このブログは、拡張現実 及び 仮想現実 が使用された最新の情報と事例などを掲載しています。---This blog publishes latest information and the case where AR (Augmented Reality) and VR (Virtual Reality) are used, etc.
2017 . 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • AWE Asia 2017 July 19-21

    AWE is returning to Asia for its third year in Beijing, China on July 19-21 to host the largest AR and VR conference in Asia.The event is co-produced with ARA (the Augmented Reality China Associatio
    ユビキタスバーチャルリアリティ(ISUVR)

    国際シンポジウム「ユビキタスバーチャルリアリティ(ISUVR)」 は、ユビキタスコンピューティング時代のバーチャルリアリティの新たなパラダイムを提示するための開催される国際シンポジウム。2017年6月27 - 7月1日に奈良と関西で開催される。
    AR / VR and HMD / Smart Glass - Latest News October 2016
    Profile
    NAME:
    Etsuji Kameyama (亀山悦治)

    Profile:
    拡張現実(AR)や仮想現実(VR)の技術は、BtoC・BtoBの分野での活用が始まっている。このブログではAR、NUI、各種センサーに関わる最新の事例や技術を中心に紹介。
    ARやVRのシステムやソリューションの導入を検討されている方は、こちらか、私までご連絡ください。エンターテーメント分野、印刷分野、家具や機器の配置シミュレーション、操作支援、などへの技術選定、アプリケーション開発、運用、コンサルテーションに対応します。

    -私が関係しているサイト
    - twitter (@kurakura)
    - facebook (ekameyama)
    - LinkedIn (Etsuji Kameyama)
    - ITmediaマーケティング
    - SlideShare (ekame)
    - paper.li (kurakura/ar)
    - YouTube (ekame)
    - myspace Music (KURA KURA)
    - The 25 Most Tweeting About AR
    - Twitter most popular
    - AR Mind Map
    - AMeeT-拡張現実の紹介(ニッシャ印刷文化振興財団)
    - デジタルサイネージとAR(デジタルサイネージ総研)
    - Capital newspaper
    - Pingoo
    - 話題沸騰のAR/VRがスマートワークを進化させる(スマートワーク総研)

    インターネット学校「スクー」の90番目の講師
    AR, VR, MR + HMD, Smart Glass が生活とビジネスを変革
    ARアプリaug!(オーグ)
    インタラクティブで高精細なARコンテンツまで幅広く対応ができる、AR(拡張現実)アプリaug!(オーグ)
    Contact me 問合せはこちら
    AR活用相談、AR関連セミナー講師などの依頼についてご連絡ください。
    SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
    ぬりえAR特集 最新事例の紹介
    ぬりえAR NAVER ぬりえAR NAVER
    ぬりえAR daub(だーぶ)
    塗った「ぬりえ」が飛びだしかのように楽しめるスマートフォン向けの無料アプリdaub(だーぶ)
    はじめてのAR(拡張現実)アプリ導入
    ARアプリの基本的な知識から選定方法まで身に付けることができる資料。
    ARグラス NAVERまとめ
    ARグラス NAVER ARグラス NAVER
    AD
    Ninja Search
    Google Search
    カスタム検索
    TopHatenar
    Present number of visits
    Counter
    感覚デバイス開発

    あらゆる産業において、様々な新規デバイス・システム開発や新規サービスを創り出すべく注目が集まっている。とくにセンサー素子開発やセンサ・センシングシステムなどの研究開発者の方、ロボット開発における感覚器代替分野の研究者の方、関連業界の方々へ。
    よくわかるAR〈拡張現実〉入門

    次世代のプロモーション手法として脚光を集めるほか、エンターテイメントやコミュニケーション、教育や医療のツールとして幅広い活用・発展が期待されているARの世界がよくわかる入門書が電子書籍で登場
    Amazon検索
    Amazon

    レポート生成時やPDFエクスポート時、現在処理していないレポートのページを、メモリのかわりにハードディスクディスクに格納するかどうかを取得または設定します。

    [Visual Basic]

    Public Property CacheToDisk As Boolean

    戻り値
    ブール型。デフォルト値はFalseです。

    解説
     このプロパティをTrueに設定すると一時ファイルが作成されます。レポートの実行中に未処理の例外がある場合、これらの一時ファイルは削除されずにハードディスク上に残ります。これらのファイルの場所は以下のとおりです。
    WinForms: C:\Documents and Settings\<user name>\Local Settings\Application Data\IsolatedStorage
    WebForms: C:\Documents and Settings\<machine name>\ASPNET\ Local Settings\Application Data\IsolatedStorage

    CacheToDiskプロパティは分離ストレージ(IsolatedStorage)を使用し、生成されるレポートデータをハードディスクに格納します。このためCacheToDiskプロパティを Trueに設定する場合は、このアプリケーション自身が、分離ストレージにアクセスできる権限(適切な IsolatedStorageFilePermission)を有している必要があります。なお、通常の.NET Frameworkのアプリケーションは既にこの権限を有しています。分離ストレージの詳細につきましては、MSDNライブラリの「分離ストレージ」をご確認ください。

    ■ 注記 ■

    このプロパティは、大容量のメモリを消費するレポートの場合のみTrueに設定してください。このプロパティを使用すると、ディスクを使用する上で必要なIO関連等のメモリの使用量が増えます。このため、画像があるレポートや、ページ数が少ない場合は、メモリ使用量の逆転現象が起こります。また、メモリの代わりにハードディスクを使用するため、レポートの生成速度は遅くなります。

    ・このプロパティは、使用することによってメモリ使用量が減ることを保証するものではなく、メモリ不足による例外エラーの発生を極力少なくさせるための補完的な機能として提供しています。有効性が見受けられるレポートの場合のみに使用してください。

    ・レポートの生成処理だけでなく、PDFエクスポート処理においてもこの設定は有効です。他の形式のエクスポートではこの機能は働きませんので、大量のレポートをエクスポートする場合に、メモリのリソース不足を引き起こす可能性があります。

    ・Windows Server 2003などのIIS6.0上で実行する場合、匿名ユーザーは「NETWORK SERVICE」というアカウントで実行されます。このユーザーアカウントは、通常分離ストレージにアクセスできる権限を有していないため、エラーが発生します。MSDNライブラリなどを参照し必要な権限を持ったアカウントで実行するか、IIS5.0のプロセス分離モードで実行してください。

    使用例
    [Visual Basic]
    Private Sub arv_Load(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles arv.Load    
        Dim rpt As New rptDocument
        rpt.Document.CacheToDisk = True
        rpt.Run()
        arv.Document = rpt.Document
    End Sub

     

     

    It comments to this article
    NAME
    TITLE
    CharColor
    URL
    COMMENT
    PASSWORD
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    Comment list
    Track back of this article
    The track backs to this article
    ActiveReportsの最適化(ヘルプより) HOME .NET Framework  分離ストレージツール(Storeadm.exe)
    Copyright © Augmented Reality & Virtual Reality World | 拡張現実と仮想現実の世界 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    /