる。
     

    更に詳細に色が変えられるようだ。


    自動者本体が走った時の空気の抵抗を可視化。優れたデザインの根拠が分かることだろう。
     

    このように、最初にフォルムを合わせて認識させる方式


    実物の内側の構造が、まるで透けて見える


    こちらは内部のエンジンの構造が分かる


    部品の部分の動きの詳細を説明する場合、ARよりもVRまたは動画が効果的




    Commissioned by Ferrari Australasia and developed by ZSPACE, this application makes use of the latest 3D tracking technology from Metaio to create the ultimate showroom car experience.
    Commissioned by Ferrari Australasia and developed by ZSPACE (http://www.zspace.com.au/)

    ---articles 
    Ferrari And ZSpace Launch Augmented Reality Showroom
    Ferrari has teamed up with the augmented reality company Zspace to build a dealership showroom tool for tablets, which will allow you to configure a Ferrari while it’s sitting in front of you. This is accomplished with 3D edge tracking, developed by Metaio, allowing you to match up a car on the showroom floor with one of the five Ferrari models for which the program has been written. These are the 2015 Ferrari 458 Speciale and Spider, the F12, the FF and the California. 
    Continue reading to learn more about the new Ferrari Augmented Reality Showroom.
    http://www.topspeed.com/cars/car-news/ferrari-and-zspace-launch-augmented-reality-showroom-ar168847.html
    4/17 の朝日新聞にAudi実物大広告にARアプリ(aug!)をインストールして実行すると、なんと実物大の Audi! A3 が表示される! #チャレンジ実物大 を付けてTwitter 、Facebookに投稿してみよう。
     
    「こんなところにAudi A3が!?スペシャルサイトでコンテスト開催中。Extremeな写真を投稿してAudi A3 実物大ベッドを手に入れよう。」
     




     
    投稿方法:https://www.youtube.com/redirect?q=http%3A%2F%2Faudi-realsize.jp%2F&redir_token=T6FCpIP3gaBL3T-Q7vSInr4oozN8MTQyOTMzNzczNkAxNDI5MjUxMzM2

    (キャンペーンサイト:https://www.youtube.com/redirect?q=http%3A%2F%2Faudi-realsize.jp%2F&redir_token=T6FCpIP3gaBL3T-Q7vSInr4oozN8MTQyOTMzNzczNkAxNDI5MjUxMzM2)
    BMW傘下のMINIが、2015年4月9日(現地時間)、MINIの自動車と連動して使用できる拡張現実技術が採用されたメガネ型の端末 "MINI Augmented Vision" を発表した。発売時期、価格、OS、CPU等は不明ということだが、私は類似した外観の製品を用意しているODG製ではないかと推測している。なぜなら、ODG製の製品には既にクアルコム社製のチップSnapdragon™ 805 が組み込まれているR-6S SMART GLASSESの発売が予定されいるからだ。

    このウェアラブル端末は、カメラ、バッテリー、CPU、メモリなどが組み込まれており、単独で使用できるようだ。カメラを通して表示されるリアルタイムの風景にナビゲーション情報や走行速度などが表示される。死角となり来見えない歩行者などを見えるようにする「X-ray View」という機能も利用できるという。単に楽しんだり情報を表示するだけではなく、事故を減らすことができるならば素晴らしい製品になるだろう。




    (via http://jalopnik.com/minis-newest-concept-is-a-pair-of-augmented-reality-x-1696871095)
     

    Get X-Ray View with MINI Augmented Vision (via MINI) 

    Mini is rolling out a new product, and no, it's not a car. Announced at the Auto Shanghai show, the Mini Augmented Vision is actually a pair of augmented reality glasses that offers up info about your ride in your field of vision. 

    (via http://www.engadget.com/2015/04/09/mini-augmented-vision/?ncid=rss_truncated)




    The following functions will be projected into the field of view with MINI Augmented Vision:
    •Destination entry for navigation and transfer to vehicle: Selecting destination points when outside the vehicle, then transferring them to the vehicle.
    •First Mile / Last Mile: Navigation display from the current location to the vehicle or from the vehicle to the final destination.
    •Head-up display functions: Display of speed, speed limits etc. in the eyewear so the information is in the driver’s primary field of view, with data always shown in same place above steering wheel to make sure that no road users are concealed from sight.
    •Contact-analogue navigation and points of interest: Reality is enhanced by contact-analogue navigation arrows “on” the road, as well as display of points of interest along the route, such as open parking spaces. The driver´s attention can always stay focused on the traffic.
    •Messaging: A small icon is shown in the eyewear when a message is received. The SMS/message can then be read out by the car while driving for safety.
    •X-Ray View / transparent vehicle parts: A virtual view through parts of the vehicle (such as A-pillars and doors) serves to render external areas or objects concealed by the car visible.
    •Augmented Parking: This facilitates parking by projecting the images from a camera housed in the (farside) mirror into the eyewear. In this way, the distance from the curb can be clearly and easily ascertained.

    (via https://practicalmotoring.com.au/car-news/mini-reveals-augmented-reality-glasses/)
    次のページ
    Copyright © Augmented Reality World | 拡張現実の世界 | development memo for ourselves All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]融資 クレジット