このブログは、拡張現実 及び 仮想現実 が使用された最新の情報と事例などを掲載しています。---This blog publishes latest information and the case where AR (Augmented Reality) and VR (Virtual Reality) are used, etc.
2016 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • AR / VR and HMD / Smart Glass - Latest News October 2016
    VIRTUAL REALITY EVOLUTION 2017

    The venue will be the America Square Confrence Centre in London, and the event will be happening on 16th February 2017.
    AWE USA JUNE 1-2 2017

    AWE returns to Santa Clara, California on June 1-2, 2017 for its eight consecutive year in the USA. In 2016, AWE saw nearly 4000 people hear from 200 speakers and demo the latest in AR, VR and wearable tech from 200 exhibitors in our largest event yet. Mark your calendars for AWE USA 2017.
    VRX 2016: December 7-8, San Francisco, USA

    Put Your Business at the Forefront as Virtual Reality Goes Mainstream December 7-8, 2016|San Francisco, USA
    ARアプリaug!(オーグ)
    インタラクティブで高精細なARコンテンツまで幅広く対応ができる、AR(拡張現実)アプリaug!(オーグ)
    Profile
    NAME:
    Etsuji Kameyama (亀山悦治)

    Profile:
    拡張現実(AR)や仮想現実(VR)の技術は、BtoC・BtoBの分野での活用が始まっている。このブログではAR、NUI、各種センサーに関わる最新の事例や技術を中心に紹介。
    ARやVRのシステムやソリューションの導入を検討されている方は、こちらか、私までご連絡ください。エンターテーメント分野、印刷分野、家具や機器の配置シミュレーション、操作支援、などへの技術選定、アプリケーション開発、運用、コンサルテーションに対応します。

    -私が関係しているサイト
    - twitter (@kurakura)
    - facebook (ekameyama)
    - LinkedIn (Etsuji Kameyama)
    - ITmediaマーケティング
    - SlideShare (ekame)
    - paper.li (kurakura/ar)
    - YouTube (ekame)
    - myspace Music (KURA KURA)
    - The 25 Most Tweeting About AR
    - Twitter most popular
    - AR Mind Map
    - AMeeT-拡張現実の紹介(ニッシャ印刷文化振興財団)
    - デジタルサイネージとAR(デジタルサイネージ総研)
    - Capital newspaper
    - Pingoo
    - 話題沸騰のAR/VRがスマートワークを進化させる(スマートワーク総研)

    インターネット学校「スクー」の90番目の講師
    ぬりえAR daub(だーぶ)
    塗った「ぬりえ」が飛びだしかのように楽しめるスマートフォン向けの無料アプリdaub(だーぶ)
    ぬりえAR特集 最新事例の紹介
    ぬりえAR NAVER ぬりえAR NAVER
    はじめてのAR(拡張現実)アプリ導入
    ARアプリの基本的な知識から選定方法まで身に付けることができる資料。
    ARグラス NAVERまとめ
    ARグラス NAVER ARグラス NAVER
    Contact me 問合せはこちら
    AR活用相談、AR関連セミナー講師などの依頼についてご連絡ください。
    SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
    AD
    Ninja Search
    Google Search
    カスタム検索
    TopHatenar
    Present number of visits
    Counter
    感覚デバイス開発

    あらゆる産業において、様々な新規デバイス・システム開発や新規サービスを創り出すべく注目が集まっている。とくにセンサー素子開発やセンサ・センシングシステムなどの研究開発者の方、ロボット開発における感覚器代替分野の研究者の方、関連業界の方々へ。
    よくわかるAR〈拡張現実〉入門

    次世代のプロモーション手法として脚光を集めるほか、エンターテイメントやコミュニケーション、教育や医療のツールとして幅広い活用・発展が期待されているARの世界がよくわかる入門書が電子書籍で登場
    Amazon検索
    Amazon
    Laval Virtual: March 22-26, Laval, France

    Laval Virtual is one of the most important events in Europe showcasing innovations and new technologies. Virtual reality and augmented reality are the core to the show. With more than 150 exhibitors and 40 countries represented, Laval Virtual is essential for professionals, students, tech enthusiasts and curious novices.
    セイコーエプソンが、2015年6月23日、東京都内で会見を開き同社のスマートグラス「MOVERIO」シリーズの新製品「MOVERIO Pro BT-2000」を発表した。製造、物流、建設などのさまざまな作業現場での利用に特化した業務用のスマートグラスという位置付けとなっている。2015年9月から販売を開始する。価格はオープンとのことだが、直販サイトでは36万円前後で販売されるといわれている。主にコンシューマー向けに発売されていたBT-200とは外観が似ているが、業務利用に耐えられるよう、大幅に機能や操作方法が向上したようだ。この製品は同時期に海外でも取り上げれた。


    Google wasn’t the first one to jump on the “smart eyewear” bandwagon, not by a long shot. Before Google Glass was there, Epson had already put out the Moverio BT-100. It upgraded that to the BT-200, making the pair of augmented reality (AR) glasses that we all wished Google Glass would become (we all wished in vain, of course). Now it’s adding another product to this line, not necessarily for the regular consumers – the Epson Moverio Pro BT-2000 has the industry professional firmly in mind.

    (via http://androidcommunity.com/epson-puts-out-moverio-pro-bt-2000-smart-ar-glasses-20150623/)


    Epson has unveiled a significant upgrade to its Moverio smart eyewear device with the BT-2000, following on from the BT-200 model we covered last year. Like its predecessor, the BT-2000 is focused on business use, offering a variety of augmented-reality apps for professional users.
    The integrated camera gets a bump to 5 megapixels and now includes 3D depth sensing, while its AR capabilities are boosted further with the addition of an inertial measurement unit (IMU) for more-accurate head tracking. The display has been brightened up and the unit now supports voice control even without an active Wi-Fi connection. That all should mean a clearer display for the wearer and more accurate AR capabilities. 
    The software running on the BT-2000 eyewear is based on Android, and Epson says the device is going on sale in Europe, the Middle East, Africa, Japan and the U.S. this fall.

    (via http://readwrite.com/2015/06/23/epson-moverio-bt-2000-enterprise)


    ユーザーからの業務用スマートグラスを求める声に応え、BT-200をベースに工場や作業現場での利用に特化すべくさまざまな機能を強化。作業マニュアルの表示や遠隔地からの作業支援、ARを使ったナビゲーションといった利用方法を想定しているという。業務用のBT-2000では、長時間の使用や安定性を考慮し頭部全体で支えるヘッドセットタイプに改良されている。重量はバッテリーを搭載した状態で365gとのこと。グラス部分は両眼ともシースルー構造となっており、表示画像と作業視野を重ね合わせながら作業を行える。通信機能としてWi-Fi(IEEE 802.11a/b/g/n)とBluetooth 4.0に対応しており、作業者は遠隔地のオペレーターと画像、映像、テキストなどを活用したやりとりを行える。

    ヘッドバンド部には、500万画素のステレオカメラも搭載。これにより、目の前にある物体の深度測定や3D映像を遠隔地のオペレーターなどに送ることもできる。照度センサーも内蔵しており、作業現場の状況に合わせて画面の明るさを自動調整する機能も備えた。画面の最高輝度はBT-200の1.5倍に改良したという。さらにエプソンの独自開発のジャイロ/加速度センサー機能を備えた慣性計測ユニット(IMU)、磁気センサー、GPSを搭載しており、使用者の頭部の向きや移動速度、移動距離を高精度に測定できるという。作業現場での使用を想定して耐久性にも配慮し、IP54準拠の防沫防塵性能も備えた。

    (via http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1506/24/news115.html)
    It comments to this article
    NAME
    TITLE
    CharColor
    URL
    COMMENT
    PASSWORD
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    Comment list
    AugmenTour AR application - 画像認識技術で景色や建築物からガイドが出現する観光ガイドが楽しい! HOME TOYOTA トヨタ自動車が「東京おもちゃショー2015」に 「Camatte Vision(カマッテ ビジョン)」を出展
    Copyright © Augmented Reality & Virtual Reality World | 拡張現実と仮想現実の世界 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    /