このブログは、拡張現実 及び 仮想現実 が使用された最新の情報と事例などを掲載しています。---This blog publishes latest information and the case where AR (Augmented Reality) and VR (Virtual Reality) are used, etc.
2017 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • さらに広がる XR (AR/VR/MR) の現状と今後 - October 2017
    Profile
    NAME:
    Etsuji Kameyama (亀山悦治)

    Profile:
    拡張現実(AR)や仮想現実(VR)の技術は、BtoC・BtoBの分野での活用が始まっている。このブログではAR、NUI、各種センサーに関わる最新の事例や技術を中心に紹介。
    ARやVRのシステムやソリューションの導入を検討されている方は、こちらか、私までご連絡ください。エンターテーメント分野、印刷分野、家具や機器の配置シミュレーション、操作支援、などへの技術選定、アプリケーション開発、運用、コンサルテーションに対応します。

    -私が関係しているサイト
    - twitter (@kurakura)
    - facebook (ekameyama)
    - LinkedIn (Etsuji Kameyama)
    - ITmediaマーケティング
    - SlideShare (ekame)
    - paper.li (kurakura/ar)
    - YouTube (ekame)
    - myspace Music (KURA KURA)
    - The 25 Most Tweeting About AR
    - Twitter most popular
    - AR Mind Map
    - AMeeT-拡張現実の紹介(ニッシャ印刷文化振興財団)
    - デジタルサイネージとAR(デジタルサイネージ総研)
    - Capital newspaper
    - Pingoo
    - 話題沸騰のAR/VRがスマートワークを進化させる(スマートワーク総研)

    インターネット学校「スクー」の90番目の講師
    AR, VR, MR + HMD, Smart Glass が生活とビジネスを変革
    ARアプリaug!(オーグ)
    インタラクティブで高精細なARコンテンツまで幅広く対応ができる、AR(拡張現実)アプリaug!(オーグ)
    Contact me 問合せはこちら
    AR活用相談、AR関連セミナー講師などの依頼についてご連絡ください。
    SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
    ぬりえAR特集 最新事例の紹介
    ぬりえAR NAVER ぬりえAR NAVER
    ぬりえAR daub(だーぶ)
    塗った「ぬりえ」が飛びだしかのように楽しめるスマートフォン向けの無料アプリdaub(だーぶ)
    はじめてのAR(拡張現実)アプリ導入
    ARアプリの基本的な知識から選定方法まで身に付けることができる資料。
    ARグラス NAVERまとめ
    ARグラス NAVER ARグラス NAVER
    Ninja Search
    Google Search
    カスタム検索
    Present number of visits
    Counter
    感覚デバイス開発

    あらゆる産業において、様々な新規デバイス・システム開発や新規サービスを創り出すべく注目が集まっている。とくにセンサー素子開発やセンサ・センシングシステムなどの研究開発者の方、ロボット開発における感覚器代替分野の研究者の方、関連業界の方々へ。
    よくわかるAR〈拡張現実〉入門

    次世代のプロモーション手法として脚光を集めるほか、エンターテイメントやコミュニケーション、教育や医療のツールとして幅広い活用・発展が期待されているARの世界がよくわかる入門書が電子書籍で登場
    Amazon検索
    Amazon

    最適化を考慮することは、大容量のレポート(100ページを優に超える)を出力する場合に、パフォーマンスの面において重要です。ここでは、そのようなレポートで最適な結果を得るためのいくつかの情報を紹介します。特に、Webアプリケーションにおいて、サーバーのメモリが逼迫しないようにするために、以下の点に留意してください。

    メモリで考慮すべき事項

    • 画像:RTF形式とTIFF形式にエクスポートする場合、大きな画像の使用を制限してください。これらの形式にエクスポートすると、たとえ1つの画像であっても、レポートの全ページに繰り返して出力することで、大量のメモリが使用されるため注意が必要です。これらの形式にエクスポートしない場合やExcel、PDF、HTMLの各形式にエクスポートする場合は、繰り返して画像を出力しても1回だけメモリに保存されるだけです。ただし、重複した画像かどうかを検出するために比較が必要になるため、レポートの生成時間が遅くなります。
    • サブレポート:各サブレポートのインスタンスはメモリを消費します。このため、サブレポートを使用したセクションを繰り返すようなレポートを出力する場合は注意してください。たとえば、レポートのDetailセクションが2000回繰り返される場合、Detailセクションに貼り付けたサブレポートのインスタンスは、2000個作成されると考えてください。ネストしたサブレポートはその数のインスタンスを複合します。Detailセクションのように繰り返して出力するセクション内で、サブレポートを使用する必要がある場合、そのセクションのFormatイベント内ではなくレポートのReportStartイベントでインスタンス化してください。それにより、サブレポートは1回だけインスタンス化されメモリの消費を抑えることができます。
    • CacheToDisk:DocumentオブジェクトのCacheToDiskプロパティをTrueに設定することで、レポートの生成時間が遅くなりますが、レポート全体がメモリにロードされる代わりにディスクにキャッシュされるため、メモリの消費を抑えることができます。 PDFエクスポートもこの設定を検出し、キャッシュされたレポートを使用してエクスポートします。エクスポートについては、PDFエクスポートのみでこのプロパティが有効に働きます。他のエクスポートの場合は、非常に大きなレポートの生成において、メモリ不足になることがあるので注意してください。また、CacheToDiskプロパティがIsolatedStorageを使用してページのcanvasItemsをディスクに格納することにも注意してください。CacheToDiskプロパティを使用するには、IsolatedStorageFilePermissionを持っている必要があります。
      分離ストレージの詳細につきましては、MSDNライブラリ等を参照してください。
    • 集計:ヘッダセクションに集計(ページ数やレポート内の集計)を配置すると、CacheToDiskプロパティを使用した大容量レポートの場合に、メモリや描画速度に影響を及ぼします。ActiveReportsが後続のセクションの合計またはページ数を決定するまでヘッダの描画が遅れるため、CacheToDiskによる最適化を実行することができません。影響されるセクションの数が多いほど、描画速度は遅くなり、CacheToDiskの最適化は小さくなります。そのため、グループヘッダセクションのグループ合計はレポートヘッダのレポート合計ほどにはパフォーマンスとメモリに影響しません。

    速度で考慮すべき事項

    • 画像:複数ページに渡る非常に大きいレポートの各ページ上に、繰り返して同じ画像を出力すると、その画像はメモリの消費を抑えるために一度だけ格納されます。しかし、重複した画像かどうかを検出するために比較が必要になるためパフォーマンスが遅くなります。これは、レポートドキュメント自身の場合だけでなく、Excel、PDF、HTMLの各エクスポートを行う場合も当てはまります。
    • 集計:ヘッダセクションに集計(ページ数やレポート内の集計)を配置すると、レポート処理が遅くなります。ActiveReportsは、ヘッダセクションを描画する前に後続のセクションの合計数またはページ数を決定する必要があります。影響されるセクションの数が多いほど、描画速度が遅くなります。そのため、グループヘッダセクションのグループ合計はレポートヘッダのレポート合計ほどにはパフォーマンスとメモリに影響しません。
    • CacheToDisk:DocumentオブジェクトのCacheToDiskプロパティがTrueに設定されていないことを確認してください。Trueに設定すると、レポートのロードにかかる時間が長くなります。この設定は大容量メモリを使用する非常に大きいレポートの場合のみに使用する必要があります。これを100ページに満たない小さなレポートで使用すると、実際に使用されるメモリ量が大きくなります。
    • ストアドプロシージャ:SELECTステートメントの代わりにストアドプロシージャを使用すると、ActiveReportsによって処理されるレコード数が減るためレポートの処理時間がスピードアップします。SELECT * ステートメントを使用することは、このステートメントによって返されるデータのすべてを実際に使用していない限り、お勧めしません。インデックステーブルなどのデータ検索をスピードアップする他の方法については、データベース管理者に問い合わせてください。
    It comments to this article
    NAME
    TITLE
    CharColor
    URL
    COMMENT
    PASSWORD
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    Comment list
    Track back of this article
    The track backs to this article
    第 17 章 「.NET アプリケーション パフォーマンスのチューニング」 HOME ActiveReportsのメモリ使用方法(ARヘルプより)
    Copyright © Augmented Reality & Virtual Reality World | 拡張現実と仮想現実の世界 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    /