このブログは、拡張現実 及び 仮想現実 が使用された最新の情報と事例などを掲載しています。---This blog publishes latest information and the case where AR (Augmented Reality) and VR (Virtual Reality) are used, etc.
2018 . 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • さらに広がる XR (AR/VR/MR) の現状と今後 - October 2017
    Profile
    NAME:
    Etsuji Kameyama (亀山悦治)

    Profile:
    拡張現実(AR)や仮想現実(VR)の技術は、BtoC・BtoBの分野での活用が始まっている。このブログではAR、NUI、各種センサーに関わる最新の事例や技術を中心に紹介。
    ARやVRのシステムやソリューションの導入を検討されている方は、こちらか、私までご連絡ください。エンターテーメント分野、印刷分野、家具や機器の配置シミュレーション、操作支援、などへの技術選定、アプリケーション開発、運用、コンサルテーションに対応します。

    -私が関係しているサイト
    - twitter (@kurakura)
    - facebook (ekameyama)
    - LinkedIn (Etsuji Kameyama)
    - ITmediaマーケティング
    - SlideShare (ekame)
    - paper.li (kurakura/ar)
    - YouTube (ekame)
    - myspace Music (KURA KURA)
    - The 25 Most Tweeting About AR
    - Twitter most popular
    - AR Mind Map
    - AMeeT-拡張現実の紹介(ニッシャ印刷文化振興財団)
    - デジタルサイネージとAR(デジタルサイネージ総研)
    - Capital newspaper
    - Pingoo
    - 話題沸騰のAR/VRがスマートワークを進化させる(スマートワーク総研)

    インターネット学校「スクー」の90番目の講師
    AR, VR, MR + HMD, Smart Glass が生活とビジネスを変革
    ARアプリaug!(オーグ)
    インタラクティブで高精細なARコンテンツまで幅広く対応ができる、AR(拡張現実)アプリaug!(オーグ)
    Contact me 問合せはこちら
    AR活用相談、AR関連セミナー講師などの依頼についてご連絡ください。
    SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
    ぬりえAR特集 最新事例の紹介
    ぬりえAR NAVER ぬりえAR NAVER
    ぬりえAR daub(だーぶ)
    塗った「ぬりえ」が飛びだしかのように楽しめるスマートフォン向けの無料アプリdaub(だーぶ)
    はじめてのAR(拡張現実)アプリ導入
    ARアプリの基本的な知識から選定方法まで身に付けることができる資料。
    ARグラス NAVERまとめ
    ARグラス NAVER ARグラス NAVER
    Ninja Search
    Google Search
    カスタム検索
    Present number of visits
    Counter
    感覚デバイス開発

    あらゆる産業において、様々な新規デバイス・システム開発や新規サービスを創り出すべく注目が集まっている。とくにセンサー素子開発やセンサ・センシングシステムなどの研究開発者の方、ロボット開発における感覚器代替分野の研究者の方、関連業界の方々へ。
    よくわかるAR〈拡張現実〉入門

    次世代のプロモーション手法として脚光を集めるほか、エンターテイメントやコミュニケーション、教育や医療のツールとして幅広い活用・発展が期待されているARの世界がよくわかる入門書が電子書籍で登場
    Amazon検索
    Amazon
    『GoogleドキュメントやそのライバルのZohoEtherpadなどの登場によって、ワープロや表計算などの生産性アプリには共有や共同編集などコラボレーション機能が必須となってきた。Microsoft自身もコラボレーション機能を新バージョンOfficeのExcelに付け加えているが、その機能はまだ限定的だ。一方、DocVerseはWord、Excel、PowerPoint向けのコラボレーション用プラグインを発表した。これによってユーザーは他のユーザーとWordなどのアプリのファイルを共有し、共同で編集作業が行えるようになる。』

    jp.techcrunch.com/archives/20091103docverse-turns-microsoft-office-into-google-docs-with-collaboration-plug-in/
     Ubuntu 9.10 Karmic Koalaのリリース迫る--ハイライトをおさらい
    『Ubuntu 9.10 Karmic Koalaのリリースが秒読み段階に入っている。主な特徴をハイライトでお届けする。』

    http://japan.zdnet.com/news/os/story/0,2000056192,20402571-7,00.htm


    「Ubuntu 9.10」とCanonicalの戦略--クラウド対応強化の新Linux

    『「Snow Leopard」や「Windows 7」の大騒ぎの一方で、もう1つ大幅にアップデートされたOSがある。気付いていない人もいるかもしれないが、それは「Ubuntu」Linuxだ。Ubuntuを支援しているCanonicalは米国時間10月29日、同Linuxディストリビューションの「Karmic Koala」バージョンをリリースする。このオープンソースOSのデスクトップ版とサーバ版は共に、クラウドコンピューティングに向けて大きく前進している。仕事を目の前のコンピュータからネットワークに移すというコンセプトには、確かにいくつかメリットがあるが、クラウドコンピューティングというのは最近流行の業界用語であり、Canonicalの最高経営責任者(CEO)であるMark Shuttleworth氏は、この言葉の過度な使用に対して敏感だ。』

    http://japan.cnet.com/special/story/0,2000056049,20402412,00.htm?ref=rss

    Intel Macで「Mac OS X」とともに「Windows」の稼働を可能にするVMware Fusionのメジャーアップデート版「VMware Fusion 3」がリリースされた。バージョン3となった同ソフトウェアには、多くの修正と変更が加えられている。

    http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20402469,00.htm?ref=rss
    実行が一番難しいと確かに思うが...問題はこれだけじゃない....

    『戦略立案に携わった経営者や経営企画の担当者からは、「戦略の策定そのものは問題がなかった。しかしそれを実行する段階で問題が発生した。」といった声をよく聞きますが、本当にそうでしょうか?....「戦略の実行力を高めるポイント」として欠かすことのできない要素の一つとして、「現場の納得性」があげられます。そもそも、この「納得性」が欠如した戦略は実行される戦略に成り得ません。

    現場の納得性を高める方法としては、主に3つのポイントがあげられます。(1)戦略策定段階で、現場のメンバーを参画させること。(2)今までの現場における成功体験、失敗体験から「現場の実感」に基づいた戦略を組立て、それを実行可能なものとするために必要なアクションを具体化すること。(3)部門ごとに末端社員のレベルまでやるべき事を具体化し、実行主体となる現場担当者の意見も確認したうえで、実行可能の可否判断を行うこと。』


    続きはこちらから...
    http://japan.zdnet.com/blog/keieikikaku/2009/10/13/entry_27034961/?ref=rss
    写真と3Dモデルを重ね合わせ、色を変えたり出来るようだ。VRとARの中間のようなもの?どのように作るのか等、実際に見てみたい。

    『NTTデータ三洋システム(NDSS)は10月7日、3Dシミュレーション作成用のソフトウェア「SOSpace」を発表した。販売は、自動車や住宅などのメーカー、販売店を対象に10月1日より開始している。SOSpaceは、撮影した写真を背景に、自動車や建物などの3Dモデルを組み合わせて表示するソフトウェア。3Dモデルをさまざまな角度から閲覧できる「3Dベースシミュレーション」と、写真の色やテクスチャを変更できる「写真ベースシミュレーション」の機能がある。ともに3DモデルはCADデータ、もしくは「3ds Max」で作成されたデータに対応する。

    なお、NDSSのサイトでは、SOSpaceの機能を試すことができる。』

    http://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000056022,20401289,00.htm?ref=rss



    ◆キーズマンネットのプレスリリース
    株式会社NTTデータ三洋システム(NDSS)は、フォトリアルレンダリングソフトウェア「SOSpace」を、発売する。価格は、600万円から(別途保守サポート費用が必要)となっている。また、同ソフトウェアを使用したWeb 3D(3次元)システムや、CGシミュレーションシステムなどの企画や提案、設計開発の受託を、10月より開始する。
    http://www.keyman.or.jp/3w/prd/63/20027263/
     

    速度は重要だが、それ以上に活用されるための仕組みが必要という佐藤氏の記事。

    『「連結経営」を実践するにあたり、そのスピード感に対する要求レベルはPDCAプロセスのどこのプロセスかによって異なると思われる。予算策定の段階においては、2カ月前後の期間をかけて編成され、効率化・高速化は重要な要素ではあるが、どちらかというと、可能な限り予算内容の実行性を高めるために議論を重ね、合意形成がなされることの方が重要だろう。とはいえ、合意形成の時間をより多く作るために、予算を集計/シミュレートする仕組みとしては高速化を強く求められることに変わりはない。』

    続きはこちら...
    http://japan.zdnet.com/sp/feature/09consolidated/story/0,3800099451,20401130,00.htm?ref=rss

    「成果を出せない部下や、自社のお客さまへの失礼な態度などの真の原因は、本当に部下本人の資質の問題や家庭の躾といったことのみが大きな原因なのでしょうか。」ということについて小林氏が指摘をしている。目には見え難い「方針制約」に従って社員は成果をだそうとしているはずということについては、なるほどと思える部分がある。

    『経営者、リーダーの方も自社において、社員自身が業務を進めていく上で、どうする事が自社にとって正しいことなのかをしっかり理解させ、その方向に社員が向かうことで、しっかりと会社として評価する仕組みが構築されているかどうかをもう一度考えて頂くことが必要でないかと思われます。
    そして、これを考える際には経営者だけでなく、多くの社員を参加させ、各自がルールに基づきながら考え、気付きを起こしながら経営マインドを形成していくことが望まれます。

    「方針制約」の考え方は「TOC(Theory Of Constraints:制約条件の理論)」の中で紹介されている考え方』

    続きはこちら...
    http://japan.zdnet.com/blog/keieikikaku/2009/10/05/entry_27034835/?ref=rss


    ◆顧客が断れない提案 その秘訣とは(1)も小林氏の記事
    顧客への提案では、「URO(Un-Refusable Offer:断ることが出来ないくらい魅力的な提案)」を常に顧客に対して提供していくことが重要

    顧客の問題を完全に理解 /  顧客がお金で計れる価値に基づいてどれだけ儲かるかを明らかに理解できる / 顧客の顧客に対して問題解決をもたらす / 競争相手以上に利益をだすことができる ...
    http://japan.zdnet.com/blog/keieikikaku/2009/10/06/entry_27034859/?ref=rss
    有名なマズロー(Maslow)の人間の5段階欲求をもとに書かれている記事。自分のモチベーションの状態を口にする若い人が多いが、考えてみれば自分も心の中ではそう思っているという気がした。

    『しばしば「テンションが上がる」「やる気が起きる」とか、「君にはパッションが感じられない」といった表現をする。テンションや“やる気”を引き起こすのは、人が行動を起こすにあたって、いわば「スイッチ」となるような、何らかの刺激があるからだろう。その刺激が強いときに、人はテンションが上がるとか、やる気が起きると表現するようだ。

     

     人が働くときにも、働く意欲の元となる要因が存在する。働くという行動について、人は何によって動機づけられ、何によって働く意欲が喚起されるのか。その要因や構造について理論的に解明しようとするのが「モチベーション理論」である。今回は、それがどんな理論なのか、のぞいてみよう。』

    http://japan.zdnet.com/sp/feature/09human/story/0,3800100524,20400923,00.htm?ref=rss

    この記事では、プロセスについて書かれているが、ようは「仕組み」がつくられているかということ、それが実践されているかということが重要です。

    『営業業務を中心にしている企業の業績を向上させる上で、最も重要なことは「営業の質」と言えます。

    営業の質を向上させるためには、業務のプロセスを明確化し、マネージャーが営業のターニングポイントを確認できるようにしておくことがポイントになります。

    契約をゴールとした場合には、ターゲッティング⇒攻略シナリオ策定⇒営業活動⇒契約という大まかなプロセスに整理することができますが、それぞれの中に、サブプロセスが存在していますね。基本をこのようなモデルにおいた上で、自社のオリジナル的な活動を加えて再整理していくことで、営業の基本プロセスは整理することができます。』

    http://japan.zdnet.com/blog/keieikikaku/2009/10/01/entry_27025220/?ref=rss

    何でもそうだけど仕組みがないと、やみくもに進むということになってしまう。営業についても同様だと思いました。
    『営業マン全員が、自分の業務として一定水準の成果を上げられるようにするためには、仕組みの変更が必要なことが実は多いのです。スキル不足という問題も現場には数多く存在しますが、ボトルネックは推進の仕組みであるケースがたくさんあります。
    個人のスキルは自ら望んだものでないと、効果的に成長させることは難しいものです。プロ野球選手の基礎トレーニング要素だと考え、最初に仕組みを再構築することをお勧めします。 
    仕組みを再構築することの第一歩は、ターゲット選定をきちんと実施することです。ターゲット選定は、「一定の基準に従って、企業リストの中から受注の可能性が高い法人顧客を選定すること」とになりますが、具体的な業務としては、手元リスト、会社四季報、インターネット、電話帳などの情報源から複数の企業をリストアップし、リストアップした企業の中から受注の可能性が高いと思われる企業をターゲットとして選定することになります。』

    http://japan.zdnet.com/blog/keieikikaku/2009/09/30/entry_27025185/?ref=rss
     
    まだまだという感じですが、歌はボーカロイドを使っているようです。

    http://webdog.be/archives/0...
    CEATEC Japan ヤマハのブースにて、ボーカロイドにリップシンクして歌う産総研 のヒューマノイドロボット HRP-4C 未夢

    Twitter等、日本でも社内で利用している社員は多いと思う。個人メールの禁止は以前多くの会社で実施されたが、新しいサービスは次々と出てくる。仕事に直接的、間接的に効果を高めることもあるだろうが、全ての社員がそうはなっていないことは明らかだ。効果がきちんと出せていれば、問題無いだろうが、つい仕事と関係ない話に流れていってしまうことが多いだろう。

    『米国の多くの企業では,仕事中にTwitterや Facebook , MySpaceなどのソーシャル・ネットワーキング・サイトへのアクセスを禁止している。
    Robert Half Technologyは,従業員が100人以上の米企業1400社のCIO(chief information officer)を対象に調査を実施し,
    “Which of the following most closely describes your company’s policy on visiting social networking sites, such as Facebook, MySpace and Twitter, while at work?”と質問したところ,次のような結果になった。

    54%:Prohibited completely  
    19%:Permitted for business purposes only 
    16%:Permitted for limited personal use
    10%:Permitted for any type of personal use
    1%:Don't know/no answer

    54%の米企業では,仕事中でのSNS利用を完全に禁止していた。利用を許可している企業も,仕事のための利用に限定したり(19%),あるいは特定の個人利用(16%)に限っていた。』 

    http://zen.seesaa.net/article/129729127.html
    SI企業でシステム運用と構築を10年強経験し、その後コンサルティング業界で10年ほどISおよびIT部門の問題解決支援を行ってる原田龍一氏の記事から...今だからこそ行うということではなく、日常的におこなうべきこととして厳しい視点で指摘している。

    皆さんの会社でもコストダウンに関わる構造改革が検討されませんでしたか?例えば次のような施策です。
    -システム開発や維持メンテナンス、プロジェクトマネジメントの内製化
    -ハードウェアやソフトウェア資産の統合と整理
    -アウトソーサー、システム開発ベンダーとの契約見直し
    -IT子会社のあり方の検討
    -システム導入の効率化
     
    ……皆さんお気づきでしょうか。これらの項目は、CIOが常日頃から検討しておくべき事柄であることを。目先の仕事にとらわれ続けるCIO...
    1.実力アップのための活動をIT部門の重要施策と位置づけ、その活動への貢献を明確な評価対象とする
    2.トップマネジメントに(1)の必要性を納得させる
    3.活動時間を業務時間内に確保するだけでなく、死守する
    4.活動は特定のスタッフに命ずるのではなく、やりたい者から立候補させる
    5.スタッフからの建設的な提言の場を常に用意する
    6.業務部門との業務外交流を活発化させる
     



    『先月、私は ウェブ音楽ストリーミング・サービス、徹底ガイド―Part 1を書いた。ここでは音楽レコメンデーション、ウェブ・ラジオ、インディー系音楽サイト、プレイリスト、ビジュアル化サービスなどを紹介している。今回はお約束していたPart2として、音楽検索エンジン、音楽プレイヤー、Twitterの音楽アプリ、ミックス・アプリなどを紹介する。

     

    前回の記事に対するコメントは一つ残らず楽しく読ませてもらったし、今回の記事を書くにあたって参考にもしている。ただし、ウェブ上に存在するすべての音楽アプリを網羅したリストを作るのは不可能だ。私としては、なるべく優秀で、すぐに消えてなくなってはしまわないだろうというアプリを選ぼうと最大限努力したつもりである。』

    http://jp.techcrunch.com/archives/20090926your-guide-to-music-on-the-web-part-ii/


    AR用のHMDだと思ったら、脳波を感知するヘッドセットだった。いろいろなことに使えそう。これは面白そうだ。

    『『MindSet』は、ヘッドホンにマイクではなく、電極のついたセンサアームが付属したヘッドセット。こちらでゲームの操作ができるそうです。『Wii』やマイクロソフトが発表した『Project Natal』など、プレイヤーが体を動かしてゲームを操作する“体感ゲーム”からさらに進んで、ゲームはサイキックな方面に進化しようとしているのでしょうか。ヘッドセットを購入すると、上記の『ブレインウェーブ・ビジュアライザー』『ニューロボーイの冒険ゲーム』が付属し、さらに脳波で操作するアプリケーションを自分で開発できる開発ツールが付属します。』

    http://getnews.jp/archives/30509

    MindSetのサイト
    http://www.neurosky.jp/
    Visioに取って代わるかといわれているらしい、このツール。試してみる価値は有りそうだ。

    『2008年にTechCrunch50のDemopitでデビューしたダイアグラム作成およびデザインをオンラインで行うCinergixのCreatelyが一般公開された(これまではプライベートベータだった)。Createlyはフローチャート、ワイヤーフレーム、ネットワークダイアグラム、サイトマップ等々を作成したり、共同で編集するためのツールだ。Createlyの機能およびツール群は、従来のデザインないしグラフィックソフトウェアでも提供されているものだ。しかしCreatelyは使い勝手がよく、さらに利用者間での共同作業が行いやすくなっている。
     


    http://jp.techcrunch.com/archives/20090903creately-releases-its-simple-diagramming-and-design-tool-to-the-masses/
     システム環境設定の「省エネルギー」パネルで設定してあっても、一時的に Mac をスリープしないように切り替えられる Caffeine がアップデート。

    http://pisces-319.seesaa.net/article/127323267.html

     安価な格安3Dプリンタ「CupCake CNC」が登場した。価格は157,500円とのこと。これが有れば、PCで作成した3Dオブジェクトを実際に手にすることができる。
    http://www.secondtimes.net/news/japan/20090818_cupcakecnc.html

    Hotproceed
    http://members2.jcom.home.ne.jp/hotproceed/
     CT-1.jpg
    If Apple released a 13-inch, 3.8lb aluminum laptop for $799, we'd all be going freaking nuts.
    http://gizmodo.com/5324472/averatec-n3400-laptop-cheap-light-and-aluminum

    →WindowsPCだけど、この価格なら一台欲しいかも。
     Fuji's two-eyed 3D consumer camera grinned its way into our lives last week, butTime spared us the details. Now, a proper announcement: the FinePix Real 3D W1 camera shoots 3D stills and video, which can be viewed without glasses.

    W1.jpg
    これは、これは、いろいろ楽しめそうな面構え。サンプル写真が見てみたい。

    http://gizmodo.com/5313296/fujis-3d-point+and+shoot-due-in-september-for-600-features-unnerving-smiley-face

    前のページ HOME 次のページ
    Copyright © Augmented Reality & Virtual Reality World | 拡張現実と仮想現実の世界 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    /