このブログは、拡張現実 及び 仮想現実 が使用された最新の情報と事例などを掲載しています。---This blog publishes latest information and the case where AR (Augmented Reality) and VR (Virtual Reality) are used, etc.
2017 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • さらに広がる XR (AR/VR/MR) の現状と今後 - October 2017
    Profile
    NAME:
    Etsuji Kameyama (亀山悦治)

    Profile:
    拡張現実(AR)や仮想現実(VR)の技術は、BtoC・BtoBの分野での活用が始まっている。このブログではAR、NUI、各種センサーに関わる最新の事例や技術を中心に紹介。
    ARやVRのシステムやソリューションの導入を検討されている方は、こちらか、私までご連絡ください。エンターテーメント分野、印刷分野、家具や機器の配置シミュレーション、操作支援、などへの技術選定、アプリケーション開発、運用、コンサルテーションに対応します。

    -私が関係しているサイト
    - twitter (@kurakura)
    - facebook (ekameyama)
    - LinkedIn (Etsuji Kameyama)
    - ITmediaマーケティング
    - SlideShare (ekame)
    - paper.li (kurakura/ar)
    - YouTube (ekame)
    - myspace Music (KURA KURA)
    - The 25 Most Tweeting About AR
    - Twitter most popular
    - AR Mind Map
    - AMeeT-拡張現実の紹介(ニッシャ印刷文化振興財団)
    - デジタルサイネージとAR(デジタルサイネージ総研)
    - Capital newspaper
    - Pingoo
    - 話題沸騰のAR/VRがスマートワークを進化させる(スマートワーク総研)

    インターネット学校「スクー」の90番目の講師
    AR, VR, MR + HMD, Smart Glass が生活とビジネスを変革
    ARアプリaug!(オーグ)
    インタラクティブで高精細なARコンテンツまで幅広く対応ができる、AR(拡張現実)アプリaug!(オーグ)
    Contact me 問合せはこちら
    AR活用相談、AR関連セミナー講師などの依頼についてご連絡ください。
    SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
    ぬりえAR特集 最新事例の紹介
    ぬりえAR NAVER ぬりえAR NAVER
    ぬりえAR daub(だーぶ)
    塗った「ぬりえ」が飛びだしかのように楽しめるスマートフォン向けの無料アプリdaub(だーぶ)
    はじめてのAR(拡張現実)アプリ導入
    ARアプリの基本的な知識から選定方法まで身に付けることができる資料。
    ARグラス NAVERまとめ
    ARグラス NAVER ARグラス NAVER
    Ninja Search
    Google Search
    カスタム検索
    Present number of visits
    Counter
    感覚デバイス開発

    あらゆる産業において、様々な新規デバイス・システム開発や新規サービスを創り出すべく注目が集まっている。とくにセンサー素子開発やセンサ・センシングシステムなどの研究開発者の方、ロボット開発における感覚器代替分野の研究者の方、関連業界の方々へ。
    よくわかるAR〈拡張現実〉入門

    次世代のプロモーション手法として脚光を集めるほか、エンターテイメントやコミュニケーション、教育や医療のツールとして幅広い活用・発展が期待されているARの世界がよくわかる入門書が電子書籍で登場
    Amazon検索
    Amazon
    シトリックスの「XenClient」はハードウェアの制限こそ厳しいが、一台のPCで仕事用とプライベート用を安全に使い分けられるなど、導入と活用のメリットは大きい。今回はXenClientとゲストOSのインストールおよび基本的な使い方について説明する。 ( by  田中俊光氏 )


    ゲストOSインストール後の管理画面。仮想マシンの起動、再起動、休止、終了、強制終了などの処理が行える
    via ZDNet Japan
    http://japan.zdnet.com/sp/feature/xenclient2010/story/0,3800107383,20417201-4,00.htm

    そろそろFlashから卒業か...!?

    『ここ数ヵ月間にScribdのユーザーエンゲージメントが爆発的に伸びた。CEOのTrip Adlerによると、その要因はHTML5化、iPadの発売、ScribdのFacebook統合だという。3つの要因の中でも、この文書共有サービス会社にとって最大の駆動力となったのは、FlashからHTML5への移行であるとAdlerは語る。Scribdが発表した数字によると、ユーザーがサイトに留まる時間は過去3ヵ月で3倍に増えている。』

    via TechCrunch
    http://jp.techcrunch.com/archives/20100619scribds-decision-to-dump-flash-pays-off-user-engagement-triples/
    仕事関係で、気になったのでメモ...ずいぶん安価で利用できるようだ。

    『GMOホスティング&セキュリティ(GMO-HS)は2月4日、ホスティングブランド「アイル」の専用型ホスティングサービスに、仮想化技術を取り入れた「仮想化サービス」を提供開始した。  仮想化技術を使って、ウェブやメール、ファイルなど複数のサーバを1台もしくは少数の専用サーバに集約、統合できる。RAID構成の専用サーバに仮想化ソフトウェア「Virtuozzo」を採用しており、サーバの運用効率を最適化する仕組みになっている。同サービスに申し込むと、アイルの24時間電話サポートを無償で利用できるようになるほか、サーバ構築から運用保守までを一貫して提供する「マネージドサービス」(月額2万1000円から)との併用も可能だ。』

    続きは...
    http://japan.zdnet.com/news/hardware/story/0,2000056184,20408059,00.htm?ref=rss
    日立ソフトウェアエンジニアリング規模の会社も本格的にクラウドに移行を初めている。少人数、短期間で実現している点は凄い!

    『日立ソフトウェアエンジニアリングは、同社のクラウドサービス「SecureOnline」上で動作するサービス基盤技術を開発し、社内業務システムを対象に運用を開始した。社内で28のサーバが支える14の業務システムをSecureOnlineの仮想環境に移行、11月から本番運用を開始している。日立ソフトウェアエンジニアリングの社員4人が2.5カ月にわたって開発した。
    今回発表された新業務システムは、勤務状況を各社員が登録するシステム。つまり、出社時間を登録するため始業時にピークを迎え、月間作業時間の入力や承認のために月末にもピークを迎えるというシステムだ。 こうした特徴をもつシステムであることから、日立ソフトウェアエンジニアリングは一般的なクラウドコンピューティングの特徴にならい、サーバをスケールアウトさせてサービスを提供している。ただし、無制限にスケールアウトするのではなく、事前にシステムがインストールされている仮想マシンの追加と削除を行う仕組みを開発した。また、オープンソースのロードバランサを操作するライブラリも開発している。』

    http://japan.zdnet.com/sp/case/story/0,2000056379,20403471,00.htm?ref=rss

    ソニー創業者の1人、井深大氏が開学したソニー学園 湘北短期大学は、学内で急増したサーバをVMware Infrastructure 3で集約した。1台あたり4~5の仮想サーバが稼働しているという。

    『学校法人ソニー学園 湘北短期大学は、学内のITインフラ全面刷新プロジェクトでサーバ仮想化ソフトウェア「VMware Infrastructure 3」と、バックアップソフト「NetVault Backup」を導入、サーバ統合と障害対策を実施した。既に本格稼動を開始させている。近年、湘北短期大学ではITの利用が加速度的に進み、ウェブサーバやファイルサーバ、教育プロジェクト用サーバ、講義および研究用サーバが次々と立ち上がり、サーバ台数が約50台に増加していた。』
    リクルートの担当者の方が貴重な資料を公開していた。資料の一部は、ログマニアックスというサイトを運営されている、同僚のまさきん氏が作成した物も含むとのこと。参考になりそう。

    『複数サイトに導入を行っていくと、同じような説明を何度も行ったり、似たような質問を繰り返したり聞かれたりします。その時に正しく情報を説明するため、また同じような失敗が起きないために、必ず説明すべき内容とよく聞かれる内容に関しては資料を作成しておくと、複数のサイトで使い回しがききます。これによって伝え洩れの防止や工数の削減ができるようになります。今回は主な資料とその概要について紹介をいたします。参考になれば何よりです。』

    ---主な資料一覧---
     
    -導入ステップチェックシート
    -導入概要
    -アクセス解析概要
    -導入シート
    -費用負担記入シート
    -オプションシート(ベンダー作成)
    -ユーザー申請シート
    -他ツールやログとの数値比較
    -実装マニュアル
    -実装注意点
    -テストマニュアル
    -問い合わせ管理シート
    -導入スケジュール管理表
    -ベンダーリソース管理表
    -費用管理シート
    -ヒアリングシート

    続きは下記のサイトへ(無料会員登録が必要)
    http://markezine.jp/article/detail/8296

    ペルソナ設定についての記事紹介----いかにしてUI/UXを向上させるか。これを解決することができる方法論。

    『一般的に「ユーザビリティ」と言われている観点はユーザーの使いやすさを計るための指標ですが、個々のサイトにとっては、ターゲットとする人物像によってどの程度それを実現すべきかが変わってくるはずです。
     例えば極端な例では、ユーザビリティの指標としてよく挙げられる「ページ内の文章のわかりやすさ」について。携帯電話の新製品の紹介ページにおいて、その携帯電話が高齢者をターゲットにしているのであれば、説明文にはなるべくカタカナ語を使用しないなどという配慮をする必要がありますが、20代をターゲットにしているのであれば、逆にカタカナ語を多用した方が効果的な場合もあります。
     このように、設定するユーザー像によって、デザインだけでなく、ページ構成、文章、画像にいたるまで、制作するWebサイトは影響を受けてしまいます。しかし、では実際にターゲットとするユーザー像を設定しようとしても、効果的に設定するのはなかなか簡単ではありません。
     そこで登場するのが、ユーザー像を明確にし(=ペルソナ設定)、そこからWebサイトに必要な要件・機能などを洗い出していく「ペルソナ/シナリオ法」という手法なのです。』

    http://markezine.jp/article/detail/8492
     


    『アルファSSLは、世界標準規格に準拠した、SSLサーバ証明書で、ブラウザー対応率99%以上に対応し、インターネットユーザへの信頼と安心を届けます。暗号強度は、最大256bitの強度な暗号化通信を実現、標準でSGCにも対応!最短2分での証明書発行を可能とします。
    アルファSSL サーバ証明書は、ドメイン認証の証明書の中でも、信頼のあるサーバ証明書です。証明書発行時には、フィッシング審査によって、より信頼される証明書発行サービスを提供しております。格安SSLでありながら、強固なSSLサーバ証明書です。サイトの安心にプラスアルファーをご提供します。

    http://www.toritonssl.com/


    『サイトのリニューアル(ページ構成やデザインなどを刷新して再度公開すること)は極めて重要で、問題の起こりやすいタイミングでもある。間違った方向に進みかねない要素が山ほどあり、実際に方向を誤ると、その結果が悲惨なものになることも多い。
    この数年にわたり、僕はサイトのリニューアルを数多く見てきたけど、ほぼすべてのサイトが何らかの小さな問題を抱えていた。割合としては少ないけれど、いくつかのサイトからは、紹介する価値がある優れた教訓が得られた(^^)。以下は、新たなサイトを公開する前と公開した直後にチェックすべき10項目のリストだ。』

    前編
    http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2009/09/02/6429

    後編
    http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2009/09/03/6430
    ubyやPerl、Python、PHPといった言語はサーバサイドで使うしかなかったが、Gestaltを使用することで、WEBブラウザ上でRuby/Python/XAMLを実行できるようにするらしい。様々な可能性が有りそうだ。
    種を明かすと、Silverlightを使用して実現しているとのこと。
     http://www.moongift.jp/2009/07/gestalt/

    www.groovycorp.com.png

    GroovyのSQL Switchでは、サーバがデータを‘プッシュ’するので、クライアントは新しい情報を求めてたえずポーリングをする必要がない。サーバの負荷は激減し、必要なサーバの能力は1/4に縮小する。それによる全体的なコスト削減効果は約20%である(‘ポーリング’と比べた場合の処理費用の比較が下表に示されている)。このソフトはIntel製の専用機の上で動くが、その性能は通常のSQLサーバ100台に相当するという。製品の詳しい仕様を、ここで見ることができる。
    http://jp.techcrunch.com/archives/20090722groovys-sql-switch-a-powerful-tool-in-the-quest-for-a-truly-real-time-web/

    Groovyのサイト
    http://www.groovycorp.com/
    AlertFox Monitoring 『米国時間4/24、ドイツのスタートアップであるiOpusがモニタサービスの精度を上げたいと願っている開発者ないしサイトオーナ向けのベータプロダクトを発表した。そのプロダクトとはAlertFoxだ(100名に無料Proアカウントが用意されている。記事の最後に記載している)。
    リッチインターネットアプリケーション(RIA)の詳細なモニタを行い、サービスプロバイダにソリューションを提供する。AlertFoxはブラウザから起動することができ(FirefoxとInternet Explorerをサポートしている)、ActiveX、AJAX、Flash、Flex、複雑なHTML、ないしSilverlightを用いて構築したサイトの稼働状況やパフォーマンスを確認するタブを開いておくことができる。』

    ⇒RIAの動作状況まで監視することができるサービスのようだ。無償版もあるので、試すことはできるけど、この機会に無料Pro版に申し込んでみたら?(世界で100名では、もう終了してるか...)

    続きは...
    http://jp.techcrunch.com/archives/20090424alertfox-launches-powerful-web-application-monitoring-tool-freebies-here/
    http://jp.sun.com/newsletters/innercircle/0903/feature.html?cid=e8251

    Tomcatのことしか考えていなかったけど、GlassFishというSUNのアプリケーション・サーバ、メリットがあるかも。

    ■下記、メモ(引用記事)
    GlassFishがJava EEコンテナのコレクションであり、その1つがWebコンテナであるのに対し、Tomcatは単なるWebコンテナです。この大きな違いが、GlassFishの主な利点となっています。

    • アプリケーションの再展開時にセッションが保持される機能(v3 Prelude)により、Java Webアプリケーションの作成時間を短縮できます。
    • GlassFish v2及びv3 Preludeでは、仮想サーバとHTTPリスナーの動的な再構成をサポートしています。サーバの再起動は必要ありません。Tomcatでリソース・プールに変更を加えた場合、通常はアプリケーション・サーバの再起動が必要になります
    http://www.popin.cc/ja/home.html
    『「なぞってpopIn」ではマウス操作だけであなたの知りたい情報を得ることができます。具体的な操作は2つです。 知りたい情報のワードをマウスでなぞる 1でなぞったワードに関して知りたい情報のボタンをクリックする(Google検索、地図検索、翻訳...)』




    IE8から標準になったアクセラレータと同様の使い方が出来るプラグインのようだ。そろそろアクセラレータ戦争に突入しそうな予感。

    便利なことは間違いない。しかし、一点気になることが...
    IE8等では、2つのアクセラレータが表示されてしまい、どちらをクリックするべきか迷うことになる。
    3つ以上になったら、わけがわからない状態になることは間違いない。
    popin.JPG
    実際にインストールして2つ表示されている状態



    ■ブラウザ拡張ツール「popIn」最新版--あらゆるウェブページを組み込めるDIY機能を搭載
    popInは2月18日、同社が提供するブラウザ拡張ツール「popIn」の最新版を提供開始した。インターフェースを大幅に改善したほか、あらたにウェブページの一部をpopInのサービスとして使用できる「popDIY」機能を実装した。
    http://v.japan.cnet.com/
    IBM、HP、SUNその他多くの企業がクラウドコンピューティングへの積極的な参入を始めている。では、クラウドコンピューティングでは一体何が出来るのか、何なのか分かり易く説明されている。

    クラウドコンピューティングは近年のIT業界では例を見ないほど市場で喧伝されている手法の1つである。
    クラウドコンピューティングとはアウトソーシングの1つの形態であり、ベンダーがインターネットを介して数多くの顧客にコンピューティングサービスを提供するというものである。こういったサービスにおいて提供されるものは、顧客関係管理(CRM)といったアプリケーションから、ストレージや開発プラットフォームといったインフラまでさまざまである。
    http://japan.zdnet.com/sp/feature/07tenthings/story/0,3800082984,20388018,00.htm



    HPのクラウド
    http://japan.zdnet.com/news/itm/story/0,2000056188,20388019,00.htm?tag=zdnw

    IBMとジュニパーのクラウド
    http://japan.zdnet.com/news/internet/story/0,2000056185,20388052,00.htm?tag=zdnw

    IBM、「Amazon Web Services」を利用しソフトウェア提供へ
    http://japan.zdnet.com/news/internet/story/0,2000056185,20388061,00.htm?tag=zdnw
    IBMは米国時間2月11日、同社のソフトウェアを「Amazon Web Services」を通じて配信する計画を発表した。IBMのこの動きは、同社のソフトウェアをクラウドへと展開していくことを目的としたものである。 IBMは同社の顧客やサードパーティーの開発者に対して、Amazonの「Amazon Elastic Compute Cloud(EC2)」を利用することで、同社のソフトウェアを従量制による課金方式で提供する予定である。
    これによって、ユーザーはIBMの「DB2」「Informix Dynamic Server」「WebSphere Portal」「Lotus Web Content Management」「WebSphere sMash」、Novellの「SUSE Linux」といったソフトウェアにアクセスできるようになる。

    言語ってどこまで増え続けるんだろう…と心配になってくる
    内容です。ライトウェイトJava?


    2009/1/26の記事
     企業でのRuby普及促進を目指し運営委員会が発足 CTC、
     サンら5社が参加
    http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/0901/27/news01.html


    少し前からの情報ですが、こちらはIBMでRubyよりGroovyだと言っている
    http://www.ibm.com/developerworks/jp/offers/projectzero/


    さらに知人のエンジニアは、Groovyが好きな人は、多分次にScalaに行くと
    言っていました。
    http://www.infoq.com/jp/news/2008/01/why-scala
     

    http://sourceforge.jp/magazine/08/10/08/0811255
    2008年になり、主要なWebブラウザのバージョンアップが相次いで行われている。これらのバージョンアップでは、Webブラウザ自体の機能強化が行われているほか、レンダリングエンジンについても積極的に改良が行われ、新たな機能が取り込まれている。そこで本記事では、最新Webブラウザが搭載しているレンダリングエンジンについて、それぞれが備えている機能やWeb標準規格への対応状況について比較していく。

    http://web-tan.forum.impressrd.jp/n/2008/10/06/4157
    ウェブインテグレーション事業のミツエーリンクスは、同社で標準利用されるJavaScriptライブラリ「MJL(MITSUE-LINKS JavaScript Library)」をフリーソフトとして10月3日公開した。

    画像のロールオーバー、Adobe Flashオブジェクト埋め込みの機能拡張、新規ウインドウの作成、スタイルスイッチャの実装、タブインターフェイスの実装、要素の高さ揃え--の必要最小限と判断した6機能を実装。クロスプラットフォーム(Mozilla Firefox、Apple Safari、Opera、Internet Explorer)、他ライブラリとバッティングしない名前空間などの特徴もある。

    ミツエーリンクス
    http://www.mitsue.co.jp/
    http://builder.japan.zdnet.com/sp/firefox-3-for-developer-2008/story/0,3800087566,20384337,00.htm
    Firefox 3で利用できるようになった新機能のひとつであるオフライン機能を利用すれば、オフライン中にでも動作するウェブアプリケーションを構築できるようになる。これからしばらくの間、このFirefox 3のオフライン機能について紹介していきたい。
    HOME 次のページ
    Copyright © Augmented Reality & Virtual Reality World | 拡張現実と仮想現実の世界 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    /