忍者ブログ
In this blog, using augmented reality applications, services and technologies are introduced (拡張現実のアプリケーション、サービス、事例を紹介)
2014 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • Profile
    NAME:
    Etsuji Kameyama (亀山悦治)

    Profile:
    拡張現実や仮想現実の技術は、BtoC分野のみならずBtoBの分野での活用が始まっています。このブログではAR、NUI、Beacon関わる事例や技術を中心に紹介します。
    ARの導入を検討されている方は、こちらか、私までお気軽にご連絡ください。印刷メディア連動、配置シミュレーション、エンターテーメントなど、あらゆる分野のARについて導入支援、技術選定、アプリケーション開発、運用サポート、コンサルテーションに対応します。

    -私(亀山)が関係しているARサイト
    - twitter (@kurakura)
    - facebook (ekameyama)
    - LinkedIn (Etsuji Kameyama)
    - ITmediaマーケティング
    - SlideShare (ekame)
    - paper.li (kurakura/ar)
    - YouTube (ekame)
    - myspace Music (KURA KURA)
    - The 25 Most Tweeting About AR
    - flickr (KURA KURA)
    - Twitter most popular
    - AR Mind Map
    - AMeeT-拡張現実の紹介
    - デジタルサイネージとAR
    - Capital newspaper
    - Pingoo
    - ARペイドコンテンツ
    AWE 2015

    AWE 2015, June 8-10, 2015 - Santa Clara in California
    Augmented Human 2015
    Welcome to the 6th Augmented Human International Conference! Augmented Human 2015 will take place in Singapore on March 9,10 and 11, 2015.
    The Augmented Reality Show 2015

    Tuesday, 10 March 2015 at 08:30 - Wednesday, 11 March 2015 at 17:30 (GMT) London, United Kingdom
    Digital Revolution Barbican

    The World's No.1 Forum For Digital Executives Looking to Refine Mobile Strategy / October 05 - 07, 2015
    The Wearable Technology Show 2015

    The Wearable Technology Show is the BIGGEST event for the fastest growing market - wearable technology. The next event will be held in London's ExCel on the 10th & 11th March 2015.
    Contact me 問合せはこちら
    AR活用相談、AR関連セミナー講師などの依頼についてご連絡ください。
    SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
    Ninja Search
    Google Search
    カスタム検索
    AD
    TopHatenar
    Present number of visits
    Counter
    Amazon検索
    感覚デバイス開発

    あらゆる産業において、様々な新規デバイス・システム開発や新規サービスを創り出すべく注目が集まっている。とくにセンサー素子開発やセンサ・センシングシステムなどの研究開発者の方、ロボット開発における感覚器代替分野の研究者の方、関連業界の方々へ。
    よくわかるAR〈拡張現実〉入門

    ☆次世代のプロモーション手法として脚光を集めるほか、エンターテイメントやコミュニケーション、教育や医療のツールとして幅広い活用・発展が期待されているARの世界がよくわかる入門書が電子書籍で登場☆
    It is an introduced program of NHK also in foreign countries. Finding of program "The fourth Industrial Revolution" and "Efficiency improvement of ultimate business". I think that the technology of the enhancing reality and virtual reality greatly certainly improves the industrial structure. Fujitsu and some domestic and foreign enterprises are beginning working. 
    However, it might be more important than "Ultimate efficiency improvement". It is "Succession of the technology from an old generation to the new generation", "Accurate work can be done excluding the specialist", and might be "Prior forecast of the accident generation. "

    海外でも紹介された、NHKの番組。「第4の産業革命」「究極の業務の効率化」という番組の見出し。確かに拡張現実や仮想現実の技術は、産業構造を大きく改善すると思う。富士通や国内外の幾つかの企業が取組みを開始している。しかし、重要なのは「究極の効率化」よりも「古い世代から新しい世代への技術の継承」、「専門家意外でも正確な業務が行えること」、「事故発生の事前予測」であろう。



    EON Mobile Icube, at Fujitsu, in the news on Japanese NHK News Watch 9 talking about "Manufacturing, to the Fourth Industrial Revolution."

    Japan is launching itself into the coming era of the fourth industrial revolution. In the midst of this movement, businesses are considering their approach towards manufacturing and their vision for the future. News Watch 9 will in this segment introduce the testing room, which lets users experience a fully immersive view of 3D design plans in virtual space, and other design review tools (zSpace, EON Icube Mobile) in Fujitsu Trusted Cloud Square (TCS in Hamamatsu-cho ) through interviews and reporters experiencing the technology first-hand.

    (via https://www.youtube.com/channel/UCcSURUaOPpmP3IZKdKEiz7A)
    PR
    その場所では歴史的にはどのようなことが行われていたのか? 生徒が数名1組でiPadを持ち屋外の仮想体験学習を行うというもの。教育分野では教材として拡張現実技術の利用が進んでいる。新しい世代の子供たちに適した手法だと感じる。



    (via https://www.youtube.com/channel/UCoKe7dCEzoBUj5I8mPUeMhA)
    中学生の授業で使用されているARツール。千年前のバイキングに関する石碑にタブレットのカメラをかざすと、石碑に着色された状態で分かり易い絵で見ることができる。歴史を体験して学ぶことができる。





    Association leder kreativt projekt för att levandegöra vår historia för mellanstadieelever. Runstenen Gunnes sten i Upplands Väsby har börjat låta och ändra skepnad, tack vare ett gäng kreativa femteklassare och en ny banbrytande app-teknik. – Det här är fett 3D, utbrister elevera på klass 5 i Smedbyskolan i Upplands Väsby, när runstenen plötsligt får liv med så kallad augmented reality.

    Augmented reality (AR) handlar om att förstärka upplevelsen av den fysiska verkligheten med grafik, animationer, film eller andra bild- och ljudeffekter – via betraktarens smartphone eller en surfplatta. AR är ett effektivt för att på ett lekfullt och trovärdigt sätt se igenom föremål, synliggöra dolda budskap eller visualisera historiska samband. Du kan exempelvis skildra berättelsen kring ett konstverks uppkomst eller visuellt koppla samman dåtid, nutid och framtid.

    (via http://www.association.nu/portfolio/varldspremiar-for-augmented-reality-pa-tusenariga-vikingafynd/)
    雑誌やカタログから商品の詳細情報を調べたり購入する方法は、改めてパソコンへアクセルするという手段となるが、カタログの紙面にスマートフォンのカメラをかざすことで、すぐにその商品を調べたり、レビューが見られたらやっぱり便利だろう。紙面の特定の商品にカメラをかざすという方法は複数商品が紹介されているページだとかなり無理があるため、ページ全体にかざすだけで、そのページの商品がすぐに見つかるようにするととても使い易い。日本では、オットージャパンが、「FABIA(ファビア)」というブランドのカタログで実施している。


    This month, we at Pixbi launched our app, allowing readers to discover products in print magazines. Through advanced image recognition and augmented reality technology, readers are provided with a unique experience of being able to view, save, share and purchase almost any product in the publication.

    This adds a fresh layer on the value for print magazines, as readers will be able to discover the products they’ve been searching for in an incredibly simple way.
    Just a few months ago, Pixbi launched as a company, and our initial platform was embedded in digital magazines to provide readers with the same functionality of viewing, saving, sharing and purchasing products. Months later, we are making our offering even better. In similar fashion with our digital magazine platform, readers of Pixbi-enabled print magazines can tap on the “P” icons while viewing the print page through the app and discover products. We made virtually every image in the magazine active. Pixbi spans more magazines, pages and products than any other platform

    The Pixbi App is now featured and available in the iTunes App Store, or on our site: http://pixbiapp.com.

    (via http://www.talkingnewmedia.com/2014/12/18/pixbi-launches-augmented-reality-iphone-app-magazines/)
    拡張現実の技術は、印刷物の拡張、販売促進、エンターテーメント、観光、ゲームなどの利用が多かったが、これからは仕事を支援する技術として実用化が始まる。ここで紹介するビデオは、画像認識タイプのAR技術、ヘッドマウントディスプレイ、リアルタイム映像転送による操作支援を実現している。

    The technology of the AR was often used in enhancing, the sales promotion, the entertainment, sightseeing, and the game etc. of printed matter. Hereafter, practical use will start as a technology that supports work. The video introduces here has achieved the AR technology of the image recognition type, the head mounted display, and the operational support by the real-time image forwarding. 



    Short introduction of XMReality Software solution for Remote Guidance. Engineers, technicians, design engineers can collaborate in a complete new way. Generates huge savings in travel and offers new business possibillities

    (via https://www.youtube.com/channel/UCXGD3dxkvFuDceFdg6ng23A)
    ダウンタウンヒューストンのJWマリオットホテルのラウンジのためにゼロから設計され、構築された拡張現実彫刻。エンターテーメントのためのプロジェクションマッピングではなく、絵画や彫刻のような壁面プロジェクションは自然に人の目や感覚を楽しませてくれるだろう。新しい都市デザインや屋内建造物のデザインに用いられるようになるかもしれない。


    ----
    SOLANUM is an augmented sculpture designed and built from scratch for the lounge of the JW Marriott Hotel in downtown Houston. The physical body and its custom fit virtual guise were conceived to melt together and form a site-specific artwork closely corresponding with the given spatial structure.

    The sculpture consists of layered elements that are carefully aligned to one another and compose an organic pattern that seems to sprout from the underlying tile texture. The projected video content follows a circadian rhythm. By daytime, the sculpture seems to perform gentle movements, just as if it was dreaming and moving in its sleep. When night falls, the nocturnal being awakens and comes to live. It reveals its full beauty in vibrant and rhythmic animations, inviting its spectators to linger and observe this fascinating play.
    ---

    SOLANUM ǀ Augmented Sculpture from URBANSCREEN on Vimeo.

    パノラマでもビデオでもない、新しい「空間撮影」を可能にするスマホアプリ「Fyuse」が2014年12月17日にローンチされた。空間を感じさせる撮影が可能なこのアプリ、ギズモード・ジャパンが、この画期的なアプリの紹介を、どこのメディアよりも早く、エクスクルーシヴコンテンツとして独占公開した。撮影後に3Dプロセス・アルゴリズムを用いたレンダリング処理がされ、なめらかな空間映像を生成すような仕組みとなっている。
    ファッションや、建築、エンターテインメントなど、様々な分野で活用できそうだ。

    (article http://www.gizmodo.jp/2014/12/spatial_photography_with_fyuse.html)





    (official site https://fyu.se)
    タカシマヤから、オリジナルのサンタが3DCGになってアプリに登場。このアプリには、2つの飛出すサンタが用意されている。1つはどこでもサンタを登場させられる「どこでもAR」、もう1つは今話題の塗ったぬり絵がそのまま3DCGで出現する「ぬり絵AR」。




    なんと、「どこでもAR」で撮影した楽しい写真を投稿することで、ギフトカードがもらえるタカシマヤサンタ 『どこにでもサンタ!!』写真投稿キャンペーンも開催中。 2014年12月25日(木)23:59までが応募期限となっているので、あなたも応募してみては? 
     

      
     

    Apple Store
    https://itunes.apple.com/us/app/takashimaya-santa/id928444361?l=ja&ls=1&mt=8

    Google Play 
    https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.takashimaya.TakashimayaSanta

    オフィシャルサイト
    http://www.takashimaya.co.jp/store/special/christmas/apli.html
    グリコのお菓子のパッケージのぬり絵台紙でARが楽しめる第2弾は、妖怪ウォッチ。第1弾では、ドラえもんだったことは記憶に新しい。グリコぬりえと異なり、今回のアプリでは、ドラえもんぬりえのような、タップによるアニメーションの変化が無い点が少し残念。







    ぬりえ台紙は商品を買わなくても、こちらからダウンロード可能
    http://web.glico.jp/g-youkai/cp/app/download.html

    グリコ 妖怪ウォッチ コラボサイト
    http://web.glico.jp/g-youkai/cp/
    あの、懐かしく不思議な世界をかもしだすことで有名な、アニメ「蟲師」が舞台化するという。拡張現実テクノロジーを駆使した“詠舞台”で不思議な世界へ観客を導く。このアニメは現代のおとぎ話のような世界で、虫でも生物でもない「蟲」をめぐる人間模様を描くスタルジックな物語。 私も全巻読んだが、とても素晴らしい世界観だ。





    人気漫画「蟲師」の舞台化が決定した。光や映像、音で物語を紡ぐ“詠舞台(よみぶたい)として2015年3月18日から上演する。
    者・漆原友紀さんやアニメスタッフが全面協力し、蟲師を「ライブで再現」することを目指した。アニメ版の監督・長濱博史さんが舞台原案を務め、アニメ声優陣が出演する。270度にわたって視界を覆うビデオマッピング、ネット中継でのAR(拡張現実)活用など、テクノロジーを駆使した新しい形の舞台表現になるという。

    (via http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1412/14/news005.html)

    海外のプレスリリース Anime News Network でも取り上げられている
    Mushishi Gets Stage Reading With Augmented Reality Visuals, Anime Cast
    大型画面の前に立つと、映し出された自分の頭に帽子やティアラが表示され、写真が撮影・プリントされるというもの。簡単な仕組みだが、このようなシンプルなインタラクティブサイネージは定番だ。



    Esquire Magazine Gala Event was held on 2 Dec 2014. Leovation offered an Augmented Reality(AR) Photo Booth to let audience to look like nobles which provided them an luxurious and interesting experience.

    (via https://www.youtube.com/channel/UCoqeEQAf5a-c1xgL0Le7OlA)
    コルチェスター城とアニックガーデンの歴史的な美術品を、より楽しく詳しく体験することができる拡張現実アプリ搭載タブレットの貸出が行われている。アプリを起動し、カメラを美術品に向けるとアニメーションやテロップ、動画などで解説を行うというもの。





    A look at the Augmented Reality apps that PEEL Interactive have created for Colchester Castle and The Alnwick Garden.

    (via https://www.youtube.com/channel/UC8GIcZxSMfEQ8ETiXkzCpow)
    拡張現実や仮想現実の技術は、教育の現場でも導入が始まっている。ここで紹介するのは、スペインの学校では、ARLOONの教育教材を利用している。このような仮想体験ができる授業は書いたり読んだりすること以上に五感で感じることができるため、スマホ世代となる子供たちに対して効果的な場面が多いであろう。






    (ESPAÑOL) Conoce lo que piensan los profesores de la solución de ARLOON para educación.
    Más información de cómo comprar ARLOON para tu centro educativo en www.arloon.com 

    (ENGLISH) Know what teachers think about ARLOON solution for education.
    More information on how to buy ARLOON for your school at www.arloon.com 

    (via https://www.youtube.com/channel/UCH5HfvpnvR0ceOKFovZvpIg)
    2014年12月11日:ランドローバーはショールームに現物の車体が置かれる前でも実物そっくりの車体を来店客に見せることができる革新的な拡張現実(AR)技術を発表した。デジタルイニシアティブは、英国内のすべての店舗で展開されるという。 新技術は、ショールームに生きているような3Dモデルを提供します。Durovisダイブ*ヘッドセットを使用して実現。今後は、このような技術があたり前となる日はもう、そこまで来ている。
    持ち運べない大型の商品、発売前の商品、貴重で持ち歩けない商品などでは、このような販売手法が効果的だ。


    Jaguar Land Rover has become the latest car brand to tap augmented reality to show off a new vehicle before release, creating a 3D model of the upcoming Discovery Sport. The SUV goes on sale in January. Jaguar Land Rover has built a 3D model of the car within its app, giving prospective buyers a chance to tour the car virtually in showrooms. Showroom visitors can put on a Durovis Dive headset – a virtual reality device similar to Google Cardboard. The gadget contains an iPhone 5S preloaded with the Land Rover app.

    (via http://www.marketingmagazine.co.uk/article/1326265/jaguar-land-rover-uses-augmented-reality-showcase-discovery-sport)



    (via http://www.digitalspy.co.uk/tech/news/a616002/land-rover-offering-augmented-reality-tours-of-its-discovery-sport.html#~oYjKEA4s8aXfZ2)



    (via https://www.youtube.com/channel/UCXu8dynEk55gEHZnDmBZ1ug)
    スマートグラスに江戸時代の風景を投影し、現実の風景に重ね合わせながら楽しめるツアーを近畿日本ツーリストが発売。2020年以降の未来を考える同社の「未来創造室」の取り組みの1つという。今回のツアーを契機に、失われた文化財や街並みを復元・再現する新たな観光手法の提案や、旅に出られない人たちへの仮想旅行体験など「スマートツーリズム」を推進するとしているので、将来が楽しみだ。

    ----下記、報道記事より引用---
    概要
    株式会社アスカラボ(本社:東京都目黒区、代表取締役:角田哲也、以下アスカラボ)は、近畿日本ツーリスト株式会 社(本社:東京都千代田区、代表取締役:小川 亘、以下 KNT)と共同で、仮想世界と現実世界が融合する複合現実感を 味わう新たな観光手法による「スマートツーリズム ウェアラブル眼鏡でリアル体感!江戸城天守閣と日本橋復元 3D ツ アー」を企画・商品開発いたしました。

    ツアーの特徴 本ツアーでは、スマートグラス(エプソン販売取扱いの眼鏡型ウェアラブル端末使用)を利用し、両眼シースルー、ハン ズフリーの状態で、周囲の様子や目の前の景色と映像を重ね合わせて AR(拡張現実)が体験できます。

    今回、アスカラ ボが、江戸城天守閣と日本橋を復元するコンテンツを制作。現実の景観に江戸時代の 360 度パノラマ 3D の CG 映像を 合成させ、AR を制作しました。これにより、情緒や雰囲気を楽しみながら、どこを見ても江戸時代が現れる複合現実感を 味わうことが出来ます。さらに、日英 2 か国語対応のイヤフォンガイドを使用しての観光は、その場にいるからこその臨場 感を味わえます。
    --------------------------------------------

    (via http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1411/28/news153.html)
    (Official site http://www.knt.co.jp/kouhou/news/14/no040.html)

    報道資料 :http://asukalab.co.jp/news/141127_edo.pdf
    マグカップの周りにデジタルコンテンツを拡張表示するというARアプリが登場。平面ではなく、円柱の形状(側面の模様)を認識して実現している。新しいギフト商品となりそうだ。

     




    Поддержите наш проект на Boomstarter и заберите свою Magic Cup:https://boomstarter.ru/projects/23226... 

    Magic Cup – это удобная кружка-гаджет, заряжающая напитки позитивными вибрациями c визуальными образами. При помощи специального приложения с дополненной реальностью вы сможете поздравить близкого человека с любым праздником! Все, что для этого нужно - это Magic Cup, бесплатное приложение для мобильных устройств и ваши эмоции. Смотрите видео и поддерживайте проект!

    (via https://www.youtube.com/channel/UCsU3WdU7tsD28QgdPzjNYCg)
     AR技術とボードゲームの融合というゲームジャンルが出来てきそうだ。専用アプリをインストールし、印刷されたイラストマップボードにカメラを向けると、ゲームが展開される。ここで紹介するLive game boardは、開発者向けのSDKも用意されている。



    Live game board is first publishing platform for augmented reality games and mobile applications. Learn how to add amazing augmented reality game view to your games and apps. Download SDK and implement AR fast and easy. Publish your game or application to our game store for augmented reality players. www.liveGameBoard.com

    (via https://www.youtube.com/channel/UCfjEWPD8XpjF1xv4DD-1WZQ)
    子供向けの玩具は、進化を続けている。画面に向かうだけでのゲームソフトではなく、実際に作ったり、飛ばしたり、思考して楽しむタイプの玩具が増えてくている。リアルとエレクトロニクスの融合が今後の玩具の主流になってくるであろう。



    Top tech toys this holiday season include minirobots, augmented reality - CNET News Video

    From wearable tech to Lego kits with a Minecraft-like touch, CNET's Sumi Das rounds up this year's best tech toys.

    (via https://www.youtube.com/channel/UCQIfx10oSFad9RRdp8h8AXg)

    自動車のMiniが、自動車の未来を見せてくれるイベントを開催。ARでは有名な Keiichi Matsuda も参加している。



    More at: http://bit.ly/11FlEOV

    Six designers. One objective: explore the future of mobility in a boundary-breaking expedition into art, design and technology.
    Hear the innovators talk through their futuristic endeavours here, and get a behind the scenes view of their work in progress on MINI Space.

    (via MINI)
    チョコレートのMilkaが、パッケージのイラストカレンダーを認識して楽しめるARアプリ「Milka Advent」を公開している。待ち遠しいクリスマスまで毎日楽しめるようにできている魔法のカレンダー。(残念ながら日本語版OSではアプリがインストールできないかもしれない)。

    iOS
    https://itunes.apple.com/de/app/milka-advent/id927917224?mt=8
    Android
    https://play.google.com/store/apps/details?id=net.mdlzhosting.milkaadvent

    Official site
    https://wunschzeit.milka.com/de/default/index/weihnachts-countdown

      
    (via http://www.packagingoftheworld.com/2014/12/milka-christmas-augmented-reality.html)


    Tauche ein in die Milka Weihnachtswelt! 

    Hier verschmelzen Schokolade und Online-Welt zu täglichen Weihnachtsüberraschungen. Die Spiele, Videos und Botschaften, die über die App geöffnet werden können, regen zu gemeinsamen Aktivitäten innerhalb der Familie an. Außerdem sollen sie helfen, die Vorweihnachtszeit mit unseren Mitmenschen ein bisschen „zarter“ zu gestalten. Jetzt Film anschauen und entdecken!“

    Mitmachen und weitere Informationen unter:
    https://www.milka.de
    https://www.milka.at

    (via http://lbbonline.com/news/a-virtual-countdown-to-christmas-with-milkas-augmented-reality-calendar/)
    次のページ
    Copyright © Augmented Reality World | 拡張現実の世界 | development memo for ourselves All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]クレジット 京都