このブログは、拡張現実 及び 仮想現実 が使用された最新の情報と事例などを掲載しています。---This blog publishes latest information and the case where AR (Augmented Reality) and VR (Virtual Reality) are used, etc.
2017 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • さらに広がる XR (AR/VR/MR) の現状と今後 - October 2017
    Profile
    NAME:
    Etsuji Kameyama (亀山悦治)

    Profile:
    拡張現実(AR)や仮想現実(VR)の技術は、BtoC・BtoBの分野での活用が始まっている。このブログではAR、NUI、各種センサーに関わる最新の事例や技術を中心に紹介。
    ARやVRのシステムやソリューションの導入を検討されている方は、こちらか、私までご連絡ください。エンターテーメント分野、印刷分野、家具や機器の配置シミュレーション、操作支援、などへの技術選定、アプリケーション開発、運用、コンサルテーションに対応します。

    -私が関係しているサイト
    - twitter (@kurakura)
    - facebook (ekameyama)
    - LinkedIn (Etsuji Kameyama)
    - ITmediaマーケティング
    - SlideShare (ekame)
    - paper.li (kurakura/ar)
    - YouTube (ekame)
    - myspace Music (KURA KURA)
    - The 25 Most Tweeting About AR
    - Twitter most popular
    - AR Mind Map
    - AMeeT-拡張現実の紹介(ニッシャ印刷文化振興財団)
    - デジタルサイネージとAR(デジタルサイネージ総研)
    - Capital newspaper
    - Pingoo
    - 話題沸騰のAR/VRがスマートワークを進化させる(スマートワーク総研)

    インターネット学校「スクー」の90番目の講師
    AR, VR, MR + HMD, Smart Glass が生活とビジネスを変革
    ARアプリaug!(オーグ)
    インタラクティブで高精細なARコンテンツまで幅広く対応ができる、AR(拡張現実)アプリaug!(オーグ)
    Contact me 問合せはこちら
    AR活用相談、AR関連セミナー講師などの依頼についてご連絡ください。
    SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
    ぬりえAR特集 最新事例の紹介
    ぬりえAR NAVER ぬりえAR NAVER
    ぬりえAR daub(だーぶ)
    塗った「ぬりえ」が飛びだしかのように楽しめるスマートフォン向けの無料アプリdaub(だーぶ)
    はじめてのAR(拡張現実)アプリ導入
    ARアプリの基本的な知識から選定方法まで身に付けることができる資料。
    ARグラス NAVERまとめ
    ARグラス NAVER ARグラス NAVER
    Ninja Search
    Google Search
    カスタム検索
    Present number of visits
    Counter
    感覚デバイス開発

    あらゆる産業において、様々な新規デバイス・システム開発や新規サービスを創り出すべく注目が集まっている。とくにセンサー素子開発やセンサ・センシングシステムなどの研究開発者の方、ロボット開発における感覚器代替分野の研究者の方、関連業界の方々へ。
    よくわかるAR〈拡張現実〉入門

    次世代のプロモーション手法として脚光を集めるほか、エンターテイメントやコミュニケーション、教育や医療のツールとして幅広い活用・発展が期待されているARの世界がよくわかる入門書が電子書籍で登場
    Amazon検索
    Amazon
    スマートフォンの位置情報サービスは日々増加しているが、より効果的な使い方を行ってい「東京国立博物館」の事例を紹介 (enterprisezine.jp サイトの記事から抜粋)。





    【概要】東京国立博物館が2011年1月18日(火)から開催している「とーはくナビ」ではAndroid端末と位置情報データを活用した新しい鑑賞スタイルを提 案している。一見するとITとは無縁のように思える博物館が、なぜスマートフォンを使った先進的なチャレンジに至ったのか。プロジェクトの担当者に話を聞いた。

    【きっかけ】なにを、どこから、どのように見れば良いのか分からないというご意見も多かったのですね。多くの特別展では、200~300点を展示していますが、総合文化展では約3,000点もの展示品が常に並んでいます。端から全部じっくり見ていくと、半日、もしくは一日あっても足りませんし、途中でタイムアップしてしまう。

    【こうして解決】 きっかけは、今回の開発を担当していただいたクウジットさんからの提案です。今回の「とーはくナビ」にも利用している位置情報システムは、適切なタイミングで情報を送ることによって人の流れを作るというもの。イベント会場やショッピングモールで実績を重ねていましたが、限られた時間で平常展を楽しんでもらうためのナビゲーションを作るためにも活用できるんじゃないかと考えました。昨年1月の「法隆寺宝物館」での実証実験が成功したので、今回の試みに結びついたというわけです。

    【効果】アンケートでは、「10代~20代の利用者が全体の約3割を占める」「『初めて来館した』『数年に1回来館する』と回答した人が全体の約6割に上る」など、こちらで予想していたものとは違う反応が出ています。月例講演会などでは、パスポート会員の常連さんが大半なので、これほど新しい方々に来ていただけるとは思っていませんでしたね。
     
    (via & more http://enterprisezine.jp/article/detail/2995 )


    -位置測位技術で空間を拡張する 「ロケーション・アンプ」という考え方
    位置情報とスマートフォンを使って新しい博物館の鑑賞スタイルを提案する「とーはくナビ」。
    開発を担当した株式会社クウジット 代表取締役社長 末吉隆彦氏の話から抜粋。


    -リアルとITの融合、その醍醐味
    ひとつの空間に携わる方々の想いや、そこに集う人々体験を増幅できるところだと思います。リアルな場所や空間に携わる人々は、そこに集う人々に対して伝えたい何かを必ず持っています。その考えを引き出して、さまざまな演出で空間を増幅する。
    増幅する方向はいくつもあります。宝探しにして楽しさを盛り上げても良いし、今回のように落ち着いたナレーションの声優さんを採用して知的好奇心を刺激しても良い。オーナーの思いと増幅する方向性がマッチすれば、お客さんが楽しんだり、喜んだりしてくれるわけです。テクノロジーは前面に出過ぎることなく、「そっと後押し」してやる。私はこの考え方を「ロケーション・アンプ」という言葉で表現しています。

    (via & more http://enterprisezine.jp/article/detail/2996 )

    -Androidで博物館を3倍楽しむ!~東京国立博物館「とーはくナビ」レポート
    http://enterprisezine.jp/article/detail/2997
    TBWAInteractive Spain and ABSOLUT Vodka augmented reality print ad in #junaio HOME Facebook Places in Augmented Reality by Guidepost mobile #AR #iPhone
    Copyright © Augmented Reality & Virtual Reality World | 拡張現実と仮想現実の世界 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    /