このブログは、拡張現実 及び 仮想現実 が使用された最新の情報と事例などを掲載しています。---This blog publishes latest information and the case where AR (Augmented Reality) and VR (Virtual Reality) are used, etc.
2018 . 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • さらに広がる XR (AR/VR/MR) の現状と今後 - October 2017
    Profile
    NAME:
    Etsuji Kameyama (亀山悦治)

    Profile:
    拡張現実(AR)や仮想現実(VR)の技術は、BtoC・BtoBの分野での活用が始まっている。このブログではAR、NUI、各種センサーに関わる最新の事例や技術を中心に紹介。
    ARやVRのシステムやソリューションの導入を検討されている方は、こちらか、私までご連絡ください。エンターテーメント分野、印刷分野、家具や機器の配置シミュレーション、操作支援、などへの技術選定、アプリケーション開発、運用、コンサルテーションに対応します。

    -私が関係しているサイト
    - twitter (@kurakura)
    - facebook (ekameyama)
    - LinkedIn (Etsuji Kameyama)
    - ITmediaマーケティング
    - SlideShare (ekame)
    - paper.li (kurakura/ar)
    - YouTube (ekame)
    - myspace Music (KURA KURA)
    - The 25 Most Tweeting About AR
    - Twitter most popular
    - AR Mind Map
    - AMeeT-拡張現実の紹介(ニッシャ印刷文化振興財団)
    - デジタルサイネージとAR(デジタルサイネージ総研)
    - Capital newspaper
    - Pingoo
    - 話題沸騰のAR/VRがスマートワークを進化させる(スマートワーク総研)

    インターネット学校「スクー」の90番目の講師
    AR, VR, MR + HMD, Smart Glass が生活とビジネスを変革
    ARアプリaug!(オーグ)
    インタラクティブで高精細なARコンテンツまで幅広く対応ができる、AR(拡張現実)アプリaug!(オーグ)
    Contact me 問合せはこちら
    AR活用相談、AR関連セミナー講師などの依頼についてご連絡ください。
    SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
    ぬりえAR特集 最新事例の紹介
    ぬりえAR NAVER ぬりえAR NAVER
    ぬりえAR daub(だーぶ)
    塗った「ぬりえ」が飛びだしかのように楽しめるスマートフォン向けの無料アプリdaub(だーぶ)
    はじめてのAR(拡張現実)アプリ導入
    ARアプリの基本的な知識から選定方法まで身に付けることができる資料。
    ARグラス NAVERまとめ
    ARグラス NAVER ARグラス NAVER
    Ninja Search
    Google Search
    カスタム検索
    Present number of visits
    Counter
    感覚デバイス開発

    あらゆる産業において、様々な新規デバイス・システム開発や新規サービスを創り出すべく注目が集まっている。とくにセンサー素子開発やセンサ・センシングシステムなどの研究開発者の方、ロボット開発における感覚器代替分野の研究者の方、関連業界の方々へ。
    よくわかるAR〈拡張現実〉入門

    次世代のプロモーション手法として脚光を集めるほか、エンターテイメントやコミュニケーション、教育や医療のツールとして幅広い活用・発展が期待されているARの世界がよくわかる入門書が電子書籍で登場
    Amazon検索
    Amazon
    中国で「カンバン方式」に挑んだソフト会社
    http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20080312/296069/

    「当社の開発センターは“ソフト工場”を目指している」。中国・山東省にある青島でオフショア開発を展開する軟脳離岸資源(青島)有限公司の張徳評総経理は、開発工程にカンバン方式を導入した理由をこう説明する。
    http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20060402/234199/?ST=ittrend
    アナログ手法が良いかも


    タスクかんばんによってチーム全員が現在のプロジェクトの状況を的確に認識できることは,様々な利点をもたらす。どこかで問題が発生した場合に,チーム・メンバーが自律的なアクションをとりやすい,というのがその例だ。タスクかんばんがないと,チームの中で互いに誰が何をしているかを把握することさえ難しいだろう。

    ツールが紹介されていた
    http://trichord.change-vision.com/ja/index.html

    TRICHORD(トライコード)は、プロジェクトに関わる人々を支援するプロジェクトマネジメントツールです。シンプルで、直感的な「プロジェクトの見える化」を実現します。

    ときことひとから、プロジェクトの改善のためにプロジェクトの状況や問題を視覚化(見える化)します。また、カードを模したユーザーインターフェースを用いて、視覚化だけでなく、直感的な操作性を提供します。


    http://www.atmarkit.co.jp/im/cits/serial/basic/index.html
    「IT導入を行う企業はITの本質を理解し、ベンダと対等に渡り合えるようになるべきである。そのために必要な基礎知識を伝授する」等、10回の連載

    http://adminn.fc2web.com/houmu/keiyaku/keiyaku3.html
    契約書のツボ - システム開発契約書

    http://www.jisa.or.jp/legal/commerce.html
    「新しいソフトウェア開発委託モデル契約書」における主要条項の策定趣旨

    http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20080925/315395/
    あっ、と気付いたときは手遅れだ。運用操作を間違えた、パラメータの変更を忘れた、障害対応を誤った――。作業者の「うっかりミス」によるシステム障害が止まらない。本誌が過去3年に発生したトラブルの原因を調べたところ、全体の半分に達した。作業者を責めたり責任者を処罰したりしても、ミスは減らない。ミスを誘発する根本的な原因を突き止めて対策を講じることが不可欠だ。うっかりミスをなくす方策を探る。
    http://fnya.cocolog-nifty.com/blog/
    システム開発に関する話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。
    ⇒なかなか面白いつぶやきです。

    http://buyers.networkworld.jp/security/article.php/20071214223913656
    ケーススタディによる安全なWebサイト構築と運用
    JNSA技術部会WEBアプリケーションセキュリティWG

     

    ITプロジェクトの価値を伝えるのに有効なものは
    2003/06/30 20:26
    スコープの変更をメンバーに納得させるには?
    2003/06/09 10:00
    ITプロジェクトマネージャーにとっての必須事項は?
    2003/06/02 10:01
    プロジェクトマネージャーがつい見落としがちなことって何だろう?
    2003/05/20 10:01
    突然プロジェクトを頓挫させてしまうものは?
    2003/05/12 11:43
    プロジェクト管理上最悪のミスは何なのか?
    2003/05/06 18:54
    私の「イライラの素」ベスト10
    2003/04/29 10:00
    http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20080730/311743/
    発注者ビューガイドラインは「外部設計」のノウハウ集である。外部設計とは要件定義の結果を基に、インタフェースを確定させることを指す。この工程でユーザーとシステムのインタフェースである画面や帳票に加えて、外部システムとの接続部分を決めていく。基本設計や概要設計とも呼ぶ。

    ▼プロジェクト・マネージャの「やってはいけない」
    http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20080325/297007/

     プロジェクト・マネジメントにはセオリーがある。セオリーを知らずに,あるいは
    軽視して,失敗するプロマネは少なくない。現場でたたき上げた凄腕PMが,プロマネ
    がやってはいけないことを解説する。

    コミュニケーション編
    (1)クレームを攻撃してはいけない 
    (2)空中戦をやってはいけない 
    (3)メールに頼りすぎてはいけない 
    (4)議論を恐れてはならない 
    (5)聞き手責任で話をしてはいけない 

    製造/テスト編
    (1)危険察知に鈍感になってはいけない  
    (2)任せすぎてはいけない 
    (3)問題点やリスクの把握を怠ってはいけない 
    (4)表面の現象で対策を打ってはいけない 

    チーム編成編
    (1)メンバーのご機嫌を取ってはいけない 
    (2)肩書きに惑わされてはいけない 
    (3)できる人間を担当者にしてはいけない 
    (4)組織を固定化してはいけない 
    (5)組織を細切れにしてはいけない 

    見積もり編
    (1)前提条件を無視してはいけない 
    (2)シナリオを忘れてはいけない 
    (3)見積もりをかけ算・足し算と考えてはいけない 
    (4)WBSを軽視してはいけない 
    (5)リスクを考慮せず契約をしてはいけない 
    (6)値切ってはいけない 
    (7)値引きに簡単に応じてはいけない 
    (8)FPを過信してはいけない 
    (9)いつも同じ見積もり技法を使ってはいけない 
    (10)外注協力企業と馴れ合いになってはいけない 

    計画編

    (1)キックオフ・ミーティングを省いてはいけない 
    (2)計画書作成をペーパーワークと思ってはいけない 
    (3)レビューを省いてはいけない 
    (4)進捗基準が不明確なままスタートしてはいけない 
    (5)スケジュール表を何度も書き換えてはいけない 

    進捗管理編
    (1)工数をうのみにしてはいけない 
    (2)あいまいな報告を認めてはいけない 
    (3)人月を入れ替えてはいけない 
    (4)アドホックな開発をしてはいけない 
    (5)PMは座っていてはいけない 

    資質編
    (1)文章チェックを省略してはいけない 
    (2)計画書をコピペしてはいけない 
    (3)説明できない言葉を使ってはいけない 
    (4)いつも同じ製品を選んではいけない 
    (5)働いた分給料をもらえると思ってはいけない 

    ▼すごい現場 ---なぜ繰り返すのか?システム障害
    http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20080307/295672/

     無事にカットオーバーしたはずのシステムが,処理停止,処理誤り,性能劣化,
    情報漏洩/改ざんなどの障害に見舞われる。深刻なのは,同じ現場が繰り返し障害に
    直面することだ。

    1人で仕事を抱え込む
     http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20080805/312191/
    ユーザーの言葉を鵜呑みに
     http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20080805/312198/
    分かってくれると思い込む
     http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20080805/312192/
    “遠慮”が招く責任者不在
    専門外に横やりを入れる

    ■管理者が申請された残業時間を減らすこと、合法?
    http://e-time.cocolog-nifty.com/blog/2005/09/post_6d3c.html
    管理者が部下の従業員が申請してきた残業時間を減らす場合がありますが、これは問題がないでしょうか。勤怠システムでキチント変更履歴を管理すると完璧なようですが、思わぬ問題もありそうです。

    ■残業管理の徹底!ここまでやらなければダメ!
    http://e-time.cocolog-nifty.com/blog/2005/09/post_0ec5.html
    一般的な勤怠システムでは残業時間の事後集計ですが、「残業管理の徹底」という意欲が各企業で見られます。しかしながら、残業時間の集計という機能から一歩も踏み出していない勤怠パッケージがその実現を阻んでいます。

    ■部下が申請してきた残業時間を減らす、処理方法によっては危険!
    http://e-time.cocolog-nifty.com/blog/2005/09/post_a7e8.html
    部下の残業時間を減らすことについて、システムと運用によっては問題含みです。

    ■命令した残業時間が1時間、翌日2時間の残業を申請してきた。どう対応する?
    http://e-time.cocolog-nifty.com/blog/2005/09/12_c0e5.html

    http://srcedit.pekori.jp/tool/wbsmake.html

    -WBS(ガントチャート)雛形作成-
    指定した期間のWBS(ガントチャート)の雛形を作成します。
    休日の判定に角田さんの祝日判定ロジックを利用しています。
    Excel97以上で動作します。

    http://www.pref.fukushima.jp/roui/roushitoraburuqa/kobetu/200509.html
    法定労働時間内であれば、就業規則等に特段の定めがない限り、会社は割り増し賃金を支払う必要はありません。しかしその場合でも、午後5時から6時までの1時間については、会社は労働者にその労働者の1時間当たりの賃金を支払わなければなりません。
    前のページ HOME 次のページ
    Copyright © Augmented Reality & Virtual Reality World | 拡張現実と仮想現実の世界 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    /