このブログは、拡張現実 及び 仮想現実 が使用された最新の情報と事例などを掲載しています。---This blog publishes latest information and the case where AR (Augmented Reality) and VR (Virtual Reality) are used, etc.
2017 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • EWTS 2017

    THIS IS WHERE ENTERPRISES GO TO INNOVATE WITH WEARABLES / October 18-19, 2017 at The Revere Hotel Boston
    AR / VR and HMD / Smart Glass - Latest News October 2016
    Profile
    NAME:
    Etsuji Kameyama (亀山悦治)

    Profile:
    拡張現実(AR)や仮想現実(VR)の技術は、BtoC・BtoBの分野での活用が始まっている。このブログではAR、NUI、各種センサーに関わる最新の事例や技術を中心に紹介。
    ARやVRのシステムやソリューションの導入を検討されている方は、こちらか、私までご連絡ください。エンターテーメント分野、印刷分野、家具や機器の配置シミュレーション、操作支援、などへの技術選定、アプリケーション開発、運用、コンサルテーションに対応します。

    -私が関係しているサイト
    - twitter (@kurakura)
    - facebook (ekameyama)
    - LinkedIn (Etsuji Kameyama)
    - ITmediaマーケティング
    - SlideShare (ekame)
    - paper.li (kurakura/ar)
    - YouTube (ekame)
    - myspace Music (KURA KURA)
    - The 25 Most Tweeting About AR
    - Twitter most popular
    - AR Mind Map
    - AMeeT-拡張現実の紹介(ニッシャ印刷文化振興財団)
    - デジタルサイネージとAR(デジタルサイネージ総研)
    - Capital newspaper
    - Pingoo
    - 話題沸騰のAR/VRがスマートワークを進化させる(スマートワーク総研)

    インターネット学校「スクー」の90番目の講師
    AR, VR, MR + HMD, Smart Glass が生活とビジネスを変革
    ARアプリaug!(オーグ)
    インタラクティブで高精細なARコンテンツまで幅広く対応ができる、AR(拡張現実)アプリaug!(オーグ)
    Contact me 問合せはこちら
    AR活用相談、AR関連セミナー講師などの依頼についてご連絡ください。
    SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
    ぬりえAR特集 最新事例の紹介
    ぬりえAR NAVER ぬりえAR NAVER
    ぬりえAR daub(だーぶ)
    塗った「ぬりえ」が飛びだしかのように楽しめるスマートフォン向けの無料アプリdaub(だーぶ)
    はじめてのAR(拡張現実)アプリ導入
    ARアプリの基本的な知識から選定方法まで身に付けることができる資料。
    ARグラス NAVERまとめ
    ARグラス NAVER ARグラス NAVER
    Ninja Search
    Google Search
    カスタム検索
    Present number of visits
    Counter
    感覚デバイス開発

    あらゆる産業において、様々な新規デバイス・システム開発や新規サービスを創り出すべく注目が集まっている。とくにセンサー素子開発やセンサ・センシングシステムなどの研究開発者の方、ロボット開発における感覚器代替分野の研究者の方、関連業界の方々へ。
    よくわかるAR〈拡張現実〉入門

    次世代のプロモーション手法として脚光を集めるほか、エンターテイメントやコミュニケーション、教育や医療のツールとして幅広い活用・発展が期待されているARの世界がよくわかる入門書が電子書籍で登場
    Amazon検索
    Amazon

    無理をして一つの巨大なSQLを組み立てるより、分割して効率よく処理した方がデータ量による処理時間の増加率が把握しやすい。下記のサイトで説明されていることは、もっともだと思う。

    http://www.sqlpassj.org/bbs/ml_disp.aspx?forum_id=4&current_page=1&disp_mode=4&detail_mode=1&message_id=16173
    私のSQL Server(のクエリ)の師匠からは
    ・クエリを考えるときには「データの束」を意識する
    ・Notは極力使わない
    ・カーソルも極力使わない
    ・Or In も極力使わない
    ・ネストの深いサブクエリやUnionを使うぐらいなら一時テーブルを使え
    というようなアドバイスを受けている

    http://www.sqlpassj.org/bbs/ml_disp.aspx?forum_id=4&current_page=1&disp_mode=4&detail_mode=1&message_id=16176
    ネストの深いサブクエリ等ではレコードを生成する都度サブクエリを実行する?
    ため、最悪「サブクエリ1回の実行時間×レコード数×テーブル参照時間」が
    必要であるのに対して、一時テーブルを作成するケースではテーブルを参照
    するだけなので「サブクエリ1回の実行時間+レコード数×テーブル参照時間」
    となり、生成されるレコード数が多いほど顕著に差が出た様子です。
    20万レコード程度のテーブルから結果を集計して抽出するのにあたり、
    1分近くかかっていたものが一時テーブルの利用で一気に1秒以下まで
    短縮できた実績があります。

    http://www.sqlpassj.org/bbs/ml_disp.aspx?forum_id=4&current_page=1&disp_mode=4&detail_mode=1&message_id=16190
    ・結合する前にフィルタをかける。
    ・フィルタは絞り込み効果の高い順にかける。

    http://www.sqlpassj.org/bbs/ml_disp.aspx?forum_id=4&current_page=1&disp_mode=4&detail_mode=1&message_id=16196

    It comments to this article
    NAME
    TITLE
    CharColor
    URL
    COMMENT
    PASSWORD
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    Comment list
    Track back of this article
    The track backs to this article
    インデックスの再構築 HOME ハードスペックが高くてもパフォーマンスの差が得られないことがある
    Copyright © Augmented Reality & Virtual Reality World | 拡張現実と仮想現実の世界 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    /