忍者ブログ
In this blog, using augmented reality applications, services and technologies are introduced (拡張現実のアプリケーション、サービス、事例を紹介)
2015 . 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • はじめてのAR(拡張現実)アプリ導入
    たくさんのARアプリの中から自分に合ったものを選択することは、とても大変です。ARアプリの選定を間違わないためにご利用ください。
    Vuforia AR(拡張現実)の紹介
    クアルコム社のVuforia(ヴューフォリア)は、世界中で使用されている高性能なAR技術です。この資料では、そのVuforiaの世界を知ることができます。
    Profile
    NAME:
    Etsuji Kameyama (亀山悦治)

    Profile:
    拡張現実(AR)や仮想現実(VR)の技術は、BtoC・BtoBの分野での活用が始まっている。このブログではAR、NUI、各種センサーに関わる最新の事例や技術を中心に紹介。
    ARやVRのシステムやソリューションの導入を検討されている方は、こちらか、私までご連絡ください。エンターテーメント分野、印刷分野、家具や機器の配置シミュレーション、操作支援、などへの技術選定、アプリケーション開発、運用、コンサルテーションに対応します。

    -私が関係しているサイト
    - twitter (@kurakura)
    - facebook (ekameyama)
    - LinkedIn (Etsuji Kameyama)
    - ITmediaマーケティング
    - SlideShare (ekame)
    - paper.li (kurakura/ar)
    - YouTube (ekame)
    - myspace Music (KURA KURA)
    - The 25 Most Tweeting About AR
    - flickr (KURA KURA)
    - Twitter most popular
    - AR Mind Map
    - AMeeT-拡張現実の紹介(ニッシャ印刷文化振興財団)
    - デジタルサイネージとAR(デジタルサイネージ総研)
    - Capital newspaper
    - Pingoo
    - ARペイドコンテンツ(ペイドコンテンツ研究会)
    Contact me 問合せはこちら
    AR活用相談、AR関連セミナー講師などの依頼についてご連絡ください。
    SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
    ぬりえAR特集 最新事例の紹介
    ぬりえAR NAVER ぬりえAR NAVER
    ARグラス NAVERまとめ
    ARグラス NAVER ARグラス NAVER
    Digital Revolution Barbican

    The World's No.1 Forum For Digital Executives Looking to Refine Mobile Strategy / October 05 - 07, 2015
    Ninja Search
    Google Search
    カスタム検索
    TopHatenar
    Present number of visits
    Counter
    感覚デバイス開発

    あらゆる産業において、様々な新規デバイス・システム開発や新規サービスを創り出すべく注目が集まっている。とくにセンサー素子開発やセンサ・センシングシステムなどの研究開発者の方、ロボット開発における感覚器代替分野の研究者の方、関連業界の方々へ。
    よくわかるAR〈拡張現実〉入門

    次世代のプロモーション手法として脚光を集めるほか、エンターテイメントやコミュニケーション、教育や医療のツールとして幅広い活用・発展が期待されているARの世界がよくわかる入門書が電子書籍で登場
    Amazon検索
    セイコーエプソンが、2015年6月23日、東京都内で会見を開き同社のスマートグラス「MOVERIO」シリーズの新製品「MOVERIO Pro BT-2000」を発表した。製造、物流、建設などのさまざまな作業現場での利用に特化した業務用のスマートグラスという位置付けとなっている。2015年9月から販売を開始する。価格はオープンとのことだが、直販サイトでは36万円前後で販売されるといわれている。主にコンシューマー向けに発売されていたBT-200とは外観が似ているが、業務利用に耐えられるよう、大幅に機能や操作方法が向上したようだ。この製品は同時期に海外でも取り上げれた。


    Google wasn’t the first one to jump on the “smart eyewear” bandwagon, not by a long shot. Before Google Glass was there, Epson had already put out the Moverio BT-100. It upgraded that to the BT-200, making the pair of augmented reality (AR) glasses that we all wished Google Glass would become (we all wished in vain, of course). Now it’s adding another product to this line, not necessarily for the regular consumers – the Epson Moverio Pro BT-2000 has the industry professional firmly in mind.

    (via http://androidcommunity.com/epson-puts-out-moverio-pro-bt-2000-smart-ar-glasses-20150623/)


    Epson has unveiled a significant upgrade to its Moverio smart eyewear device with the BT-2000, following on from the BT-200 model we covered last year. Like its predecessor, the BT-2000 is focused on business use, offering a variety of augmented-reality apps for professional users.
    The integrated camera gets a bump to 5 megapixels and now includes 3D depth sensing, while its AR capabilities are boosted further with the addition of an inertial measurement unit (IMU) for more-accurate head tracking. The display has been brightened up and the unit now supports voice control even without an active Wi-Fi connection. That all should mean a clearer display for the wearer and more accurate AR capabilities. 
    The software running on the BT-2000 eyewear is based on Android, and Epson says the device is going on sale in Europe, the Middle East, Africa, Japan and the U.S. this fall.

    (via http://readwrite.com/2015/06/23/epson-moverio-bt-2000-enterprise)


    ユーザーからの業務用スマートグラスを求める声に応え、BT-200をベースに工場や作業現場での利用に特化すべくさまざまな機能を強化。作業マニュアルの表示や遠隔地からの作業支援、ARを使ったナビゲーションといった利用方法を想定しているという。業務用のBT-2000では、長時間の使用や安定性を考慮し頭部全体で支えるヘッドセットタイプに改良されている。重量はバッテリーを搭載した状態で365gとのこと。グラス部分は両眼ともシースルー構造となっており、表示画像と作業視野を重ね合わせながら作業を行える。通信機能としてWi-Fi(IEEE 802.11a/b/g/n)とBluetooth 4.0に対応しており、作業者は遠隔地のオペレーターと画像、映像、テキストなどを活用したやりとりを行える。

    ヘッドバンド部には、500万画素のステレオカメラも搭載。これにより、目の前にある物体の深度測定や3D映像を遠隔地のオペレーターなどに送ることもできる。照度センサーも内蔵しており、作業現場の状況に合わせて画面の明るさを自動調整する機能も備えた。画面の最高輝度はBT-200の1.5倍に改良したという。さらにエプソンの独自開発のジャイロ/加速度センサー機能を備えた慣性計測ユニット(IMU)、磁気センサー、GPSを搭載しており、使用者の頭部の向きや移動速度、移動距離を高精度に測定できるという。作業現場での使用を想定して耐久性にも配慮し、IP54準拠の防沫防塵性能も備えた。

    (via http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1506/24/news115.html)
    PR
    トヨタ自動車は2015年6月18-21日にビッグサイトにて開催された、「東京おもちゃショー2015」において、親子で身近にクルマを楽しむブース「Camatte Vision(カマッテ ビジョン)」を出展した。 「Camatte Vision」は、親子でクルマに触れ、語り合う楽しさを一緒に体験することにより、クルマが持つ「夢・楽しさ」を伝えることを目指したブースとのこと。



    子供がコンセプトカー「Camatte はじめ」に乗って操作


    子供がカスタマイズしたクルマの走行を疑似体験 ブース内には、クルマが走る街並みを想定した「走行コースの模型」を設置。 子供がタブレット端末の画面を通して「走行コースの模型」を見ると、ARにより自分のクルマで、走行コースを走る疑似体験を提供した。 走行コースを走る自分のクルマは、「Camatte はじめ」など「Camatte」シリーズ5をベースとした救急車、パトカーなど13種類の中から子供が自分好みのタイプを選び、12色を使ってカスタマイズ。さらに、ブースで撮影した写真を使って、親子が乗車しているように表示されたという。


    「Camatte はじめ」をベースとした「救急車」


    「Camatte そら」をベースとした「パトカー」

    (via http://newsroom.toyota.co.jp/en/detail/8227488)
    話題を呼んでいたマイクロソフトのホロレンズ。マイクロソフトは、映画のアバターや、アイアンマンにも登場しそうなビデオをYoutubeで公開していたが、どうやらその動画はまんざらイメージということでもなかったようだ。
    以前買収したマインクラフトの世界を、まるで実在する世界のようにデモストレーションを行った。その状態は会場にもリアルタイムで観られるようにし、その技術が本物であることを示した。

    さて、MS パーソン氏の登場


    ホロレンズをかけて、テーブルの前に移動


    ジェスチャーをすると、テーブルに穴が空いたようになり...


    そして、マインクラフトの建造物が出現


    近くで見ると、部屋の中に人が...
      

    さらに手の動きにより、世界が浮き上がった...   


    詳しくはビデオで!


    Jump to the 2:25 mark. It's really awesome. Minecraft is a game we’ve seen countless times before. And yet! The virtual reality demo showcased by Microsoft today makes the game almost seem brand new. It's amazing. We do live in the future. Read more: http://kotaku.com/microsofts-holograp...

    (via https://www.youtube.com/channel/UCVS9tA3PI8Gard_LrTx0YsQ)
    スターウォーズの映画空間でR2-D2 and C-3POと一緒に動きわれるようになるかもしれないニュースが、この数日世界中を駆け巡っている。

    この取組みを率いるILMxLabのクリエイティブディレクターは、「私たちが目指していることは、映画の2次元の世界の扉を開き3D空間という無限に広がる仮想空間にファンの人たちが入り、まるで映画の中で映画を観ているように参加できるようにすることである」ということをUSAトゥデイで語った。

    これらは、急速に進化している仮想現実や拡張現実の技術を用いることで実現性が高まっている。









    Industrial Light & Magic (ILM) and parent company Lucasfilm, Ltd. announce the formation of ILM Experience Lab (ILMxLAB), a new division that will draw upon the talents of Lucasfilm, ILM and Skywalker Sound. ILMxLAB combines compelling storytelling, technological innovation and world-class production to create immersive entertainment experiences. For several years, the company has been investing in real-time graphics – building a foundation that allows ILMxLAB to deliver interactive imagery at a fidelity never seen before. As this new dimension in storytelling unfolds, ILMxLAB will develop virtual reality, augmented reality, real-time cinema, theme park entertainment and narrative-based experiences for future platforms.

    (via https://www.youtube.com/watch?v=7T9Dv1aLMbw)


    その他記事
    A "Star Wars" virtual-reality experience? Shut up and take my credits!
    While most "Star Wars" fans out there are anxiously awaiting the release of "Star Wars: The Force Awakens," the folks at Industrial Light & Magic (ILM) are working on something even more awesome. The company announced on Friday the creation of the ILM Experience Lab, or ILMxLab for short, which is a partnership between ILM, Skywalker Sound and Lucasfilm that will work on virtual- and augmented-reality content for major movie franchises.
    What we're aiming for is to open the two-dimensional world of the movies and allow fans to walk into those worlds with the same visual fidelity," ILMxLab's creative director told USA Today.
    (via http://www.cnet.com/uk/news/star-wars-virtual-reality-experience-in-2015/)


    STAR WARS SPECIAL EFFECTS COMPANY MAKING VR EXPERIENCES


    ILM Creates New Division Dedicated To Virtual Reality by Aaron Edwards on June 12, 2015
    まだ詳細が明らからではないが、子供たちがふつうにARで遊ぶ時が近づいているようだ。センサーを使用したAR玩具が2015年のクリスマスに登場するか?



    The new Disney project is definitely a series of toys. It’s also definitely an augmented reality experiment. It’s also definitely an active play program. It’s quite a few things, and most are being kept top secret by Disney until Playmation is released – in some form – for Christmas 2015. Wait for more details on availability pricing. For now, it looks like the starter Avengers kit will cost $120, but expect more information as Christmas gets closer. 

    (via http://www.gadgetreview.com/2015/06/disneys-playmation-plans-on-revolutionizing-playtime-for-kids-starting-with-ironman)
    実体がまだ見えていないが、眼精疲労を防ぐ仕組みを採用したといわれているウェアラブル技術 Magic Leap ... 世界中で話題となっている。しばらく目が離せない。
     
    Startup Magic Leap is developing a wearable display it claims will deliver on the promise of augmented reality: overlaying information or game characters on what we see naturally, without causing eye strain. Instead of transporting you to a virtual world, Magic Leap’s goggles make you see virtual objects in your own world. (See “10 Breakthrough Technologies 2015: Magic Leap.”)
    But the company is still keeping its technology largely under wraps, and only a few people, including an MIT Technology Review senior editor, have seen prototypes. Company representatives and people who have experienced the prototypes sound, to the cranky and the uninitiated, like adherents of a cult that practices ritual intake of hallucinogens and whose sacred texts are Star Wars and Snow Crash (whose author, Neal Stephenson, is the company’s chief “futurist”).

    (via http://www.technologyreview.com/news/538146/magic-leap-needs-to-engineer-a-miracle/)


    (more... http://www.technologyreview.com/featuredstory/534971/magic-leap/)
    エプソンのARメガネは比較的実用的な構成だが、どうしても指で表面を触るタイプのAndroidコントローラが使い難い。それを解決することができそうなインターフェースキットが公開されたようだ。これはなかなか便利かもしれない。



    Better together, check out Qi technology + Epson Moverio smartglasses. The new interface allows anyone wearing the specialized glasses to navigate the AR world with their thumbs on a connected touchpad interface. This resolves the vexing problem of how to scroll, navigate or select while wearing heads-up displays or glasses. http://www.quantuminterface.com

    (article http://www.digitaljournal.com/pr/2577008 )
    工場内での機器の障害の早期発見、修正方法のナビゲーション、遠隔からの支援などでもARの技術は利用が始まっている。iQagentという企業での取り組みは先し先を進んでいるようだ。


    ALPHARETTA, Ga. – Technology is constantly changing, and this forces existing companies to change with it. It also creates an opening for new companies to come in with new and different ideas.
    One such company is iQagent, based in Alpharetta. They have created a mobile app that uses technology called “augmented reality” in manufacturing and industrial settings.
    Augmented reality is not a new technology. In essence, it is using a live video feed and adding computer-generated images on top of it. A simple example is watching football games on TV. The first down line is yellow on the screen, but different on the field. There are also logos and information on the screen that the players and those in the stadium cannot see. This addition of graphics to a feed is augmented reality.
    (via http://northatlantabusinesspost.com/stories/New-uses-for-old-technology,709)
    人が近づくとその動きをセンサーが検知し、植物のオブジェがまるで生きているかのようにその姿を自ら隠す動きをする作品。まるで「オジギソウ」のような不思議な動き。2つ目の作品は、枝が次々と伸び、枠からも飛び出すような動きをしている。思わず惹きこまれてしまう美しい作品だ。写真ではうまく伝えられないので、ぜひビデオを観てもらいたい。

    1つ目の作品






      

     2つ目の作品
     





    下記の動画をご覧ください...


    Design duo Mischer'Traxler discuss their interactive installation featuring plants that sprout when nobody is nearby in this Dezeen movie for champagne brand Perrier-Jouët.

    Read more on Dezeen: http://www.dezeen.com/?p=613175

    Subscribe to our YouTube channel for the latest architecture and design movies: http://bit.ly/1tcULvh

    (via https://youtu.be/hroOZy8uQqI?list=PLGYHrxaHbbSDC3bJQdFW5rKRnLdGWfrW9)
    このビデオを観る限りは、単にワイヤレスヘッドフォーンのように見えるが、拡張現実ヒアリングという製品だ。自分と回りの音の関わりをコントロールすることができそうなガジェットのようだ。



     



    The Doppler Here Active Listening System was created by the same team who made a splash with DUBS earplugs and now move into a wearable concert or live audio device. Jordan talks to Noah about the new gadget and also gets a hands-on demo. 
    Subscribe to TechCrunch today: http://bit.ly/18J0X2e
    次のページ
    Copyright © Augmented Reality World | 拡張現実の世界 | development memo for ourselves All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]