このブログは、拡張現実 及び 仮想現実 が使用された最新の情報と事例などを掲載しています。---This blog publishes latest information and the case where AR (Augmented Reality) and VR (Virtual Reality) are used, etc.
2017 . 05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • AWE USA JUNE 1-2 2017

    AWE returns to Santa Clara, California on June 1-2, 2017 for its eight consecutive year in the USA. In 2016, AWE saw nearly 4000 people hear from 200 speakers and demo the latest in AR, VR and wearable tech from 200 exhibitors in our largest event yet. Mark your calendars for AWE USA 2017.
    ユビキタスバーチャルリアリティ(ISUVR)

    国際シンポジウム「ユビキタスバーチャルリアリティ(ISUVR)」 は、ユビキタスコンピューティング時代のバーチャルリアリティの新たなパラダイムを提示するための開催される国際シンポジウム。2017年6月27 - 7月1日に奈良と関西で開催される。
    AR / VR and HMD / Smart Glass - Latest News October 2016
    Profile
    NAME:
    Etsuji Kameyama (亀山悦治)

    Profile:
    拡張現実(AR)や仮想現実(VR)の技術は、BtoC・BtoBの分野での活用が始まっている。このブログではAR、NUI、各種センサーに関わる最新の事例や技術を中心に紹介。
    ARやVRのシステムやソリューションの導入を検討されている方は、こちらか、私までご連絡ください。エンターテーメント分野、印刷分野、家具や機器の配置シミュレーション、操作支援、などへの技術選定、アプリケーション開発、運用、コンサルテーションに対応します。

    -私が関係しているサイト
    - twitter (@kurakura)
    - facebook (ekameyama)
    - LinkedIn (Etsuji Kameyama)
    - ITmediaマーケティング
    - SlideShare (ekame)
    - paper.li (kurakura/ar)
    - YouTube (ekame)
    - myspace Music (KURA KURA)
    - The 25 Most Tweeting About AR
    - Twitter most popular
    - AR Mind Map
    - AMeeT-拡張現実の紹介(ニッシャ印刷文化振興財団)
    - デジタルサイネージとAR(デジタルサイネージ総研)
    - Capital newspaper
    - Pingoo
    - 話題沸騰のAR/VRがスマートワークを進化させる(スマートワーク総研)

    インターネット学校「スクー」の90番目の講師
    AR, VR, MR + HMD, Smart Glass が生活とビジネスを変革
    ARアプリaug!(オーグ)
    インタラクティブで高精細なARコンテンツまで幅広く対応ができる、AR(拡張現実)アプリaug!(オーグ)
    Contact me 問合せはこちら
    AR活用相談、AR関連セミナー講師などの依頼についてご連絡ください。
    SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
    ぬりえAR特集 最新事例の紹介
    ぬりえAR NAVER ぬりえAR NAVER
    ぬりえAR daub(だーぶ)
    塗った「ぬりえ」が飛びだしかのように楽しめるスマートフォン向けの無料アプリdaub(だーぶ)
    はじめてのAR(拡張現実)アプリ導入
    ARアプリの基本的な知識から選定方法まで身に付けることができる資料。
    ARグラス NAVERまとめ
    ARグラス NAVER ARグラス NAVER
    AD
    Ninja Search
    Google Search
    カスタム検索
    TopHatenar
    Present number of visits
    Counter
    感覚デバイス開発

    あらゆる産業において、様々な新規デバイス・システム開発や新規サービスを創り出すべく注目が集まっている。とくにセンサー素子開発やセンサ・センシングシステムなどの研究開発者の方、ロボット開発における感覚器代替分野の研究者の方、関連業界の方々へ。
    よくわかるAR〈拡張現実〉入門

    次世代のプロモーション手法として脚光を集めるほか、エンターテイメントやコミュニケーション、教育や医療のツールとして幅広い活用・発展が期待されているARの世界がよくわかる入門書が電子書籍で登場
    Amazon検索
    Amazon
    JPLは、革新的な方法で宇宙の惑星を探索するために最先端の拡張現実と仮想現実技術を使用している。宇宙船や探査車を設計する機械エンジニアは、本格的なホログラフィックプロトタイプを相互に確認することができる。また、国際宇宙ステーション搭乗宇宙飛行士が地上の専門家から仮想技術による支援を受け、ARのインタフェースを使用することでより効率的に作業することができるようなる。

    また、宇宙船の中では紙のマニュアルを探すことも、ページをめくることも容易ではないたため、このような手順を直ぐに検索し、ハンズフリーで使用できるデバイスはとても便利で有用性が高い。

    宇宙船内でHoloLensを装着して必要な装置を設置するという作業シナリオ。
       

    こちらが実物の対象物
      

    HoloLensを装着して装着手順をARで見ながら行うことができる


    その他の箇所でも、作業手順を見ながら対応することができる




    医療関連でも


    マイクロソフト ホロレンズ Microsoft HoloLens メガネ Glass ホログラム コンピュータ 3D映像 Holographic Windows 10【開発者向け 】 [並行輸入品]

    新品価格
    ¥424,944から
    (2016/12/5 02:42時点)


    詳しくはビデオで...

    Nat Guy | Augmented Reality for Space Exploration | Oct 19, 2016 from DesignUseBuild on Vimeo.

    JPL uses cutting-edge augmented reality and virtual reality technology to explore space and our own planet in innovative ways. JPL’s scientists plan and analyze activities for the Mars Curiosity rover while walking on a 3D reconstruction of the Martian surface. Mechanical engineers designing spacecraft and rovers can preview full-scale holographic prototypes before any parts are built. Astronauts aboard the International Space Station can receive virtual assistance from experts on the ground and work more efficiently by using AR interfaces. These are only some of the projects in AR and VR that are going on right now at JPL. This talk will present recent projects that leverage immersive technology to tackle unique visualization challenges, and discuss research that shows the efficacy of these techniques.

    Nathaniel “Nat” Guy is a Lead User Interface Developer in the Human Interfaces Group http://www.hi.jpl.nasa.gov at the NASA Jet Propulsion Laboratory. He has Master’s degrees in Computer Science and in Aeronautics & Astronautics, both from the University of Washington. Prior to joining JPL, Nat spent five years as a software engineer at Nintendo of America, and has also worked on software testing for SpaceX and ground system software development for the Hakuto Lunar XPRIZE Team in Japan. At JPL, Nat builds highly test-driven 3D interfaces for AR and web-based platforms to support mission operations and planning for the upcoming Mars 2020 rover mission.

    商業施設の会場に出現する雪のパレード - It’s snowing at Galeries Lafayette HOME ブロックの組み合わせでアイテムを変えることができる拡張現実ゲーム - SwapBots in action!
    Copyright © Augmented Reality & Virtual Reality World | 拡張現実と仮想現実の世界 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    /