このブログは、拡張現実 及び 仮想現実 が使用された最新の情報と事例などを掲載しています。---This blog publishes latest information and the case where AR (Augmented Reality) and VR (Virtual Reality) are used, etc.
2016 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • AR / VR and HMD / Smart Glass - Latest News October 2016
    VIRTUAL REALITY EVOLUTION 2017

    The venue will be the America Square Confrence Centre in London, and the event will be happening on 16th February 2017.
    AWE USA JUNE 1-2 2017

    AWE returns to Santa Clara, California on June 1-2, 2017 for its eight consecutive year in the USA. In 2016, AWE saw nearly 4000 people hear from 200 speakers and demo the latest in AR, VR and wearable tech from 200 exhibitors in our largest event yet. Mark your calendars for AWE USA 2017.
    VRX 2016: December 7-8, San Francisco, USA

    Put Your Business at the Forefront as Virtual Reality Goes Mainstream December 7-8, 2016|San Francisco, USA
    ARアプリaug!(オーグ)
    インタラクティブで高精細なARコンテンツまで幅広く対応ができる、AR(拡張現実)アプリaug!(オーグ)
    Profile
    NAME:
    Etsuji Kameyama (亀山悦治)

    Profile:
    拡張現実(AR)や仮想現実(VR)の技術は、BtoC・BtoBの分野での活用が始まっている。このブログではAR、NUI、各種センサーに関わる最新の事例や技術を中心に紹介。
    ARやVRのシステムやソリューションの導入を検討されている方は、こちらか、私までご連絡ください。エンターテーメント分野、印刷分野、家具や機器の配置シミュレーション、操作支援、などへの技術選定、アプリケーション開発、運用、コンサルテーションに対応します。

    -私が関係しているサイト
    - twitter (@kurakura)
    - facebook (ekameyama)
    - LinkedIn (Etsuji Kameyama)
    - ITmediaマーケティング
    - SlideShare (ekame)
    - paper.li (kurakura/ar)
    - YouTube (ekame)
    - myspace Music (KURA KURA)
    - The 25 Most Tweeting About AR
    - Twitter most popular
    - AR Mind Map
    - AMeeT-拡張現実の紹介(ニッシャ印刷文化振興財団)
    - デジタルサイネージとAR(デジタルサイネージ総研)
    - Capital newspaper
    - Pingoo
    - 話題沸騰のAR/VRがスマートワークを進化させる(スマートワーク総研)

    インターネット学校「スクー」の90番目の講師
    ぬりえAR daub(だーぶ)
    塗った「ぬりえ」が飛びだしかのように楽しめるスマートフォン向けの無料アプリdaub(だーぶ)
    ぬりえAR特集 最新事例の紹介
    ぬりえAR NAVER ぬりえAR NAVER
    はじめてのAR(拡張現実)アプリ導入
    ARアプリの基本的な知識から選定方法まで身に付けることができる資料。
    ARグラス NAVERまとめ
    ARグラス NAVER ARグラス NAVER
    Contact me 問合せはこちら
    AR活用相談、AR関連セミナー講師などの依頼についてご連絡ください。
    SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
    AD
    Ninja Search
    Google Search
    カスタム検索
    TopHatenar
    Present number of visits
    Counter
    感覚デバイス開発

    あらゆる産業において、様々な新規デバイス・システム開発や新規サービスを創り出すべく注目が集まっている。とくにセンサー素子開発やセンサ・センシングシステムなどの研究開発者の方、ロボット開発における感覚器代替分野の研究者の方、関連業界の方々へ。
    よくわかるAR〈拡張現実〉入門

    次世代のプロモーション手法として脚光を集めるほか、エンターテイメントやコミュニケーション、教育や医療のツールとして幅広い活用・発展が期待されているARの世界がよくわかる入門書が電子書籍で登場
    Amazon検索
    Amazon
    Laval Virtual: March 22-26, Laval, France

    Laval Virtual is one of the most important events in Europe showcasing innovations and new technologies. Virtual reality and augmented reality are the core to the show. With more than 150 exhibitors and 40 countries represented, Laval Virtual is essential for professionals, students, tech enthusiasts and curious novices.

    SQLの速度改善についての参考資料。詳しくは記載したURLへアクセス。

    要約すると…DataAdapterで自動生成されたSQL(更新系・追加・削除)を
    そのまま使用すると、連続処理の場合は特に速度が低下する仕様とのことです。
    DataAdapterを別の方法(ストアド等)に書き換えるのがベストですが、
    書き換えが難しい場合、手で修正したSQLに変更する方法でも効果は
    高いことが分りました。

    http://www.atmarkit.co.jp/bbs/phpBB/viewtopic.php?topic=6851&forum=7
    VB.NET- 更新処理時SQLServerタイムアウト
    VB.NETにてSQLServer2000のテーブル更新プログラムを作成しています。
    作成しているのは1000万件ほどの件数があるKYKINFOテーブルに対して、
    別のテーブル(dbUtmp表)の値をJIGYOCD,KYKNOをキーとして更新するプログラムです。

    と全項目が最初にSELECTした値と等しいかAND条件に入れているようなのです(--;
    このテーブルが項目数が120個程度あるのですが、それらがすべてWHERE句に
    入ってしまっています。
    こういった仕様なのでしょうか。。。プライマリキーのみで更新できるようにする
    よい手がありましたらご教授ください。

    やはりできないんですね。とりあえずCommandBuilderで作成したSQL文の
    WHERE句以降をロジックで置き換えることで対応しました。
    これからはCommandBuilderはできるだけ使用しないようにします。


    http://www.atmarkit.co.jp/bbs/phpBB/viewtopic.php?topic=18290&forum=7&start=16
    コマンドビルダはあまり使わないほうが無難でしょうか。
    まじめに自分でSQL文を生成したほうが安全ですかね。
    性能を考慮されるのでしたら、DataAdapterのUpdateメソッドで使用する
    INSERT, UPDATE, DELETE用のSQL文をストアドプロシージャに自前で用意
    すべきです。

    http://www.microsoft.com/japan/msdn/thisweek/meikaiADONET/meikaiADONET1.aspx
    SqlCommandBuilder クラスを利用すると、更新系のSQL 文が自動生成される。
    Visual Studio .NET のデータアダプタ構成ウィザードにおいても同様の
    SQL 文が生成される。ここで自動生成される SQL 文には、最初に Fill メソッドで
    読み込んだ段階のすべての列の値が Where 句の条件として含まれる。これによって
    楽観的 (オプティミスティック) 同時実行制御を機能的に実現している。
    DataAdapterのFill() メソッドによって最初にDataSet 内にデータを格納した後に、
    DB の元のデータがほかで更新された場合、読み込んだ段階の項目値を
    Where 句に持つ Update 文や Delete 文の更新件数は 0 件となる。この状態は、
    DataAdapter の Update() メソッドの実行時の DBConcurrencyException が発生する
    ことで検出できる。したがって、ほかで更新された場合の対処はこの例外を
    キャッチすることでハンドリング可能である。なお、この自動生成された更新系 SQL 文
    をそのまま使用するかどうかは開発者の自由である。たとえば DBMS 側で
    タイムスタンプ列やバージョン番号列を実装し (タイムスタンプの更新やバージョン番号
    の更新はトリガとしてあらかじめ実装)、それを Where 句内で主キー列と共に
    比較対象とするといった方法もある。

    http://www.atmarkit.co.jp/bbs/phpBB/viewtopic.php?topic=33506&forum=7&9
    CommandBuilderはパフォーマンスを考えるにあまりオススメしません。

    http://msdn.microsoft.com/library/ja/default.asp?url=/library/ja/cpguide/html/cpconUsingStoredProceduresWithCommand.asp
    コマンドによるストアド プロシージャの使用

    http://www.agtech.co.jp/html/v9manuals/adonet/adonet-09-2.html
    CommandBuilder オブジェクトの使用
    CommandBuilder オブジェクトは SQL ステートメントを生成するには便利だと
    思われがちです。しかし、これを使用するとパフォーマンスに悪影響を及ぼす
    恐れがあります。同時処理の制限が原因で、CommandBuilder オブジェクトは
    効率のよいSQL ステートメントを生成することができません。
    たとえば、次の SQL ステートメントは、Command Builder で作成されたものです。
    エンドユーザーが作成した Update ステートメントと Delete ステートメントの方が、
    Command Builder が生成するステートメントより効率がよい場合もよくあります。

    もう 1 つの問題は、CommandBuilder オブジェクトの設計にあります。
    CommandBuilder オブジェクトは常に DataAdapter オブジェクトと関連付けられ、
    DataAdapter オブジェクトが生成する RowUpdating イベントと
    RowUpdated イベントのリスナーとして CommandBuilder オブジェクト自体を
    登録します。したがって、行を更新するたびに、この 2 つのイベントが処理
    されなければなりません。

    It comments to this article
    NAME
    TITLE
    CharColor
    URL
    COMMENT
    PASSWORD
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    Comment list
    Track back of this article
    The track backs to this article
    OrElse 演算子 HOME ADO.net パフォーマンスの問題
    Copyright © Augmented Reality & Virtual Reality World | 拡張現実と仮想現実の世界 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    /