このブログは、拡張現実 及び 仮想現実 が使用された最新の情報と事例などを掲載しています。---This blog publishes latest information and the case where AR (Augmented Reality) and VR (Virtual Reality) are used, etc.
2017 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • さらに広がる XR (AR/VR/MR) の現状と今後 - October 2017
    Profile
    NAME:
    Etsuji Kameyama (亀山悦治)

    Profile:
    拡張現実(AR)や仮想現実(VR)の技術は、BtoC・BtoBの分野での活用が始まっている。このブログではAR、NUI、各種センサーに関わる最新の事例や技術を中心に紹介。
    ARやVRのシステムやソリューションの導入を検討されている方は、こちらか、私までご連絡ください。エンターテーメント分野、印刷分野、家具や機器の配置シミュレーション、操作支援、などへの技術選定、アプリケーション開発、運用、コンサルテーションに対応します。

    -私が関係しているサイト
    - twitter (@kurakura)
    - facebook (ekameyama)
    - LinkedIn (Etsuji Kameyama)
    - ITmediaマーケティング
    - SlideShare (ekame)
    - paper.li (kurakura/ar)
    - YouTube (ekame)
    - myspace Music (KURA KURA)
    - The 25 Most Tweeting About AR
    - Twitter most popular
    - AR Mind Map
    - AMeeT-拡張現実の紹介(ニッシャ印刷文化振興財団)
    - デジタルサイネージとAR(デジタルサイネージ総研)
    - Capital newspaper
    - Pingoo
    - 話題沸騰のAR/VRがスマートワークを進化させる(スマートワーク総研)

    インターネット学校「スクー」の90番目の講師
    AR, VR, MR + HMD, Smart Glass が生活とビジネスを変革
    ARアプリaug!(オーグ)
    インタラクティブで高精細なARコンテンツまで幅広く対応ができる、AR(拡張現実)アプリaug!(オーグ)
    Contact me 問合せはこちら
    AR活用相談、AR関連セミナー講師などの依頼についてご連絡ください。
    SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
    ぬりえAR特集 最新事例の紹介
    ぬりえAR NAVER ぬりえAR NAVER
    ぬりえAR daub(だーぶ)
    塗った「ぬりえ」が飛びだしかのように楽しめるスマートフォン向けの無料アプリdaub(だーぶ)
    はじめてのAR(拡張現実)アプリ導入
    ARアプリの基本的な知識から選定方法まで身に付けることができる資料。
    ARグラス NAVERまとめ
    ARグラス NAVER ARグラス NAVER
    Ninja Search
    Google Search
    カスタム検索
    Present number of visits
    Counter
    感覚デバイス開発

    あらゆる産業において、様々な新規デバイス・システム開発や新規サービスを創り出すべく注目が集まっている。とくにセンサー素子開発やセンサ・センシングシステムなどの研究開発者の方、ロボット開発における感覚器代替分野の研究者の方、関連業界の方々へ。
    よくわかるAR〈拡張現実〉入門

    次世代のプロモーション手法として脚光を集めるほか、エンターテイメントやコミュニケーション、教育や医療のツールとして幅広い活用・発展が期待されているARの世界がよくわかる入門書が電子書籍で登場
    Amazon検索
    Amazon
     Googleは“言葉から意味へ”移行しなければならない。クェリをもっとよく理解し、クェリの真の意味にマッチする結果を返す必要がある。“これまでのようにクェリを軽く取り扱うのではなく、”それはどういう意味か?”と自分に問わなければならない”。
     
    その後彼はちょっと脇道にそれて、ジョークまじりに、Googleのファウンダの一人であるSergey Brinの、脳に直接I/Oするという説を述べた:

    http://jp.techcrunch.com/archives/20090903google-ceo-eric-schmidt-on-the-future-of-search-connect-it-straight-to-your-brain/

    ウェブシャーク子会社のNAMAANは8月26日、ECサイト向け検索ASP「uncover EC」の提供を開始した。

     uncover ECはNAMAANが「ドリルダウン検索」と呼ぶ、絞り込み検索を採用した検索ASPだ。このドリルダウン検索では、検索対象にさまざまなタグを付与し、そのタグによって条件の絞り込みを行う。タグはツリー構造の親子関係を持つことができため、価格や商品ジャンルなど、タグにカテゴリーを持たせることができる。

    同社ではこの検索のデモとして中古車検索サービスを公開しているが、ここでは「ハンドル」「駆動方式」「ミッション」「車両価格」などに関する情報をタグとして付与しており、それぞれの条件をクリックしていくことで「右ハンドル・フロアMTモード付6AT・100~200万円」といった具合に条件を絞り込んだ検索ができる。

    http://v.japan.cnet.com/news/article/story/0,2000067548,20398793,00.htm
     UPDATE Googleが「Caffeine」という開発コード名の新しい検索技術の公開テストを実施している。検索結果には目に見える変化があるが、非常に微細な変化なので、2つを横に並べてクエリを実行しない限り、従来のGoogleとこのベータ版のGoogleの違いには気付かないだろう。

    http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20398215,00.htm
     
    Webでコンテンツを見るための基本作業を「検索」から「推奨」に変えることには、巨大なビジネスチャンスが秘められている。このシステムを実装したサイトは、推奨をリアルタイムで行える。Directed Edgeの協同ファウンダScott Wheeler曰く”何百万ものデータポイントのあるデータ集合の中から特定のアイテムに関連したデータを数ミリ秒で取り出せる。多くの推奨システムが事前に計算処理をしておいた結果を利用するが、うちは完全にリアルタイムで推奨を生成する。“。

    http://jp.techcrunch.com/archives/20090806yc-funded-directed-edge-sees-a-post-search-web-where-recommendations-rule/

    DirectedEdgeのサイト
    http://directededge.com/index.html



    『像検索はGoogle、Yahoo、およびBingも加わって鎬を削っている分野だ。Googleは先日(米国時間7/31)、Google画像検索に検索オプションを追加し、色、撮影素材(顔、写真、クリップアート、線画等)やファイルサイズなどでフィルタリングできるようにした。...Googleは12色中から色を選んで、該当する色調の画像を表示させることができる。但し、関連画像の検索についてはBingの方が精度が高い。』
    http://jp.techcrunch.com/archives/20090731google-adds-more-options-to-image-search/

    http://japan.cnet.com/techventure/2009/winner_scigineer.htm
    行動履歴や属性情報をもとに、そのユーザーにとって最適な情報を提案する「レコメンデーションエンジン」。この分野に複雑系工学理論でアプローチするのがサイジニア。

    吉井社長は、今までのサービスとの違いを下記のように語っている。
    『行動履歴から紡ぎだされるユーザーとコンテンツの間の関係性に注目することでコミュニティ(いわゆるSNSのコミュニティではなく、同じ趣向や属性を持つユーザー群のこと)を分析し、そのコミュニティを元にレコメンデーションを行っています。そのため、ユーザーごとの好みに合わせた商品やコンテンツの推薦が可能』

    単純に、サイトを訪れた本人の履歴情報だけではなく、集合知からレコメンドをしているという点が他のサービスとは大きく違う点。さらに、「コミュニティの中から、誰がトレンドリーダーであるのかを調べることができるので、マーケティング分析にも活用可能」とのこと。

    ■次々と新しい展開を続けるサイジニア、ナレッジワークスと2009年5月12日、共同で開発したサイト内検索「deqwas-SCOPE(デクワス-スコープ)」を提供開始した。http://v.japan.cnet.com/news/article/story/0,2000067548,20393105,00.htm
    http://digitallife.jp.msn.com/article/article.aspx/genreid=99998/articleid=420324/

    ナレッジワークス株式会社 - 代表 所司 里佳
    http://hp.knowledge-works.co.jp/

    IBM OmniFind Enterprise Edition(以下OmniFind)は、製品として1ノード、2ノード、4ノード構成をサポートしており、検索システムの規模に応じて最適なノード構成を選択することが可能

    ■セキュア検索とIdentity Management Component
    OmniFindでは、検索を行ったユーザーが見る権限のないドキュメントを検索結果の中から除外する、セキュア検索をサポートしています。これによって、人事情報や営業情報など、いわゆるコンフィデンシャル情報を、権限がない人が検索結果として見えてしまうことを防げます。

    http://www.ibm.com/developerworks/jp/ysl/library/data/y-db2-0902omnifine02/?ca=dnj-0220&open&cm_mmc=4868-_-n-_-vrm_newsletter-_-10844_105784&cmibm_em=dm:0:9794449#N1005B

    http://memdb.typepad.jp/explosion/j1_10_/index.html

    「データ爆発」が始まった! ・・・ 捨てるか掘出すか ビジネスパワーの新時代が来る!

    年間数億件超えるデータ。 「数億円の仕掛けを使って、結果は明日」 ・・・ では、ビジネスは変えられない。
    今度こそ! ・・・ IT業界は、「真に役に立つ解」を提示できるのだろうか。
            ・・・ ユーザ自身が「選択できる技術」は、基本的に「シンプル」でなければならない。

    転職in
    http://v.japan.cnet.com/news/article/story/0,2000067548,20385319,00.htm

    自然言語処理研究事業などを手掛けるフォリフは12月17日、求人情報のバーティカル検索サービス「転職in」を公開した。

     転職inは、企業各社が自社サイトで公開している求人情報やハローワークの求人情報などを独自開発のクローラーで収集し、一括して検索できるサー ビスだ。企業サイトに関しては、求人情報以外の情報もクロールしており、そのデータを解析することで、自動的に職種を判別しているという。そのため、フ リーワードと職種での検索が可能となっている。

    今回は福岡県、静岡県、札幌市の3地域に向けてサービスをリリース
    しました。サービスの利用はすべて無料になっています。

    今後はバーティカルサーチエンジンの精度を向上させるとともに、
    日本全国の地域ごとにサービスを展開していきます。

    http://thinkit.jp/article/744/1/
    インデクシングの速度やインデックスのサイズを実際に測定/比較していきます。比較対象とするのは、Namazu、Lucene、Estraier、Hyper Estraier、Sennaの5つの全文検索システムです。

    この実験では、日本語で書かれた文書を実際にインデックスに登録して、その速度を測定しました。登録する文書には、電気通信大学 尾内・林研究室(http://www.seman.cs.uec.ac.jp/)で開発し、公開実験を行っていた画像付きblog検索システム「もぶろげっと」の収集したブログのページを使用しました。

    CloudletプラグインでGoogleやYahooにタグ検索を
    http://jp.techcrunch.com/archives/20081217cloudlet-plugin-brings-tag-based-search-to-google-yahoo/

    シンプルで便利。Cloudletは、Firefoxのアドオンを利用して(ただし最新の3.1ベータ専用)GoogleやYahooでタグを使った検索ができるようにするもの。することはそれだけだが、見事にやってくれる。

    ⇒使えるのはFireFoxのみのようだ。使ってみたところ...これは便利!!

    SearchServer2008 Express
    http://www.microsoft.com/enterprisesearch/products.aspx

    マイクロソフトからサーチエンジンのfreeダウンロードが開始された

    ・Take advantage of a familiar, easy-to-use search experience.
    ・Go from a free download to searching in minutes, using the quick setup process. It’s easy to configure, easy to maintain.
    ・Deploy a search solution powerful enough to meet your search needs, now and as they grow.

    Learn more
       Download Search Server 2008 Express for free


    ■Search Server 2008 Express RCを使ってみた
    http://ameblo.jp/vienna7/entry-10054959773.html

    フォトナビ
    http://biz.photonavi.jp/lineup/pnasp.html

    ゼータ・ブリッジは9月4日、ソニーと共同で国内技術開発を行っている画像認識技術を利用した類似画像検索サービスのASP提供を開始した。企業の販促活動などでの利用を見込む。

     画像認識技術を利用した類似画像検索サービス「フォトナビASP」は、利用者がインターネットで写真などの画像を送信すると、画像の特徴を解析し、事前に登録した多数の画像の中から類似画像を検索する画像認識システム。



     

    http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20373925,00.htm
    ゼータ・ブリッジは5月26日、ショッピングポータルサイト「miteca(ミテカ)」ベータ版を公開した。

    ミテカ
    mitecaは、「見て買う」をコンセプトにしたショッピングポータルサイト。商品のカテゴリや画像、キーワード、ブランドなどをもとにファッションアイテムを検索できる。現在はAmazonの商品のみを検索対象としている。また、同社が「物体認識技術」と呼ぶ画像認識技術を活用することで、ユーザーがmiteca上で気になった商品の画像もしくは手持ちの商品画像を元に、色や形状の似た商品を検索できる「見た目検索」機能を搭載する。

     海外でもRiyaが類似画像を検索できるショッピングポータル「Like.com」などを提供しているが、同社では「ユーザーが所有する画像を元に類似商品の検索できることはmitecaの大きな特長」と説明する。
    コーディネイト

    ⇒RiyaのLink.comは顔認識では先行して研究開発を行っており、Link.comのサービスを立ち上げていたが、自分の持っている画像と類似する商品を探せないのが残念だった。mi+tecaではそれが、実現されていた。
    類似検索を試してみたが、結果ゼロで有ったり、余り似ていなかったりと、少し改善した方が良いと思った。
    また、コーディネイトした組み合わせを記録しておけるのは面白いと思う。海外のサイトでも似たようなサイトがある。

    http://thinkit.jp/article/726/1/
    全文検索システムの比較には、さまざまな評価項目があります。このサイトでは、その評価項目について解説されています。
    http://api.emetadata.net
    Mextractrは、テキストから5W1Hの記述(いつ、どこ、誰、何、どう、いくら etc)を抽出します。
    抽出した5W1H情報は、元文書のメタデータとして文書管理に活用したり、 個人情報の発見や
    名寄せに活用できます。
    Mextractr for Mashupは、不定形テキストをマッシュアップ可能な情報へと加工する
    お手伝いをします。日付や場所を抽出し、正規化、数値化することによって素材間の意味ある
    紐付け、連携を可能にします。

    http://www.metadata.co.jp/news/PressRel080826.htm
    メタデータ株式会社(本社:東京都墨田区、代表:野村直之)は、日本語テキスト中の個人情報を伏字化するサーバ・ソフトウェア「Mextractr個人情報フィルタ(プライバシ・フィルタ)」を9月下旬より発売します。「Mextractr個人情報フィルタ(プライバシ・フィルタ)」は、メールやWebのフォームで受け付けた顧客からの情報や、営業報告など日々企業内を流れるテキストデータから、個人名、住所などの個人情報を自動的に抽出し、その全部または指定した一部分(例:姓名のうち姓だけ)を伏字化し、従来の手作業の負担を大幅に軽減します。マッシュアップにより様々な既存システムに容易に組み込めるのも大きな特徴です。
    第1回:検索ログと検索エンジン
    http://thinkit.jp/article/712/1/

    現在、多くのWebサイトではそのサイト内の情報を検索できる「検索窓」「検索ボックス」を設置しています。

    例えば、この記事の上の方にも検索窓があります。検索ログとは、この検索窓から得られるログのことです。サイトの閲覧者はそれぞれが欲しい情報を探すために、検索窓にキーワードを入れてサイト内のドキュメントから検索を行います。そのときに検索についての履歴を記録したのが検索ログです。

    http://bs.nttdata.co.jp/i-lligra/suggest/solution/index.html
    i-lligra サジェストは、独自の日本語処理機能でデータ入力や情報検索のシーンにおいて、これまでにない画期的なユーザビリティを実現します。 「お客さまの声をきちんと収集・活用したい」「ナレッジを活用したい」「入力品質を向上させたい」という現場の業務課題を解決するソリューションです。コンタクトセンタ業務において重視される”後処理”時間の効率化だけでなく、ナレッジの検索の効率化さらには、文章品質の向上によるVOC活用促進や付加価値提供に効果が期待できます。
    前のページ HOME 次のページ
    Copyright © Augmented Reality & Virtual Reality World | 拡張現実と仮想現実の世界 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    /