このブログは、拡張現実 及び 仮想現実 が使用された最新の情報と事例などを掲載しています。---This blog publishes latest information and the case where AR (Augmented Reality) and VR (Virtual Reality) are used, etc.
2016 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • AR / VR and HMD / Smart Glass - Latest News October 2016
    VIRTUAL REALITY EVOLUTION 2017

    The venue will be the America Square Confrence Centre in London, and the event will be happening on 16th February 2017.
    AWE USA JUNE 1-2 2017

    AWE returns to Santa Clara, California on June 1-2, 2017 for its eight consecutive year in the USA. In 2016, AWE saw nearly 4000 people hear from 200 speakers and demo the latest in AR, VR and wearable tech from 200 exhibitors in our largest event yet. Mark your calendars for AWE USA 2017.
    VRX 2016: December 7-8, San Francisco, USA

    Put Your Business at the Forefront as Virtual Reality Goes Mainstream December 7-8, 2016|San Francisco, USA
    ARアプリaug!(オーグ)
    インタラクティブで高精細なARコンテンツまで幅広く対応ができる、AR(拡張現実)アプリaug!(オーグ)
    Profile
    NAME:
    Etsuji Kameyama (亀山悦治)

    Profile:
    拡張現実(AR)や仮想現実(VR)の技術は、BtoC・BtoBの分野での活用が始まっている。このブログではAR、NUI、各種センサーに関わる最新の事例や技術を中心に紹介。
    ARやVRのシステムやソリューションの導入を検討されている方は、こちらか、私までご連絡ください。エンターテーメント分野、印刷分野、家具や機器の配置シミュレーション、操作支援、などへの技術選定、アプリケーション開発、運用、コンサルテーションに対応します。

    -私が関係しているサイト
    - twitter (@kurakura)
    - facebook (ekameyama)
    - LinkedIn (Etsuji Kameyama)
    - ITmediaマーケティング
    - SlideShare (ekame)
    - paper.li (kurakura/ar)
    - YouTube (ekame)
    - myspace Music (KURA KURA)
    - The 25 Most Tweeting About AR
    - Twitter most popular
    - AR Mind Map
    - AMeeT-拡張現実の紹介(ニッシャ印刷文化振興財団)
    - デジタルサイネージとAR(デジタルサイネージ総研)
    - Capital newspaper
    - Pingoo
    - 話題沸騰のAR/VRがスマートワークを進化させる(スマートワーク総研)

    インターネット学校「スクー」の90番目の講師
    ぬりえAR daub(だーぶ)
    塗った「ぬりえ」が飛びだしかのように楽しめるスマートフォン向けの無料アプリdaub(だーぶ)
    ぬりえAR特集 最新事例の紹介
    ぬりえAR NAVER ぬりえAR NAVER
    はじめてのAR(拡張現実)アプリ導入
    ARアプリの基本的な知識から選定方法まで身に付けることができる資料。
    ARグラス NAVERまとめ
    ARグラス NAVER ARグラス NAVER
    Contact me 問合せはこちら
    AR活用相談、AR関連セミナー講師などの依頼についてご連絡ください。
    SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
    AD
    Ninja Search
    Google Search
    カスタム検索
    TopHatenar
    Present number of visits
    Counter
    感覚デバイス開発

    あらゆる産業において、様々な新規デバイス・システム開発や新規サービスを創り出すべく注目が集まっている。とくにセンサー素子開発やセンサ・センシングシステムなどの研究開発者の方、ロボット開発における感覚器代替分野の研究者の方、関連業界の方々へ。
    よくわかるAR〈拡張現実〉入門

    次世代のプロモーション手法として脚光を集めるほか、エンターテイメントやコミュニケーション、教育や医療のツールとして幅広い活用・発展が期待されているARの世界がよくわかる入門書が電子書籍で登場
    Amazon検索
    Amazon
    Laval Virtual: March 22-26, Laval, France

    Laval Virtual is one of the most important events in Europe showcasing innovations and new technologies. Virtual reality and augmented reality are the core to the show. With more than 150 exhibitors and 40 countries represented, Laval Virtual is essential for professionals, students, tech enthusiasts and curious novices.
    鳥取県倉吉市は、毎月1日に発行している広報誌「市報くらよし」の1月号から、拡張現実(AR)動画の試行運用を開始するらしい。広報誌にAR機能を導入するのは、鳥取県内の市町村では初めてということ。国内の自治体や地方新聞でも次々と画像認識技術を採用したアプリの導入を開始している。ARのAURASMAjunaioLayarWikitudeは、専用アプリを開発しなくても、チャンネルの購読やQRcodeの読み込みなどの操作で比較的容易に導入が行える。

    専用アプリを開発するまでもないという場合は、このような共有タイプが良いだろう。しかし、多くの企業や個人が、ARの設定を行うことができるため他社が同じような画像を登録していた場合は、自分たちが設定していなかった映像が流れてしまう場合もある。このような点を注意して使うと良いだろう。AR動画だけでなく、総合的なアプリとたい場合は、そのようなプラットフォームを提供するAR開発会社などへ相談すると良い。



    同市は、スマートフォンの急速な普及などに伴う情報提供の多様化や、紙面離れが進む若い世代に市報に関心を持ってもらうことなどを目的に、ARの試行運用を決めた。 同市では、ヒューレット・パッカードグループのソフトウエア部門オートノミーが開発した「Aurasma(オーラズマ)」を使用。スマホに無料アプリ「Aurasma」をインストールし、「倉吉市」をフォローすることで視聴可能になる。

    (via http://www.nnn.co.jp/news/141226/20141226004.html)

    It comments to this article
    NAME
    TITLE
    CharColor
    URL
    COMMENT
    PASSWORD
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    Comment list
    Parrot MiniDrones - Best of users - あのパロットに新しい仲間が加わっていた! HOME アニメ「劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス」を記念して、東京メトロ丸ノ内にシビュラシステムが設置
    Copyright © Augmented Reality & Virtual Reality World | 拡張現実と仮想現実の世界 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    /