このブログは、拡張現実 及び 仮想現実 が使用された最新の情報と事例などを掲載しています。---This blog publishes latest information and the case where AR (Augmented Reality) and VR (Virtual Reality) are used, etc.
2017 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • EWTS 2017

    THIS IS WHERE ENTERPRISES GO TO INNOVATE WITH WEARABLES / October 18-19, 2017 at The Revere Hotel Boston
    AR / VR and HMD / Smart Glass - Latest News October 2016
    Profile
    NAME:
    Etsuji Kameyama (亀山悦治)

    Profile:
    拡張現実(AR)や仮想現実(VR)の技術は、BtoC・BtoBの分野での活用が始まっている。このブログではAR、NUI、各種センサーに関わる最新の事例や技術を中心に紹介。
    ARやVRのシステムやソリューションの導入を検討されている方は、こちらか、私までご連絡ください。エンターテーメント分野、印刷分野、家具や機器の配置シミュレーション、操作支援、などへの技術選定、アプリケーション開発、運用、コンサルテーションに対応します。

    -私が関係しているサイト
    - twitter (@kurakura)
    - facebook (ekameyama)
    - LinkedIn (Etsuji Kameyama)
    - ITmediaマーケティング
    - SlideShare (ekame)
    - paper.li (kurakura/ar)
    - YouTube (ekame)
    - myspace Music (KURA KURA)
    - The 25 Most Tweeting About AR
    - Twitter most popular
    - AR Mind Map
    - AMeeT-拡張現実の紹介(ニッシャ印刷文化振興財団)
    - デジタルサイネージとAR(デジタルサイネージ総研)
    - Capital newspaper
    - Pingoo
    - 話題沸騰のAR/VRがスマートワークを進化させる(スマートワーク総研)

    インターネット学校「スクー」の90番目の講師
    AR, VR, MR + HMD, Smart Glass が生活とビジネスを変革
    ARアプリaug!(オーグ)
    インタラクティブで高精細なARコンテンツまで幅広く対応ができる、AR(拡張現実)アプリaug!(オーグ)
    Contact me 問合せはこちら
    AR活用相談、AR関連セミナー講師などの依頼についてご連絡ください。
    SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
    ぬりえAR特集 最新事例の紹介
    ぬりえAR NAVER ぬりえAR NAVER
    ぬりえAR daub(だーぶ)
    塗った「ぬりえ」が飛びだしかのように楽しめるスマートフォン向けの無料アプリdaub(だーぶ)
    はじめてのAR(拡張現実)アプリ導入
    ARアプリの基本的な知識から選定方法まで身に付けることができる資料。
    ARグラス NAVERまとめ
    ARグラス NAVER ARグラス NAVER
    Ninja Search
    Google Search
    カスタム検索
    Present number of visits
    Counter
    感覚デバイス開発

    あらゆる産業において、様々な新規デバイス・システム開発や新規サービスを創り出すべく注目が集まっている。とくにセンサー素子開発やセンサ・センシングシステムなどの研究開発者の方、ロボット開発における感覚器代替分野の研究者の方、関連業界の方々へ。
    よくわかるAR〈拡張現実〉入門

    次世代のプロモーション手法として脚光を集めるほか、エンターテイメントやコミュニケーション、教育や医療のツールとして幅広い活用・発展が期待されているARの世界がよくわかる入門書が電子書籍で登場
    Amazon検索
    Amazon

    ユーザ定義関数とストアドの速度面での違いが、今ひとつ理解出来ないのだが、結果として「ユーザー定義関数」をむやみに使うと速度が著しく低下することが有った。下記のサイトで説明されたているとおり使い方については要注意だと思った。下記のサイトから、改善のためのヒントが得られた。

    http://comfair2.blog24.fc2.com/blog-date-200512.html

    ■ユーザー定義関数
    最近、性能改善をやっていて身にしみて感じるのは「ユーザ定義関数」 のオーバーヘッドです。 多くの場合、性能改善の対象となるのはバッチ処理だと思いますが、 モノによってはコストの2/3を占めている場合があります。

    「ユーザ定義関数」のコストはアナライザの実行プランに表示されな いため、「なぜ遅いんだろう?」ということになりがちです。 プロファイラでトレースを取ると、「え!なにこれ?」っていうほど表示されるのでなんとなくわかるのですが。

    ユーザ定義関数は、簡単なサブルーチン的な処理(例えば端数処理とか) に使用すると開発効率は上がります。同じようなコードを埋め込まなくてもよいのでメンテナンス性もよいです。しかし、バッチの性能面から
    見た場合は・・・。 「ユーザ定義関数」をどうしてもバッチで使用したい場合はselect句で。from句以降は使用しないこと。 
     
    ■性能改善---時間計測時の注意
    旧処理と新処理の処理時間比較計測・・・性能改善を行った場合は必ず行う作業です。一番大変なのはボトルネックを見つけるのはもちろんなのですが、テストデータを作成することでしょうか。
    実際に蓄えられるデータ件数を見積もって、それと同等のデータを作成するわけです。
    最近は個人データの流出事件等もあってユーザさんのデータを簡単にもらってくるわけにはいきませんから、なおさらです。

    まあ、基本的なことなので、みなさんお分かりのこととは思いますが・・・。処理時間計測を行う場合は必ずリブートまたはサービスの停止/開始を行い、キャッシュをクリアしてから行いましょう。特に行数の多いSQLの場合、構文解析だけで数秒から数十秒かかる場合がありますから、へたをすると2倍くらい計測時間が違ってきます。 

    ■ただいま性能改善中----(3)
    性能改善、やっと終了しました。(というかさせました。) どうも、性能改善というものは凝りだしたらキリがないので困りものです。 今回、最後までボトルネックだったのは、巨大な実績テーブルの扱い方でした。from句のなかでテーブルをjoinする際、できるだけ小さな結果セットにしたほうが速いということは解っていたのですが、これを実現するのが・・・。
    2分ほどかかっていた1つのSQL文が数秒で終わるようになりました。 やはり、性能改善は処理内容がある程度わかっていないと難しいものです。(時間もかかりますし。)

    ■パフォーマンス向上のためのヒント
    SQLServerのパフォーマンスの向上に役立つ7つの方法には以下のようなものがあります。
    1.プロファイラを使用する
    2.パフォーマンスモニタを活用する
    3.クエリアナライザのプラン表示機能を活用する
    4.インデックスチューニングウィザードを使用する
    5.ディスクの使用方法を考える
    6.充分なメモリを確保する
    7.SQLServerの自己管理機能に任せる(下手にさわらない)

    このなかで面白いのは 7.でしょうか。
    下手に設定するとSQLServerは機嫌をそこねたりします。 

    It comments to this article
    NAME
    TITLE
    CharColor
    URL
    COMMENT
    PASSWORD
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    Comment list
    Track back of this article
    The track backs to this article
    クエリーの処理時間を調べる前に行うべきこと HOME SQL Server 2000 のインデックス付きビューによるパフォーマンスの向上
    Copyright © Augmented Reality & Virtual Reality World | 拡張現実と仮想現実の世界 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    /