このブログは、拡張現実 及び 仮想現実 が使用された最新の情報と事例などを掲載しています。---This blog publishes latest information and the case where AR (Augmented Reality) and VR (Virtual Reality) are used, etc.
2018 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • さらに広がる XR (AR/VR/MR) の現状と今後 - October 2017
    Profile
    NAME:
    Etsuji Kameyama (亀山悦治)

    Profile:
    拡張現実(AR)や仮想現実(VR)の技術は、BtoC・BtoBの分野での活用が始まっている。このブログではAR、NUI、各種センサーに関わる最新の事例や技術を中心に紹介。
    ARやVRのシステムやソリューションの導入を検討されている方は、こちらか、私までご連絡ください。エンターテーメント分野、印刷分野、家具や機器の配置シミュレーション、操作支援、などへの技術選定、アプリケーション開発、運用、コンサルテーションに対応します。

    -私が関係しているサイト
    - twitter (@kurakura)
    - facebook (ekameyama)
    - LinkedIn (Etsuji Kameyama)
    - ITmediaマーケティング
    - SlideShare (ekame)
    - paper.li (kurakura/ar)
    - YouTube (ekame)
    - myspace Music (KURA KURA)
    - The 25 Most Tweeting About AR
    - Twitter most popular
    - AR Mind Map
    - AMeeT-拡張現実の紹介(ニッシャ印刷文化振興財団)
    - デジタルサイネージとAR(デジタルサイネージ総研)
    - Capital newspaper
    - Pingoo
    - 話題沸騰のAR/VRがスマートワークを進化させる(スマートワーク総研)

    インターネット学校「スクー」の90番目の講師
    AR, VR, MR + HMD, Smart Glass が生活とビジネスを変革
    ARアプリaug!(オーグ)
    インタラクティブで高精細なARコンテンツまで幅広く対応ができる、AR(拡張現実)アプリaug!(オーグ)
    Contact me 問合せはこちら
    AR活用相談、AR関連セミナー講師などの依頼についてご連絡ください。
    SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
    ぬりえAR特集 最新事例の紹介
    ぬりえAR NAVER ぬりえAR NAVER
    ぬりえAR daub(だーぶ)
    塗った「ぬりえ」が飛びだしかのように楽しめるスマートフォン向けの無料アプリdaub(だーぶ)
    はじめてのAR(拡張現実)アプリ導入
    ARアプリの基本的な知識から選定方法まで身に付けることができる資料。
    ARグラス NAVERまとめ
    ARグラス NAVER ARグラス NAVER
    Ninja Search
    Google Search
    カスタム検索
    Present number of visits
    Counter
    感覚デバイス開発

    あらゆる産業において、様々な新規デバイス・システム開発や新規サービスを創り出すべく注目が集まっている。とくにセンサー素子開発やセンサ・センシングシステムなどの研究開発者の方、ロボット開発における感覚器代替分野の研究者の方、関連業界の方々へ。
    よくわかるAR〈拡張現実〉入門

    次世代のプロモーション手法として脚光を集めるほか、エンターテイメントやコミュニケーション、教育や医療のツールとして幅広い活用・発展が期待されているARの世界がよくわかる入門書が電子書籍で登場
    Amazon検索
    Amazon


    『このブラグインを利用することで、Twitterのタイムラインや検索結果のストリームから得たツイート情報を、mashmatrix Dashboard for Salesforce上のマウス操作だけでSalesforce Chatterへ引用して投稿できるようになる。  また、取引先や商談など、既存のCRMシステム内のレコード情報と投稿を関連づけることができるため、ある情報に関連する発言のタイムラインをリスト表示するといったことができる。そのほか、TwitterとChatterへの同時投稿や、複数メディアのタイムラインを同時閲覧するといったことも可能だ。 』

    via ZDNet Japan
    http://japan.zdnet.com/news/internet/story/0,2000056185,20411937,00.htm?ref=rss
    店舗maticは、流通や小売業、飲食業をはじめとした多店舗チェーンビジネスにおける、本部と店舗間のコミュニケーションの共有基盤を提供するSaaSソリューション。多店舗チェーンビジネスに最適化された「お知らせ機能」、回答フォームの作成や集計を実行する「情報回収機能」、「情報ポータル機能」、販売業務のスケジュールを管理する「商売カレンダー機能」、「文書管理機能」などにより、本部と店舗間の情報共有とコミュニケーションの質を向上させ、現場スタッフの作業負担を軽減するという。

    via ZDNet Japan
    http://japan.zdnet.com/news/internet/story/0,2000056185,20411968,00.htm?ref=rss

    ネットでもクチコミの効果が高いことを改めて感じる。

    サイバー・バズは4月8日、同社のサービスを利用するブロガーを対象に実施したアンケート調査「インターネットショッピングの情報源について」の結果を発表した。
    調査によれば、インターネットで買い物をする際に商品購入の決め手となる情報源は、「比較サイト」と「検索結果」がそれぞれ24%、「ブログの情報」が19%だった。一方、「企業・商品サイト」は10%で、企業サイトよりも第三者の意見を参考に消費行動を起こしていることがわかった。』

    via CNET Japan
    http://japan.cnet.com/marketing/story/0,3800080523,20411805,00.htm?ref=rss


    『まちツイは、自分のTwitterフォロワーがどんな地域に住んでいるかを競う位置ゲーム、地域別のフォロワー数ランキング、都道府県別・市区郡別の「ユーザーディレクトリ」の3つの機能を持つ。  
    Twitterユーザーのエリア判定は、プロフィール欄に書かれている都道府県名・市町村名・駅名および、発言中のコメントに含まれているGPSの緯度経度情報を元にしている。 』

    ⇒自分のフォロワーがどこに住んでいるのか競う必が有るのかな?とは思う、が興味深い情報が得られそうだ。その情報を収集して、マーケティングに生かすことが出来る。

    via CNET Japan
    http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20411873,00.htm?ref=rss

    『Big Dataと聞くとギークたちはコーフンするが、でもふつうの人は(Excel中毒の人以外は)ばかでかい表に性的魅力を感じたりしない。各種の公開データをWiki的に提供するサービスFactualが、同サイトのデータを表以外の形で視覚化する一連のツールを、このほど導入した。 これからは、同サイトのどの表にも”visualizations”(視覚化)タブがあって、データの提供者は簡単にそのデータをグラフや地図、画像などで表現できる。たとえばこれは、レストランのデータベースを地図化したページだ。またこのハイキングコースガイドには、コースの難度、距離、今日の天候、利用可能日などが図解されている(右の画像)。視覚化はWebサイトにコードとして埋め込めるので、編集もできる。各項目に”edit this”(これを編集)ボタンがあり、それを使ってミスの修正や情報の追加ができる。...』

    via TechCrunch
    http://jp.techcrunch.com/archives/20100326factual-visualize-big-data/

    冷蔵庫に入れた食品を120個まで登録して管理し、食品に合わせて経過日数を通知するという。
    有ったら面白いなあと思っていたら、NECビッグローブ社が実現した。メンテナンスが大変だと思うので、実用的かどうかは少し疑問だなあ。


    via Markezine
    http://markezine.jp/article/detail/9934
    Salesforceは事例が増え続けている。今回は中外製薬のコールセンターへ導入された。そろそろ真剣に調べてみようかなっ。

    『セールスフォース・ドットコムは3月17日、中外製薬がコールセンターシステムの刷新にあたり、同社の「Salesforce CRM」「Service Cloud」の導入を行ったと発表した。ライセンスの販売およびシステム開発は、キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ)が行った。  中外製薬は、Salesforce CRMとNTTコミュニケーションズのIPコールセンターASPサービス「Customer Connect」を連携し、コールセンターシステムを構築。2008年11月に、コールセンター機能を担う医薬情報センターで運用を開始した。導入前に比べ、医師、薬剤師、患者、自社MRなどからの問い合わせへのキャパシティが20%増加したという。また、MR支援システムとも連携して問い合わせ情報のフィードバックを図り、顧客対応力の強化を実現したとしている。』

    more...
    http://japan.zdnet.com/sp/case/story/0,2000056379,20410562,00.htm?ref=rss
    社団法人デジタルメディア協会が、同協会が毎年開催する「デジタル・コンテンツ・オブ・ジ・イヤー‘09/第15回AMDアワード」の優秀賞受賞作品を発表した。 『1 映画「アバター」/2 Crunchyroll/3 映画「サマーウォーズ」/4 セカイカメラ/ /5 Twitter/6 特ダネ投稿DO画/7 トモダチコレクション/8 ドラゴンクエストⅨ 星空の守り人 /9 BeeTV/10 mixiアプリ』

    via Second Times
    Second Times http://www.secondtimes.net/news/japan/20100303_amd.html
    SaaS、クラウドと、アプリケーションの提供形態が変化してきているが、価格破壊が起きるのはこれからかもしれない。

    『数年前と比べると企業向けクラウドアプリケーション(SaaS)のサービス価格のトレンドは明らかにリーズナブルな価格となってきている。企業向けクラウドアプリケーションは、メールやカレンダーのように全従業員向けに提供するサービスと。SFAやCRMなどのように部門特化で提供するサービスと分かれる。SFAなどの部門特化型サービスは導入アカウント数が少ないこと、ソリューションが明確であること、導入効果が直接企業の収益に直結することから、価格的には1アカウント当たり月額数千円から数万円というレンジが相場となっている。全従業員向けサービスは従業員数が費用に直結することから1アカウント月額800円から1500円台というのがこれまでの相場であった。 Google Appsが1アカウントあたり年間6,000円(月額500円)で提供し初めてから月額百円台の価格が全従業員導入型の企業向けクラウドアプリケーションの価格帯となってきている。この価格帯になると、100名の規模の会社でも年額60万円とリーズナブルな価格で導入が可能となるためにパッケージ導入よりもクラウドアプリケーションを選択する。 』

    続きは、下記のサイトで...
    http://japan.zdnet.com/blog/got/2010/03/13/entry_27038140/?ref=rss

    この記事はsalesforce.comのファウンダー、会長、CEOMarc Benioffの寄稿を引用。
    ソーシャルの情報をいかに取り入れ、新しいものを生み出すか。今後はよりいっそうこの波が大きく押し寄せてきそうだ。

    『私はFacebookとTwitterにログインして、私のフォロワーたちのネットワークのパワーを借りるところから一日を始める。これが生産性の向上をもたらす最良の方法だ。私はさまざまな方法でこの最新のインターネットの機能を利用している。新しい広告キャンペーンのテスト、顧客の反応の収集、私の著作のプロモーション、それどころか、salesforce.comが開発した新しいサービスのネーミング、そうしたことがFacebookとTwtterネットワークのおかげで、文字通り朝食前にできてしまう。私だけではない。たとえばVinnie Mirchandaniは最新の著書をオンラインでプレビュー公開しているが、それを読むとスターバックス、エイボン、ペプシといった大企業がこうしたソーシャル・ネットワークを利用していかに効果的に生産性を向上させているかよくわかる。あるいはFacebookでもっとも人気のあるアプリの一つ、Causesが慈善活動にどれほど大きな影響を与えているかを見てもよい。』

    via Tech Crunch
    http://jp.techcrunch.com/archives/20100310facebook-imperative-cannot-be-stopped/

    Twitterを企業向けで使用する場合に良さそう。痒いところまで手が届いているようだ。

    『グルーヴィーメディアは3月10日、Twitter投稿管理ツール「cockpit」をリニューアルした。製品名を「hornet」に変更し、インターフェースを一新。また解析機能も強化した。 hornetは法人をターゲットにしたASP形式のTwitterの管理ツール。複数Twitterアカウントの予約投稿やRSSの自動配信などができる。また、管理者が承認した内容のみを投稿するワークフロー機能も備える。』

    via Cnet Japan
    http://japan.cnet.com/venture/news/story/0,3800100086,20410131,00.htm?ref=rss

    mixiに続き、MySpaceでも、ソーシャルアプリが普及しそうな予感。

    『SNSのMySpaceが、同サービス内で提供されているソーシャルアプリ(ゲーム)の開発環境をより整備・拡充することを発表した。 MySpaceは、Facebookと同様に世界中にユーザーを持つ大手SNSの一つ。元々は音楽が好きな若者とアーティスト、ミュージシャン向けのSNSだったが、2008年2月に外部のディベロッパーがMySpace内で自作のアプリを提供できる「MySpace Developer Platform」を開始しソーシャルプラットフォームとなった。』

    via Second Times
    http://www.secondtimes.net/news/world/20100311_myspace.html
    ■インフォテリア、Twitter連携のiPhone向けカレンダーアプリ「TwitCal」を6カ国語で公開

    『インフォテリアは3月8日、iPhone向けのカレンダーアプリケーション「TwitCal」を正式リリースしたと発表した。iTunesのApp Storeにて350円で販売する。日本語に加えて英語やフランス語、スペイン語、中国語、韓国語の計6カ国語での同時リリースとなる。 』

    続きはCnet Japanで...
    http://japan.cnet.com/mobile/story/0,3800078151,20409975,00.htm?ref=rss


    ■レノボ・ジャパン、Twitterを開始--ThinkPad担当やショッピング担当らがつぶやき
    『レノボ・ジャパンは3月8日、自社の公式アカウントでTwitterを開始した。製品担当者がThinkPadなどのレノボ製品に関する話題や最新情報を提供するLenovoJP_TPと、レノボ・ショッピング担当者による、直販サイトに関する最新情報やキャンペーン情報を提供するLenovoJP_Shopの2つのアカウントを用意。』

    続きはCnet Japanで...
    http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20409967,00.htm?ref=rss


    ■東急ハンズ、Twitterで在庫検索ができる「コレカモネット」

    『東急ハンズは3月8日、Twitterを活用した対話形式の商品在庫検索サービス「コレカモネット」を開始した。3月31日までの実証実験だ。Twitterもしくはコレカモネットのアカウントでログインし、コレカモネットのサイト上で欲しい商品をつぶやくと、検索ロボット「コレカモさん」がお勧め商品と取り扱い店舗、在庫状況を答える。Twitter上で@korekamo宛にメッセージを投稿した場合も、同じ機能が利用できる。』

    続きはCnet Japanで...
    http://japan.cnet.com/marketing/story/0,3800080523,20409984,00.htm?ref=rss
     
    『Shibuyaは現在プライベートベータで、Adobe AIRで作成されるアプリケーションに、試用期間を設けた販売機能を付加するためのプラットフォームだ。これを利用することで開発者はAdobe AIR Marketplaceにアプリケーションをアップロードして販売することができるようになる。PlaySpanの決済サービスを有効にするにはアプリケーションに、予め用意されている数行のコードを追加して、価格と試用期間を設定する。そうしてアプリケーションをアップロードすれば支払いシステムへの対応も完了となる。開発者には月次で自動的にレポート、分析、そして売上げが送られてくる。』

    続きはTechCrunchで...
    http://jp.techcrunch.com/archives/20100303adobe-taps-playspan-to-power-payments-for-air-developer-platform-shibuya/

    ドイツに本社を置く企業向けソフトウェアベンダーのSoftware AGは3月2日(現地時間)、ドイツ・ハノーバーで開催中のIT見本市「CeBIT 2010」で同社初のクラウドソリューション「ARISalign」を発表した。ビジネスプロセス管理(BPM)にかかわるプロジェクトをクラウド上で共有可能で、同日よりオープンベータ版の提供を開始している。
    トヨタがイメージ回復にTwitterを使用。Twitterがこのような場面に使われるとは、或る意味すごいことだ。

    『トヨタは大規模リコールによる厳しい批判への対応に追われ、売上げにも影響が出始めている。イメージ回復のために会社は何をするか。もちろん、Twitterである。日本の自動車巨人はTweetMeme上にブランドチャンネル開設した。委託を受けたFederated Mediaが、Twitter上のトヨタに関する会話のまとめや整理を行う。

     

    Toyota Conversationsと名付けられたサイトには、ニュース記事からプレスリリースまでトヨタに関してツイートされたトップニュースが集められている。Twitter上で共有されたトヨタに関するビデオと画像のトップリストも見ることができる。また同サイトにはトヨタのTwitterアカウント発の主要ツイート一覧や、プレスルームもあるほか、Tweetmemeのリツイート用広告であるAdTweetのトヨタ版も用意されている。』

     
    クラウドを使用したソフトのデモや教育を行うサービス。大手企業向けで成功したノウハウを、無料で中小企業向けに提供を始めた。
    『CloudShareは基本的にIT環境のためのコラボレーションツールであり、ユーザは企業のIT環境において、時間の制約なく、共有、対話、コラボレーションなどができる。CloudShare Proの環境は、サーバ、ネットワーキング、ストレージ、オペレーティングシステムのインストール、基盤的なアプリケーションのライセンス(SAP、Oracle、Microsoftなどのソフトウェア)などがあらかじめ構成済みである。また、スピード、スケーラビリティ、そしてROIについても一定の保証がある。同社によれば、企業ユーザはこのサービスを利用することによって営業サイクルを短縮でき、コストを30〜50%削減できている。そのような効果分析は、CloudShareの分析ダッシュボードから行える。』

    続きはTechCrunchで...
    http://jp.techcrunch.com/archives/20100215cloudshare-launches-lightweight-version-of-software-deployment-platform/

    公式サイト
    http://www.cloudshare.com/
    日々情報が増加し続けるソーシャルメディアの情報。溢れ出す情報の中から自分が気にしている情報を定期的に知らせてくれるtrackur。これは便利そうだ。

    『Trackurでキーワードを検索すると、通常の検索のほかにソーシャルメディアやトゥウィート、ビデオ、画像、タグなども探すから、そのキーワード…製品名、会社名など…がどんなところにどれだけ出現しているかが分かる。そしてその時系列の結果を、グラフで表示してくれる。検索を‘保存’すると、Trackurはそれを30分おきに自動的に実行して、そのキーワードの新しい言及の出現を教えてくれる。 有料バージョンでは複数の検索==複数のキーワードをユーザのダッシュボードに保存できるが、無料バージョンで保存できるのは一つの検索だけだ。でも、個人や小さな企業にはそれで十分だろう。もちろんTrackurとしては、いつの日か有料バージョンにアップグレードしてくれることを、期待しているわけだけど。 Trackurと同様のサービスはたくさんある。たとえばRadian6、Visible Technologies、Attentioなどだ。』

    続きはTechCrunchで...
    http://jp.techcrunch.com/archives/20100225trackur/

    公式サイト
    trackur.com
    店舗を構えたことが有れば分かると思うが、沢山人が通る場所だからと行って、来店数が多いとは限らない。いかに知らない人に知ってもらい、来店することに価値があるかを伝えることが重要だ。これを解決しようと試みたのが、ShopAlertsというサービスだ。

    『最大の難関は店の付近を通る人を実際に店に引き入れる段階にある。今週のNew York Timesの記事によると、アウトドア・アパレル専門店のNorth Faceは店舗の付近を通りかかる人々の携帯にテキスト・メッセージを送る形の広告を始めた。ShopAlertsと呼ばれるこのサービスは位置情報ベースの広告のスタートアップPlacecastが提供している。このサービスは今日、一般ユーザーに対して正式に公開された。

    ShopAlertsの仕組みはこうだ。Facebookあるいは携帯サイトを通じてテキストメッセージによる広告を受け取ることを消費者が承認(オプトイン)すると、その消費者が興味を持っている種類の店舗、あるいはバーゲンセールなど特別の催しを行っている店舗に近づいたときに、自動的にテキスト・メッセージによる広告が送信される。ShopAlertsのテクノロジーはジオフェンス(geo-fence)と呼ばれるバーチャル区域をマーケティングの単位として利用している。店舗側ではメッセージを適切な内容にカスタマイズできる。消費者の利便性を考慮して、同一の店舗からのメッセージは週に最高3回までに制限される。また消費者は送信されたテキストに対して “stop” と返信するだけでいつでもオプトアウトできる。』

    続きはTechCrunchで...
    http://jp.techcrunch.com/archives/20100225placecast-debuts-location-based-mobile-marketing-technology-shopalerts/
     


    『ManageTwitterはフォロー相手の管理に特化した単機能ツールだ。使用法はまったく簡単で、Twitterアカウントから(OAuth経由)でログインするだけでよい。すると即座に「自分はフォローしているがフォロー仕返していない相手」の一覧が表示され、そのうちのどれが休眠アカウント、活発なアカウント、不活発なアカウントであるかという情報がアイコンで表示される。こうした情報はそのアカウントのフォローを続けるかリムーブするかの判断のよい材料になる。  』

    続きはTechCrunch...
    http://jp.techcrunch.com/archives/20100224manage-twitter/

    ManageTwitter
    http://managetwitter.com/
    前のページ HOME 次のページ
    Copyright © Augmented Reality & Virtual Reality World | 拡張現実と仮想現実の世界 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    /