このブログは、拡張現実 及び 仮想現実 が使用された最新の情報と事例などを掲載しています。---This blog publishes latest information and the case where AR (Augmented Reality) and VR (Virtual Reality) are used, etc.
2017 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • さらに広がる XR (AR/VR/MR) の現状と今後 - October 2017
    Profile
    NAME:
    Etsuji Kameyama (亀山悦治)

    Profile:
    拡張現実(AR)や仮想現実(VR)の技術は、BtoC・BtoBの分野での活用が始まっている。このブログではAR、NUI、各種センサーに関わる最新の事例や技術を中心に紹介。
    ARやVRのシステムやソリューションの導入を検討されている方は、こちらか、私までご連絡ください。エンターテーメント分野、印刷分野、家具や機器の配置シミュレーション、操作支援、などへの技術選定、アプリケーション開発、運用、コンサルテーションに対応します。

    -私が関係しているサイト
    - twitter (@kurakura)
    - facebook (ekameyama)
    - LinkedIn (Etsuji Kameyama)
    - ITmediaマーケティング
    - SlideShare (ekame)
    - paper.li (kurakura/ar)
    - YouTube (ekame)
    - myspace Music (KURA KURA)
    - The 25 Most Tweeting About AR
    - Twitter most popular
    - AR Mind Map
    - AMeeT-拡張現実の紹介(ニッシャ印刷文化振興財団)
    - デジタルサイネージとAR(デジタルサイネージ総研)
    - Capital newspaper
    - Pingoo
    - 話題沸騰のAR/VRがスマートワークを進化させる(スマートワーク総研)

    インターネット学校「スクー」の90番目の講師
    AR, VR, MR + HMD, Smart Glass が生活とビジネスを変革
    ARアプリaug!(オーグ)
    インタラクティブで高精細なARコンテンツまで幅広く対応ができる、AR(拡張現実)アプリaug!(オーグ)
    Contact me 問合せはこちら
    AR活用相談、AR関連セミナー講師などの依頼についてご連絡ください。
    SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
    ぬりえAR特集 最新事例の紹介
    ぬりえAR NAVER ぬりえAR NAVER
    ぬりえAR daub(だーぶ)
    塗った「ぬりえ」が飛びだしかのように楽しめるスマートフォン向けの無料アプリdaub(だーぶ)
    はじめてのAR(拡張現実)アプリ導入
    ARアプリの基本的な知識から選定方法まで身に付けることができる資料。
    ARグラス NAVERまとめ
    ARグラス NAVER ARグラス NAVER
    Ninja Search
    Google Search
    カスタム検索
    Present number of visits
    Counter
    感覚デバイス開発

    あらゆる産業において、様々な新規デバイス・システム開発や新規サービスを創り出すべく注目が集まっている。とくにセンサー素子開発やセンサ・センシングシステムなどの研究開発者の方、ロボット開発における感覚器代替分野の研究者の方、関連業界の方々へ。
    よくわかるAR〈拡張現実〉入門

    次世代のプロモーション手法として脚光を集めるほか、エンターテイメントやコミュニケーション、教育や医療のツールとして幅広い活用・発展が期待されているARの世界がよくわかる入門書が電子書籍で登場
    Amazon検索
    Amazon

    『米国時間9/24、MicrosoftはWebsiteSparkという新プログラムをスタートさせた。これはウェブ開発者、デザイナーにMicrosoftの開発ツール、アプリケーション、サーバ・ライセンス一式を3年間無料で提供するというものだ。これはMicrosoftのツール開発者コミュニティーにツールを無料提供するSparkプログラムの3種類目だ。これまでにスタートアップ企業向けのBizSpark、学生向けのDreamSparkが提供されている。今日発表されたWebsiteSparkプログラムに参加する個人ないし企業は、向こう3年間にわたって無料でVisual Studio 2008、ExpressionStudio、Expression Web、Windows Web Server、SQL Server、DotNetPanelのライセンスが受けられる。参加資格は業務として他人(顧客)のためにウェブアプリないしウェブサイトの開発を行っており、従業員数が10人まで(オーナーを含む)というものだ。』

    http://jp.techcrunch.com/archives/20090924microsoft-launch-websitespark-free-software-for-web-developers/

    WebsiteSpark
    http://www.microsoft.com/web/websitespark/
     
    http://www.asp.net/
    このサイトでは、ASP.netに関する沢山の情報を提供している、
    Learn ASP.NETを見れば、習得は早いと思う、
    http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20061204/255782/?ST=develop
    この連載では,マイクロソフトのVisual Basic(VB)2005を使って,最新のVBプログラミングの便利さや快適さを紹介したいと思います。最新のVB 2005は,旧VBユーザーに使いやすいように進化しています。VBで培ってきたこれまでのスキルを活かすことができます。これを使わない手はありません。
    http://natchan-develop.seesaa.net/article/24824552.html
    以前に「INIファイルの読み書き」をVB6とVB.NETの比較で紹介したが、VB2005になってこれに代わるとっても楽な方法が追加されたので紹介する。
    あまりに楽チンなのでINIファイルを使うことはもう無いだろうと思うほどだ。
    VB.NETでもそれに類するものはあったが扱いが面倒だった。それがVB2005になってからは、まるでプロパティを設定するのと同じ感覚でできるのでつい利用したくなってしまう。

    http://dobon.net/vb/dotnet/file/readcsvfile.html

    .NET Framework 2.0以降で、TextFieldParserクラスを使用する方法
    NET Framework 2.0からは、VB.NET用のクラスとして、TextFieldParserクラスが追加されました。これを使えば、CSVファイルの解析も楽になります。
    http://codezine.jp/a/article/aid/2496.aspx
    ActiveReports for .NET(以下ActiveReports)はVisual Studioと統合された使いやすいレポートデザイナや高機能なレポートビューワ、多彩な出力形態をサポートする帳票作成コンポーネントです。ActiveReportsは2008年3月下旬にリリースされたService Pack1でVisual Studio 2008に対応しました。今回はVisual Studio 2008に対応したActiveReportsの新機能について紹介します。
    http://park5.wakwak.com/~weblab/selectTextFile.html
    DataAdapterオブジェクトのFillメソッドを使って、カンマ区切りテキストファイル(タイトル行有)の全行を読み込み、リストボックスに表示する。

    http://park5.wakwak.com/~weblab/selectExcelFile.html
    DataAdapterオブジェクトのFillメソッドを使って、Excelファイルを読み込む
    http://go2vb.cocolog-nifty.com/blog/2007/05/csv_8043.html
    CSVを読込みする時はTextFieldParser オブジェクトを使用すると上記の条件を意識しないでコーディングできます。

    ※コボラー(COBOL)的VB.NET
    http://go2vb.cocolog-nifty.com/blog/
    http://www.anetm.com/dev/tools/vbdotnet/112218.htm
    この機能を使えば、簡単に、ファイル選択をして関連付けられたアプリケーションで編集するといったことが実現します。
    http://www.anetm.com/dev/tools/vbdotnet/112275.htm
    この機能を使えば、簡単に、
    ログファイルの記録や、簡単な値の保存を行うなどの機能を持たせた
    アプリケーションを作成することができます。

    http://www.kamoya.co.jp/ksgrid/index.html

    KsGrid コントロールは、Microsoft(R) Visual Studio(R) 2005 で作られたグリッドコントロールです。
    KsGrid コントロールを使用することで、表形式データの表示、編集、および印刷を、戸惑うことなくプログラミングでき、美しく、強力に実現することが出来ます。
    KsGrid コントロールは、各セルのAppearance プロパティーで、Flat、Rise、Sunken をサポートします。
    また、グリッド及び各セルには、壁紙、背景色を、各セルには、背景のグラディエーション、アイコン、を多彩に設定出来るだけでなく、さらに、 AddInForFirstOfDraw、AddInForEndOfDraw プロパティーを設けることで、より豊かで、無限の表現力を実現しています。
    入力方法には、テキストボックス、コンボボックス、チェックボックスを選んでいただけるほか、強力な「切り取り」、「コピー」、「貼り付け」をご利用になっていただけます。

    ■対象DB MySQL --- このサンプルは参考になりそう
    CSVとMySQLのテーブルレイアウト
    http://winofsql.jp/VA003334/PROc070721202422_070721202447.htm

    サンプルコード
    http://winofsql.jp/VA003334/PROc070721202422_070721202504.htm


    ■VB.NET、C#、Java 【CSVを読んでテキストエリアに表示】
    http://lightbox.matrix.jp/ginpro/patio.cgi?mode=view&no=101&w=910

    ■対象DB Oracle 9 … これはShell扱い
    http://www.atmarkit.co.jp/bbs/phpBB/viewtopic.php?topic=12028&forum=3&10
    VB.NETからCSVファイルをインポートし、Oracleテーブルに追加という ことをしたい

    VB2005 CSVファイルをテーブルへインポート
    http://okwave.jp/qa3340336.html

    ■CSV形式のファイルを読み込む【日本語対応版】
    http://www.anetm.com/dev/tools/vbdotnet/112234.htm
    この機能を使えば、アプリケーションの互換性で一般的なCSV形式でのデータのやり取りなどを行うことが可能
    http://www.anetm.com/dev/tools/vbdotnet/112225.htm


    ■SPREAD for .NET 2.5J Web Forms Editionを使用した場合のサンプル
    http://www.grapecity.com/japan/support/Search/FaqContent.asp?id=22885

    ■その他(VB)
    http://homepage2.nifty.com/sak/w_sak3/doc/sysbrd/vb_t18.htm
    http://codezine.jp/a/article/aid/2184.aspx?p=1
    Visual Studioの最新バージョンであるVisual Studio 2008(以下、VS2008)は2008年2月にパッケージでの提供が始まりました。LINQやASP.NET AJAXといった言語の新機能に加え、IDEとしての機能強化、新機能が盛りだくさんで、ワクワクしていらっしゃる方も多いと思います。VS2008の魅力のすべてを紹介したいところなのですが、残念ながら多彩すぎて書ききれません。そこで本稿では、VS2008の注目すべき新機能のご紹介、および機能強化によって便利になった点を以前のバージョンであるVS2005と比較しながら紹介していきます。

    ⇒便利さが増したとは思うが、この程度ならVS2005からあえて変える必要性がも余り感じられないかな
    複数行や罫線で構成される、きめ細かな伝票をユーザーに示されて悩ましい思いをしていませんか?
    1レコード複数行表示や多段明細と言い表されるこの画面は、ビジネスとITの適合性を重視する日本のユーザーにとって欠かせない機能です。日本の業務システムと開発者を支援していくグレープシティは、この機能を容易に実装するためのグリッドコントロールを提案します。

    http://www.grapecity.com/japan/support/database/P7_395.htm#%E5%BF%85%E8%A6%81%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0%20(All%20Products)

    http://www.grapecity.com/japan/demo/multirow/default.htm
    www.atmarkit.co.jp/bbs/phpBB/viewtopic.php

    数百KBのファイルでしたら、ダウンロードできているのですが、MB単位になるとエラーが発生してしまいます。
    ⇒Response.TransmitFileを使用することで、メモリ上ではなく直接クライアントに転送することにより、実現することができました。
    support.microsoft.com/kb/823409/ja

    Response.BinaryWrite メソッドを使用して 400 MB 以上のファイルを ASP.NET ページからダウンロードすると、Aspnet_wp.exe プロセスが繰り返される場合があります。イベント ビューアのアプリケーション ログに、次のイベントが記録されることがあります。

    この修正プログラムによって、Response オブジェクトに関数が追加されます (Response.TransmitFile)。この関数は、BinaryWrite 関数の代わり、またはクライアントにファイルを送信する他の関数の代わりに使用することができます。また、この関数は、転送するファイルのサイズに関係なく使用できます。この新しい機能をテストするには、修正プログラムをダウンロードしてインストールした後、空の ASPX ページに次のコードを貼り付けます。コードの "c:\\repro\\z.zip" 行をコンピュータ内の実際の ZIP ファイルへのパスに変更する必要があります。
    MetaBase.xml / AspBufferingLimit --- しかしXP環境にはMetaBase.xmlが無かった

    http://www.atmarkit.co.jp/bbs/phpBB/viewtopic.php?topic=27080&forum=7

    http://www.netdive.jp/iis.html

    IIS6.0で 4MB 以上のデータを Response.BinaryWrite する場合の対策。
    変更場所
     %windir%system32\inetsrv\MetaBase.xml の AspBufferingLimit

    デフォルトが 4194304 となっているのでこの数値の上限を上げる必要がある。
    ただし、20MB 以上は ASP.DLL にバグがあるので個別でパッチをマイクロソフトから提供してもらう必要がある。(有償)
    826756: FIX: The Response.BinaryWrite method fails when you use it to send files that are larger than 20 MB
    826756: FIX: 20 MB より大きいファイルを送信するために、使って、送信するとき、 Response.BinaryWrite メソッドが失敗します。


    ■別の問題もあるらしい
    http://www.atmarkit.co.jp/bbs/phpBB/viewtopic.php?topic=18625&forum=7&1
    HttpResponseクラスのTransmitFileメソッド
    HOME 次のページ
    Copyright © Augmented Reality & Virtual Reality World | 拡張現実と仮想現実の世界 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    /