忍者ブログ
In this blog, using augmented reality applications, services and technologies are introduced (拡張現実のアプリケーション、サービス、事例を紹介)
2014 . 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • AWE 2015

    AWE 2014, June 8-10, 2015 - Santa Clara in California (Now Register for AWE 2015!)
    ISMAR 2014

    ISMAR 2014 Sept 10-12,20124 Munich, Bavaria Germany
    Qualcomm’s Uplinq 2014
    Sept. 18-19. Qualcomm’s Uplinq Conference at the Hilton Union Square in San Francisco.
    SAE 2014 AR/VR Technologies Symposium

    SAE 2014 Augmented and Virtual Reality (AR/VR) Technologies Symposium November 18-19, 2014 Dearborn/Detroit, Michigan, USA
    Digital Revolution Barbican

    Upcoming exhibition Barbican Centre 3 July – 14 September 2014 - Discover the rise of digital creativity across the arts in this immersive exhibition
    The Augmented Reality Show 2015

    Tuesday, 10 March 2015 at 08:30 - Wednesday, 11 March 2015 at 17:30 (GMT) London, United Kingdom
    AD
    Profile
    NAME:
    Etsuji Kameyama (亀山悦治)

    Profile:
    生活そのものや表現をより豊にするAR技術は世界中で活用されています。このブログではARに関する事例や技術を中心に紹介します。(私は、ナレッジワークス株式会社でARの企画・開発・ディレクションを担当しています)

    The AR technology that does life and the expression more richly has been used all over the world. It introduces mainly the case and the technology concerning AR in this blog. (I am taking charge of the project, development, and the direction of AR in Knowledge Works Inc. )

    -亀山が関係しているARサイト...AR site where relation of Kameyama
    - twitter (@kurakura)
    - facebook (ekameyama)
    - LinkedIn (Etsuji Kameyama)
    - ITmediaマーケティング
    - SlideShare (ekame)
    - paper.li (kurakura/ar)
    - YouTube (ekame)
    - myspace Music (KURA KURA)
    - The 25 Most Tweeting About AR
    - flickr (KURA KURA)
    - Twitter most popular
    - AR Mind Map
    - AMeeT-拡張現実の紹介
    - デジタルサイネージとAR
    - Capital newspaper
    - Pingoo
    - Youtube AR channel
    Ninja Search
    Google Search
    カスタム検索
    Contact me 問合せはこちら
    AR活用相談、AR関連セミナー講師などの依頼についてご連絡ください。
    SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
    TopHatenar
    Amazon検索
    Present number of visits
    Counter
    プレスリリース・広告掲載について
    [Japanese] AR関連サービスのプレスリリース(無料)、広告(有料)掲載を希望される企業/グループ/個人の方は、ekame@msn.com 宛にご連絡下さい。 [English] If you wish to AR on press releases related services, ekame@msn.com please contact email to.
    AD
    イギリス、大英博物館のパルテノンギャラリーで、拡張現実技術を使用したゲームが採用されている。博物館の展示物といえば、展示物を見るか説明を読むかという方法で有った。しかしここでは、質問に答えながらインタラクティブに楽しみながら、歴史的な展示物を体験することが出来る。



    London-based tech firm Gamar is aiming to turn iconic London atractions into interactive adventure playgrounds through a new range of apps for smartphones and tablets. The first to be released is A Gift for Athena, a location-based augmented reality game set in the Parthenon Gallery of the British Museum. IBTimes UK spoke to Gamar to find out how it works and learn more about gamifying the learning experience.

    (via http://youtu.be/88Hv2FeRO98)
    PR
    JCDecauxグループが世界中で展開する屋外広告 OOHの事例ビデオ。どれも比較的有名な事例だ。OOHでも様々な表現手法があることが分かる。



    The JCDecaux Innovate video, showcasing the wide range of bespoke innovative OOH solutions the JCDecaux group offers across the world.

    (via http://youtu.be/Gw0Gfp5LVgQ)

    これはARではないが、新しい授業の方法を提案することができる事例となるだろう。黒板またはホワイトボードと呼ばれているボードそのものがインタラクティブな装置として先生の授業を手助けする。
    授業の内容が画一化される可能性があるとは言え、先生のスキルの統一化や正しい内容で漏れなく生徒に伝えることが出来るメリットはあるだろう。化学変化や生物の解剖を実際に行うことなくシミュレートすることができるメリットは大きい。生徒からすると、見ているだけで分かり易く楽しい授業になることだろう。



    (via http://youtu.be/LzDSlRh4ZTU)
    アテネのウォーキングツアーでiPad Miniを使用したARが採用された。これは世界的に最も先進的なツアーと言われている。拡張現実技術をベースにリアルとバーチャルツアーを組み合わせたもの。アクロポリス建物や3Dの彫刻などをARで楽しむことができるようになっている。





    THIS IS THE MOST ADVANCED TOUR YOU WILL FIND WORLDWIDE. GROUPS OF 18 TOURISTS EQUIPPED BY AWT WITH ONE MINI IPAD PER PERSON AND GUIDED BY AN EXPERIENCED GUIDE. EVERY MINI IPAD IS LOADED WITH THE UNIQUE APPLICATION OF THE 3D RECONSTRUCION OF ACROPOLIS BUILDINGS AND SCULPTURES. THIS IS A COMBINATION OF A REAL AND VIRTUAL TOUR BASED ON AUGMENTED REALITY TECHNOLOGY.

    (via http://youtu.be/xlx69nKx4M4)
    HMD(ヘッドマウントディスプレイ)をかけて見渡すと、そこにはまるで現実の空間にいるように周りの景色がせまってくる。ジャンプすると周りの様子も変化する。まるでテレポートしたような体験を提供する。



    (via http://youtu.be/NB3cMGh1h28)
    バイクに乗ってしまうと、道やお店などを調べたいときは一度降りなくてはならない。さて、「世界の最もスマートなオートバイヘルメット」であるSkully AR-1を使用すると、バイクに乗っている間でも透明なディスプレイを投影し情報を得ることががきる。



    ヘルメット自体が軽量で耐水性であり、防曇、防眩性とアンチスクラッチバイザーを有する。それは、Bluetooth経由であなたのスマートフォンに接続することができ、あなたは同様にそれを介してインターネットにアクセスできるようになる。また、開発者はSkullyシナプス、オープンSDKのプログラムを通じてそれのためのアプリを作成することができる。ヘルメットに携帯電話からハンズフリー通話およびストリーム音楽を作るようにすることもできる。



     Pre-order your SKULLY AR-1 now: www.SKULLYSYSTEMS.com

    SKULLY HELMETS IN ASSOCIATION WITH ON THE SCREEN PRODUCTIONS

    (via http://youtu.be/ZdcWd594lRw)
    飛行機のコクピットを認識し、ナビゲーション情報をオーバーレイ表示する。このような方法は実用化が進みそうだ。



    (via http://youtu.be/E0UZWn4bnGY)
    IKEA(イケア)のARは有名だが、新しいカタログでも採用されているようだ。スマートフォンの専用アプリにより特定のページにカメラをかざすと3Dや動画を見ることができる。また、カタログの表示をマーカにして実物大の家具を出現させることもできるようになっている。


    (via http://youtu.be/figCS5ArMUg)
    「iBeaconsは視覚障害者が移動し公共交通機関を支援するために使用することができますか?」
    動的にその位置をマッピングすることにより、視覚障害者個人が公共交通機関をナビゲートするために用いることができ、ステーションを通過して、アプリを経由して列車にそれらを指示するためにオーディオキューを提供する。



    London-based digital design studio ustwo is working on a project with the Royal London Society for Blind People (RLSB) to determine whether iBeacons/Bluetooth Low Energy beacon technology can be used to help visually impaired individuals navigate public transport by mapping their location dynamically and providing audio cues to direct them through stations and onto trains via an app.

    The project is very much a work in progress at this point, with ustwo having built a prototype to prove the concept and brought the RLSB in to test it. The basic idea is that once the visually impaired user enters a public transport terminal where iBeacons (or similar BLE tech) have been deployed and opens the app (called wayfindr), their location can be determined via trilateration, based on pings from the nearest iBeacons, and mapped on their device — and then directions provided through bone conducting earphones.

    (via http://3novices.blogspot.jp/2014/08/can-ibeacons-be-used-to-help-visually.html)
    化粧品のロレアルから、メイクアップを試せるアプリがリリース。

    When L’Oréal Paris recently launched their Makeup Genius app, they explained, It’s not just virtual—it’s augmented reality. Hesitant to jump down the rabbit hole of selfies, I somewhat reluctantly downloaded the app. And I quickly learned that L’Oréal Paris is leading the charge for a new breakthrough in the way we look at beauty, shopping, cosmetic application, and, of course, technology. In short, the app’s last name is Genius for a reason.

    Similar to developing a 3-D movie, special technology had to be used to ensure realistic effects. After more than seven years of research, RT Track 64 facial-tracking-algorism technology was patented, delivering the most precise facial recognition through a live mirror camera. You can move your lips and bat your lashes, and your virtual makeup will stay on. Being a skeptic prior to testing out the app, I can now say with confidence (after sufficiently testing and testing and testing—for “work” and for play) that I’ve never seen anything like this.

    (via http://www.vanityfair.com/online/beauty/2014/june/l-oreal-paris-makeup-genius-is-bringing-us-into-a-new-era-of-beauty)

    香港で開催されるレッド·ホット·フェスティバルのプロモーションの1つとして、HSBCのクレジットカードが通行人に驚きの体験を提供。バスシェルターパネルに装備されたカメラでリアルタイムのストリートビューをキャプチャし、そこにAR技術を適用。通行人が香港の中心部でシマウマなどの大移動を体験することができる。



    To promote this year’s Red Hot Festival and ignite Hong Kong people’s hottest travel wishes, HSBC Credit Card kicked off a first-ever Augmented Reality (AR) bus shelter campaign at Chater Road in Central to offer passersby incredible experience.

    The bus shelter panel was equipped with camera to capture the real-time street view and implement AR technology. Passersby can experience the Great Migration even in the heart of Hong Kong.

    (via http://youtu.be/Tv-lVZCh-XU)
    海外ではPC版などの図鑑が数年前から幾つも販売されていたが、日本では取り組む出版社は僅かであった。ようやく本格的なスマートフォンを使用した図鑑連動のARの利用が始まったようだ。

    恐竜は3DCG、昆虫・動物はDVDとは異なる動画が見られるというもの。私自身はまだ試していないので不明だが、実物大の昆虫や恐竜を体験できるようなARコンテンツがあるとより体験効果がありそう。アプリは、「恐竜」ではARAPPLI、「動物・昆虫」ではmarcsが採用されている。








    学研の図鑑LIVE」は昆虫、動物、恐竜の3つがラインナップされ、続々拡充されていく予定。ちなみに、9月には宇宙、12月には鳥が刊行予定となっています。個人的には宇宙が気になるっ!
    しかも、通常価格が各2,200円(税抜)のところ、刊行記念特別価格ということで2014年12月31日までは各2,000円(税抜)になっています。ということは今が購入のチャンスということ。けっこうズッシリしてるので、お家に届くとうれしいなという人はAmazon(恐竜動物昆虫)を活用するといいかも。
    (via http://www.gizmodo.jp/2014/08/gakken_zukan_live.html)
    次のページ
    Copyright © development memo for ourselves | Augmented Reality World | 拡張現実 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]保険 ネット保険